NCT 127の多面的な魅力とは?「ファンクラブ発足記念イベント開催」「K-POPアーティスト初のクイーン、アダム・ランバートらとのイベント出演」そして「パン食い競走」まで!?

スポンサーリンク

多様な国籍のメンバーで構成された韓国発のボーイズグループNCT 127(読み:エヌシーティーイチニナナ)。

クリエイティブの先進性とクオリティーの高さでK-POPファン以外からも高い評価を受ける彼らが、日本オフィシャルファンクラブの発足を記念し、9月23日に幕張メッセにて『NCTzen 127-JAPAN 1st Meeting 2019‘Welcome To Our Playground’』を開催する。

同イベントは「通常のライブツアーとは全く違った表情でお届けする1日限りのプレミアムイベント!」というコンセプトとの事で、SNSでも非常に話題を集めている。

というのも、アメリカの地上波ABCの人気番組「Good Morning America」「Strahan and Sara」への出演。最新アルバム『NCT#127 WE ARE SUPERHUMAN』での、米ビルボード最大のメインチャート“ビルボード200”11位の快挙。エイバ・マックスの「SO AM I」にフィーチャリングで参加……。など、世界的な活躍が注目される一方、NCT 127はメンバーのキャラクターが伝わるような、バラエティ性の高いコンテンツへの注目も高いのだ。

映像配信サービス「dTV」にて、8月25日より放送開始となったNCT 127出演の人気番組『NCT 127 おしえてJAPAN!』の2期(Lesson2)では、「体操着で全力で駆け抜け、大玉転がしやパン食い競走に身体を張って挑む企画」や「放課後トークと銘打った素の青年たちの会話を垣間見れるコーナー」もあり、そんな多様な姿を見せる世界的アーティストは彼らぐらいのものだろう。

更にはYouTubeチャンネルにて細やかな頻度でV Logを更新するなど、多面性な魅力を見せてファンとのコミュニケーションを行っていくところに、NCT 127のオンリーワンな世界人気の秘密があるのではないだろうか。

日本オフィシャルファンクラブの設立で、ますます彼らの魅力を身近に感じられる機会が増えるのではないかと、これからの展開が楽しみだ。早めのファンクラブ入会で『NCTzen 127-JAPAN 1st Meeting 2019‘Welcome To Our Playground’』のチケット申し込みの案内や、早期入会限定特典がゲットできるそうなので、ぜひともチェックしたい。

また、NCT 127は9月28日(現地時間)に、ニューヨークで開催される大規模チャリティーイベント「2019 Global Citizen Festival」へ、クイーン、アダムランバート、アリシア・キーズ、ファレル・ウィリアムス、ワン・リパブリック、ヒュー・ジャックマンらと肩を並べ、K-POPアーティストとして初出演することが決定している。

世界を股にかけて活動を加速させ、さまざまな魅力を発揮するNCT 127からますます目が離せなくなりそうだ。次の楽曲がどんなものなのかにも期待が膨らむ。

スポンサーリンク

NCT 127 日本オフィシャルファンクラブ『NCTzen 127-JAPAN』

入会はコチラ
http://nctzen127-japan.smtown-fc.jp/

スポンサーリンク

『NCTzen 127-JAPAN 1st Meeting 2019 ‘Welcome To Our Playground’』
■日時
2019年9月23日(月・祝)
昼公演:開場14:00/開演15:00
夜公演:開場18:00/開演19:00

■会場
幕張メッセ国際展示場7ホール

■チケット料金
¥7,800(税込・手数料込み)

「NCT 127 おしえてJAPAN!」dTV特設サイト
https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/s0007134/

CD各種・LIVE DVD & Blu-ray好評発売中!

Japan 1st Full Album『Awaken』
https://NCT127.lnk.to/awaken_pkg

Japan 1st Mini Album『Chain』
https://NCT127.lnk.to/chain_pkg

LIVE DVD&Blu-ray 『NCT 127 1st Tour 'NEO CITY : JAPAN - The Origin'』
https://avex.lnk.to/NCT127_NeoCityJapan_jp/

スポンサーリンク

NCT 127 全楽曲好評配信中!
https://avex.lnk.to/nct127

NCT Japan Official Site:https://nct-jp.net/

タイトルとURLをコピーしました