池松壮亮、蒼井優、井浦新ら 映画完成に胸熱!「壮大なラブレターのような作品になりました」

バブル崩壊直前の日本で最も嫌われた伝説の漫画を、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、真利子哲也監督により映画化した『宮本から君へ』が、9月27日(金)全国公開する。

スポンサーリンク

金なし!コネなし!勝ち目なし!・・・でも情熱だけは半端ない!熱血営業マン・宮本浩が、愛する人のため“絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む本作は、「この物語を完結させるまでは、死ぬに死ねない」と語る真利子監督を筆頭に全キャスト・スタッフが、全身全霊をかけて挑み、観るものへ<究極の愛の形>を投げかける問題作を誕生させた。公開に先立ち、完成披露舞台挨拶が行われ、池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹が登壇した。

盛大な拍手に包まれるなか登壇者たちが登壇すると、主人公の宮本浩を演じた池松は「いよいよこういう日を迎えられて幸せに思います」と感無量の思いを口にした。完成まで逆境に次ぐ逆境だったという本作。出演しているピエール瀧についても「僕が監督よりも近い距離でみていた共演者として言えることは、あの人の目は本気でしたし、この作品にとんでもなく大きな力を注いでくれていたと思っています」と触れつつ、「もうあの瞬間に戻ることはできないというくらいスタッフ全員がパワーを注ぎ込んだ作品となっています」と本作に懸ける思いの強さを言葉にすると、ヒロインの中野靖子を演じた蒼井も「生半可な気持ちでは立ち向かえない作品でした。すごい熱量の作品でしたので、自分たちもぼろぼろになりながら平成の終わりにみんなで挑みました。その熱量が少しでも観客の方々に届けば」と続けた。靖子の心に住み着く元彼・風間裕二を演じる井浦も「これからとんでもないことが起きるので宮本から振り落とされないようにしっかりとしがみついて楽しんでください。映画を観終わった後に心の奥の方に突き刺さるものが必ずあると思っています」とさらなる期待を煽ると、宮本の最大のライバルとなる真淵拓馬を演じた一ノ瀬ワタルは「役者になる前、観ることで勇気をもらえる映画は自分にも何本かありましたが、今回『宮本から君へ』をみて勇気をもらいました。皆さんもこの映画から勇気をもらってください」と語った。

今回、愛する人のため“絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む本作の撮影にあたり、なんと池松は撮影で自らの歯を抜こうとしていたという役者魂をみせる驚きのエピソードを披露。「多くの人の人生のバイブルになっている作品なので、歯くらい捧げないと原作の新井先生にも認めてもらえないんじゃないだろうか」と心配していたゆえの行動だったと明かしたが、新井をはじめ、蒼井にも「歯は大事だよ」と止められたという。池松は「なんか母親に止められているような、妙な説得力があって…皆さんも踏みとどまりたいことがあったら、蒼井さんに止めてもらうといいですよ」と語り、会場の笑いを誘った。そんな池松の演じた宮本は、生みの親である新井でさえも「90年代に一番嫌われる漫画、嫌われる男に選ばれた宮本ですが、池松くんの宮本はそれ以上でした」とあまりの宮本っぷりを絶賛。それを受けて池松が「光栄です」と照れ笑いする一幕もあった。

この日の来場者には「俺の人生、薔薇色だからよお」という宮本の台詞にちなんで一輪の薔薇の花が配られた。最後に「人間讃歌であり、壮大なラブレターのような作品になったと思います。もし気に入っていただけら、皆さんの愛する人に感想とともに今日お配りした薔薇を渡してください。愛する人がいない人は、エンドロールに宮本が薔薇を食べるので、一緒に食べてください」と池松がメッセージを送ると、真利子監督も「いつからかキャストもスタッフも全員野球で『宮本から君へ』をすごい映画にするんだと、ここまでやってきました。これはもちろん新井さんの描かれた『宮本から君へ』があってこそですが、自分が客観的に見てもすごい映画になりました」と本作への自信を語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画『宮本から君へ』は9月27日(金)全国公開!

©2019「宮本から君へ」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました