横浜流星・飯豊まりえがこれまでの人生で“失くしたもの”とは?

スポンサーリンク

第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説「いなくなれ、群青」(新潮文庫nex)。この度実写映画化を果たし、映画『いなくなれ、群青』が全国公開中です。

この度公開を記念して9月6日(金)に新宿バルト9にて主演の横浜流星、共演の飯豊まりえ、松岡広大、松本妃代、中村里帆、柳明菜監督を招いて 初日舞台挨拶が開催されました!

ついに公開初日を迎え、初日を迎えた気持ちを問われた横浜は「多くの方に観に来ていただいて幸せです。本当に多くの方に観ていただきたい作品です。ライブビューイングを見ていただいている皆様もありがとうございます。」と会場に来ることのできない全国のファンに向けても挨拶。

横浜は、本作が繊細かつ複雑なストーリー構成のため、撮影に⼊る前に監督、キャストたちと ⼊念な打ち合わせを行ったことについて「原作を読んだときに、世界観をすごく⼤事にしないといけない作品だと思いました。撮影に⼊る前に、監督、プロデューサーと何度も打ち合わせをして、キャスト全員で何度もリハーサルを重ね、“全員で作品への共通認識”を持って、撮影に⼊れました。」と撮影時を振り返り「原作小説の世界観、言葉、セリフをどう表現すればいいのか悩んでいたのですが、監督にパイロット版(サンプル映像)を見せていただいて、イメージが湧き期待も膨らみました。キャストみんなと合わせて、大切なシーンは一通りリハーサルをやったのでスムーズに撮影に入ることが出来ました。入念に準備して臨めたことが、とても心強かったです。」とコメント。

次に、好きなセリフを聞かれた松岡は「七草が真辺に言う”正しいことの正しさを信じすぎている”というセリフがとても好きです。他のセリフもそうですが作品全体を通じて、日本語の表現の豊かさを改めて実感しました。」とコメント。

試写会で一足早くご覧になった方々からは〈映像が美しすぎる〉と話題となっている本作、好きなシーンを聞かれた松本、中村は「全編を通して青が印象的で刹那的で儚い気持ちになるほど美しい映像。教室から見える景色が幻想的ですし、一つに絞ることはできません。」と本作の映像美についてコメント。

続いてステージには本作のカギとなるアイテムであるダイヤル式の電話が登場し、「島を出るには、失くしたものを見つけなければいけない」という、内容にちなんで「これまでの人生で、失くしたもの」を受話器ごしに発表しました。

まず中村は《小学2年の時に友達から渡してと頼まれたバレンタインチョコ》と告白すると他キャストからも突っ込みが・・・。

次に松本が《小学生の時の沖縄旅行で豚のぬいぐるみ》と回答。そして松岡は《10代の時の笑顔》「11歳からこの世界でお仕事をしていて、だんだんと”大人の世界”が見えてきて素直に笑えなくなりました。」とコメントすると、すかさず横浜、飯豊から「たくさん笑わすから、大丈夫だよ今楽しい?」とフォロー。

矢作は《足の脂肪》と回答。この回答にはキャスト陣も「ん?」と反応困「足のサイズが24センチから22センチに落ちました。その謎は未だ解明されずです。」とコメント。

続いて飯豊は《童心の心》「小学校の時はおまじないが好きで、消しゴムに好きな人の名前を書いて知られずに使い切ると両想いになれるというおまじないをやっていたのですが、今ではそういったことも忘れてしまいました。」とコメント。

最後に横浜は《いきがっていた自分》と回答。「中学、高校の頃は少しやんちゃをしてしまって、格好つけていきがっていたんですけど、この仕事を初めて今の自分になりました。今振り返るとあの頃の自分は輝いていたなと思います。ただあの時の自分がいるから今の自分がいるので、どんな自分をも受け入れようとこの作品を見て思いました。」とコメント。

そして最後のメッセージとして横浜から「改めて本日はありがとうございます。この作品は鑑賞後それぞれ受け取り方が違うと思うので、皆さんの解釈で受け止めて欲しいです。登場人物が自分と向き合って肯定して前に進んでいくので、皆さんにとってこの作品が自分の嫌な部分を肯定して好きになってもらうきっかけになると嬉しいです。」と挨拶し、改めて大きな拍手に包まれる中、イベントは終了しました。

映画『いなくなれ、群青』は9月6日(金)全国ロードショー

©河野裕/新潮社 ©2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました