elfin’辻 美優、初主演映画で水の大切さを改めて感じる

フィリピン・パンダンの水道建設工事にまつわる、日本とフィリピンのボランティアたちの感動の実話を描いた映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』が9月21日より公開される。その直前となる9月10日には東京・渋谷のユーロライブにて完成披露舞台挨拶が行われ、美声女ユニットelfin'のリーダーで主演の辻 美優、共演の赤井英和、そして目黒啓太監督が参加した。

スポンサーリンク

映画初出演で初主演の辻は「海外の長期滞在は初めてでフィリピンも初めて。不安もあったけれど、ワクワク感でいっぱいでした。現地の暑さもあって、改めて水の大切さを感じることができました」と映画の内容にかけつつ、初々しい感想。アミー役の子役との共演には「撮影で会うたびに駆け寄って来てくれて、とにかく可愛かった。日本から持っていた折り紙で風船を作ったら凄く喜んでくれて、そういったコミュニケーションも演技に役立ちました」と懐かしそうに振り返った。

赤井は「アジアの国々の情勢を知りながら、困っている人に手を差し伸べる奉仕の精神を持った人」と自身が演じた役柄を紹介し「フィリピンのエキストラの方と撮影のためにトンネルを掘る毎日で、ランチタイムのときにエキストラの方が僕のためにわざわざお弁当をとって来てくれた。優しい気遣いを感じました」と感謝した。

目黒監督は「辻さんとは演じる上で色々な話をして、キャラクターを“普通の人”に落とし込まないでほしいとお願いしました。辻さんは多彩な方なので、僕の意向をくみ取ってお芝居をしてくれました」と勘の良さを指摘。それに辻は「私が演じた明日香は、ボランティアも初めてでフィリピンも初めてという役柄。それが私自身と似ていると思った」と共感を寄せていた。

一方、赤井について目黒監督が「赤井さんが『明日香おかえり』というアドリブ演技が印象的でした。そこが僕は大好きです」と打ち明けると、当の赤井は「覚えていません!」と驚きの即答。辻も「私もそこが印象深かったのに…。もう一人のお父さんと感じられるいいシーンでした」とお気に入りシーンのようで、赤井は「きっと心の底から出た言葉だったので覚えていないんでしょうね~」と大慌ての釈明で笑わせた。

また映画の内容にちなんで「人生の転機」を聞かれた赤井は「35年前にボクシングの試合で大けがをして、30歳で映画『どついたるねん』で役者デビューできました。何もないところから役者として今に至る。そこから役者を続けて来られたのは、まさに人生の転機」とシミジミ。同じ質問に辻は「2014年の『全日本美声女コンテスト』でグランプリをいただけたこと」と振り返り「そこからアーティストや女優、声優などマルチに活動をさせていただき、まさに人生がひっくり返ったような体験でした」と打ち明けた。目黒監督は「この映画に関われたことが転機。商業映画も初で、こんなに素晴らしいお二人とお仕事ができて、かつ舞台挨拶にも参加させてもらい、凄くありがたい事です」と初々しかった。

辻が所属するelfin'が主題曲「アンルート」を歌っており、辻は「映画を最後まで観ていただき、余韻に浸りながら歌詞を重ね合わせて聴いてほしいです。歌詞に込められたメッセージも見えてくるはず」とアピール。映画公開に向けては「実話を基にした物語で、日本とフィリピンの国境を超えた絆の物語でもあります。みなさんの心の中で少しでも何か感じるものがあれば嬉しいです」と期待を込めた。

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』は2019年9月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開!

©セカイイチオイシイ水製作委員会

タイトルとURLをコピーしました