橘ケンチ(EXILE)が京都の気鋭酒蔵・松本酒造とコラボ! この冬の酒造りで生み出された珠玉の1本〈守破離橘〉

EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチと現在の日本酒界を牽引する気鋭酒蔵のひとつである松本酒造によるコラボレーション日本酒〈守破離橘〉のリリースが発表された。

橘ケンチ

パフォーマーとしてはもちろん、日本酒をライフワークとしながらここ数年様々な活動を通して造詣を深めてきた。「現代の日本酒の味わい深さを始め、日本各地の文化の拠点となっている酒蔵さんの魅力を多くの方に知っていただきたい」との変わらぬ想いを持って、多くの実力派酒蔵や日本酒の現在を紡ぎ続けるキーパーソンとの対話を積み重ねてきた。来る2020年に迎える所属事務所LDHによる6年に一度の一大イベント『LDH PERFECT YEAR 2020』を前に、現在も精力的に各地の酒蔵へと足を運んでいる。

この度、共演を果たした松本酒造も日本酒はもちろん食文化を介して絆を深めてきた蔵元のひとつであり、「日本酒や食に対する考え方への共感はもちろん、世代も近く音楽的な共通点も多い松本酒造の杜氏・日出彦さんとは、いつか一緒に取組をしてみたいと出会った当初から考えていました」(橘ケンチ)との想いの元、守破離IDシリーズとしてボトルを形にした。守破離IDシリーズは、日本酒のアイデンティティ(ID)を表す重要なエレメンツのひとつである〈お米〉に特化、田んぼ別に醸した松本酒造を象徴する銘柄のひとつであり、〈酒米の育った田んぼの環境を含めて存在証明を可能にした日本酒〉となっている。〈守破離橘〉も兵庫県産の山田錦を使用、この作品のみに与えられた番地=〈ID-597〉を冠した。田んぼの環境によってそれぞれのお米自体が持つ異なる個性は造りにも反映されており、しっかりと味わいとして落とし込まれている。2月の麹造り、3月の搾りに加えて、ラベル・デザイン案に至るまで主要な工程を実際に蔵人とともに作業した上で、橘ケンチが日本文化に従事していく際のキーワードとなる〈橘〉の名称を改めて冠した〈守破離橘〉として完成した。

さらに、橘ケンチプロデュースによる注目の新店舗LDH kitchen IZAKAYA AOBADAIのオープン情報も〈守破離橘〉のリリースと同時に明らかになった。こちらは日本酒とそばをテーマとした〈NEO角打ち〉を標榜しており、LDH kitchenによる新ブランドとして9月8日(日)にグランド・オープンを迎えるのだが、ソフト・オープンとなる8月27日(火)より他に先行して〈守破離橘〉の飲食提供が始まることとなっている。同店では、今後松本酒造の松本日出彦杜氏を招いて開催する〈守破離橘〉の酒の会も予定されているとのことなので、『Discover Japan』10月号(9月6日発売)で告知予定の応募詳細を待ちたい。

また、〈守破離橘〉をどのような方法で堪能できるのかとの最も気になる点に関しては、前述のLDH kitchen IZAKAYA AOBADAIといったお店で順次始まる飲食提供に加えて、はせがわ酒店(東京)及び酒のやまもと(大阪)という名門酒販店2ショップにおいて2019年9月8日(日)よりボトル販売もスタートする予定だ。日本酒及び美食フリークの熱視線を集める1本だけに広く食通諸氏にまずは味わってみることをおすすめしたい。

タイトルとURLをコピーしました