待望のソロデビューを果たした斉藤朱夏が誕生日・8401日目にバースデーフリーライブを開催! サプライズで会場が朱色に染まる!

『ラブライブ!サンシャイン!!』の「渡辺 曜」役を務め、同作品のスクールアイドルグループAqoursとしても活動する斉藤朱夏が、SACRA MUSICより待望のソロメジャーデビューを果たした。

スポンサーリンク

8/14(水)に全6曲入りのソロメジャーデビューミニアルバム「くつひも」をリリースした。この作品は、斉藤朱夏がソロとして歌う理由として『言葉と歌で、いつも応援し、支えてくれる「君」の背中を押してあげたい』という想いをもとに作り上げたミニアルバム。

そんな斉藤朱夏が、自身の誕生日当日となる8/16(金)に、お台場ヴィーナスフォート 1F パレットプラザにて、Birthday Free Live『8401(ヨミ:ハチヨンゼロイチ』を開催し、会場には、誕生日を祝う為に、約3,000人のファンが集まった。

最初のMCでは、
「本日は私の誕生日に会場にお越しいただきありがとうございます!こんな幸せな誕生日は初めて!皆さんライブタイトル『8401(ヨミ:ハチヨンゼロイチ)』の意味分かりました?実は生まれてから、23歳になるまでの日数が8,401日、そして私の記念すべきアーティストデビュー日、8/14、0814という二つの意味が入っているんです!」とライブタイトルの秘密を明かした。

「23歳になるまでの軌跡を込めたミニライブにできたらなと思っています。最高に楽しんでいきましょう!次の曲聴いてください」と曲振りをすると、会場から「ハッピーバースデー」の大合唱が!駆け付けたファンは”朱いうちわ”を掲げ、会場は斉藤のキーカラー朱一色に染まった!ファンからの思わぬサプライズに大粒の涙をこぼす、普段では見せることのない貴重な一面も見ることができ、会場は暖かい感動に包まれた。

「これから、アーティスト斉藤朱夏をどうかよろしくお願いいたします!沢山楽しい未来を作っていこう!」と、感謝の気持ちを込めたメッセージを伝え、笑顔とともにライブは幕を閉じた。

ソロデビューミニアルバム『くつひも』は、斉藤朱夏が、人と人とを繋ぐ「言葉」にとことん向き合い、彼女がいままで見せてこなかった、弱さや不器用さをも詰め込んだ、全6曲が収録された珠玉の1枚となっている。これから声優/歌手として新たなステージに進む斉藤朱夏。これから大きく飛躍していくであろう彼女の、今後の活動から目が離せない!

撮影:Viola Kam (V'z Twinkle)

タイトルとURLをコピーしました