待ちに待った初日を全員でお祝いしたお♡ ラブが止まらない!みんなに出会えてよかった。『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が初日!

スポンサーリンク

8月23日、映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶がTOHOシネマズ 日比谷で行われた。

連続ドラマ最終話の放送から約1年2ヶ月、待ちに待ったこの劇場版で完結となるとあって、上映終了直後の余韻冷めやらぬ会場。興行収入30億円超を狙える大ヒットスタートを切った本作の初日舞台挨拶として、田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎、瑠東東一郎監督が、劇場内の後方通路から登場!満員の観客とハイタッチしながら練り歩く嬉しいサプライズ演出に、喜びのあまり涙を流すファンも多数、会場の興奮は一気に最高潮!

スポンサーリンク

田中が「初日にこんなにたくさん、全国131カ所も生中継で!本当にありがとうございます!おっさんずラブという作品を僕たち以上に愛して、応援してくださった皆さんのおかげで、僕たちが”映画化”のプレゼントをもらったので、ちゃんとお返ししなくてはと思っていました。映画としてパワーアップして、恩返しできる作品になったと誇りに思っています。また皆さんが大切に、いい感じにしてくれると嬉しい(笑)。感謝しかないです」と高らかに挨拶し、ブチョー!の声援を照れ臭そうに受け止めた吉田も「ヒロイン・黒澤武蔵を演じた、オオシマです」と続けたところすかさず児嶋が「こじまだよ!やり方違うむちゃくちゃ!吉田だよ!!」とツッコみさっそく会場を沸かせ、林も「皆さんの熱気を受けて、改めてすごい作品に参加していたんだと実感しました」と喜びのコメント。

劇場版からおっさんずラブに参戦を果たした沢村が、「こんなに公開にドキドキするのは初めて、待ち遠しかった。僕はこの作品ではじめて、一人二役。難しかったー」と謎の告白を始め、キャストも観客も大きくザワつくのもお構いなしに「気が付かなかった?狸穴役と、ゆいP役の二役やってたんです!楽しんでいただけましたかね!思い残すことは何もありません!」とエスカレートする一方。同じく本作から参戦した志尊は「ちょっと私情になるんですが…。今年のはじめに応援して下さるファンのお父様から、『亡くなった娘の生きる糧が志尊君でした。ありがとうございました』と手紙をいただきました。すごく胸を打たれたときにこのジャスティス役のお話をいただいて、皆さんの愛に触れることができて、この役を通して感じた気持ちを胸に後悔のないよう生きようと思いました。皆さんも少しでも想いを伝えようと思ってくれたら嬉しいです」と、この作品への特別な想い入れを明かしました。

本作のキャッチコピー「ラブが、とまらない」にちなみ、登壇者それぞれが愛してやまない「●●が、とまらない」を発表することに!事前に記入したパネルが配られる中、まず監督が、「皆さんが深く深くやってくださったお芝居を見返すと、新たな発見がたくさんある。あの時の感情ってこうだったのかな、とたくさん想像してもらえる作品なので!」ということで【想像が、とまらない】と披露。

続いてMCから「ではオオシマさん!」と振られ「こじまだよ!でもいい振りありがとうございます!」と再びツッコんだ児嶋が書いたのはなんと【こじまだよが、とまらない】!「森三中の大島に振ったのにこじまだよ!ってツッコんじゃったり、正しく紹介されてるのにこじまだよ!ってツッコんじゃったり、とにかく止まらないんです」と盛り上げました。

続いて伊藤が発表した【香港映画熱が、とまらない】に、田中が「ご覧になった皆さん気づきましたかね?伊藤さんが香港ロケのシーンで春田の後ろにいるの」とファンも気づかなかった衝撃発表に会場も騒然!伊藤は「どうしても香港で観たい映画があって、その日に香港でロケをやっていると聞いて軽い気持ちで見学に行ったらエキストラ参加に…(笑)」と振り返りました。

金子は、眞島を見つめながら【眞島愛が、とまらない】と告白し、「撮影中に眞島さんがふわっといなくなるところが背中だけ見えたのでついていったら、見せ場のシーンをめっちゃ練習してて!もう止まらない!と思いました」と金子に暴露された眞島は「言わなくていいから!影の努力は!」とタジタジ。

大塚は【キュンキュンが、とまらない】と発表し、「この作品はドラマでも映画でも皆さんのお芝居に心を動かされて、細胞からキュンキュンする。おっさんずラブはキュンキュンする映画です!」とアピール。

眞島は【ソフトクリームが、とまらない】としたため「最近ものすごくおいしいところを見つけて通るたびに買ってしまう。甘すぎずさらっとしていて、今日はどうかなと思っても食べると美味しい。本当に止まらないものはこれです」と宣言し、内田もゲームセンターの【ゾンビ倒しが、とまらない】と個人的なブームの披露が続いてきたところで、吉田が「本当にソフトクリーム?好感度を気にして?」と一つ前の眞島にツッコんだり、内田にも「どこでゾンビ倒してるの?ゲームセンターよく行くの?」と話がとまらなくなり周囲から「もういいよ!」と制止される一幕や、志尊が「競走馬のドキュメンタリーを観てから【お馬ラブが、とまらない】。最近は血統とかいろんなことを探るのが趣味になってきた」と明かした際にも、吉田は「ほんとにそのまま?裏はないの?」ととまらず会場は笑いの渦に包まれました。
沢村は、「さっきも言ったんですが役作りが大変だったのでなかなか抜けなくて」と満を持して【おかすクラブが、とまらない】とまさかの”天丼”で笑いを誘いながら、「ゆいP役で助演女優賞を獲れると思っています」とブレず、田中も「本当に沢村さんがゆいPをやっていたら賞獲って世界に出られると思います(笑)」と乗っかってしまう始末。

林は【感謝が、とまらない】と出し、「本当にファンの皆さまあっての作品で、連続ドラマからここまで応援していただいて、自分の頑張り以上のご褒美を経験させてもらいました。おっさんずラブには感謝してもしきれないです」と感慨深げに述懐。

それを見つめていた吉田は「お世辞でも何でもない」と言いながら【田中圭が、とまらない】と書き上げ、「3年前の単発ドラマから、エゴサーチをしてみたら物凄い数の反響が入り始めていて、そこまでのことはこれまでなかった。連続ドラマになって社会現象を巻き起こして、いま映画になって、と、この仕事に携わっているものとして夢のよう。その中心に田中圭がいる。田中圭はひょっとしたら、全国の人に愛された寅さんのようになってくれるんではないかと思っているんです。この映画が何本も続いて、代表作としてずっと演じ続けていってくれたらいいなと。田中圭はとまらない、とまってほしくない!」と座長へのアツい言葉を投げかけながら、「僕もついでにずっと出させてほしい(笑)」と抜け目なさを発揮。

最後となった田中は【おっさんずラブが、とまらない】とこれ以外には考えられないフレーズを披露し、「みんなもっとボケ倒してくるかと思ってた…最後は真面目に、と思ってたのに…(笑)」と照れつつ、「劇場版おっさんずラブをより大切な作品にしてほしい思いを込めたのと、おっさんずラブの公式の場でこのメンバーが集まれるのはきっと最後ですが、また会えると思える大切な仲間をくれたのもおっさんずラブ。おっさんずラブに出会えてよかったと言って下さるたくさんのファンの皆さんにとっても、心が元気になるきっかけとして一緒に育ってくれればといいなと思う。そして、これからもとまらないところまで行けばいいな、と願ってこれにしました!」と力を込めました。

おっさんずラブがとまらない会場は終始、登壇者も観客も全員とびきりの笑顔がとまらず、最後には「みんなに出会えてよかった。」のメッセージを1文字ずつ持ちあうさすがのチームワークの良さも見せつけた一同。熱狂的な「O(おっさんず)L(ラブ)民(ファン)」、通称”OL民”待望の映画化ということで、名残惜しまれながらもこの先の大ヒットへむけて大いに期待高まる舞台挨拶となりました。

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は全国東宝系にて大ヒット公開中!

©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました