中国で開催の野外フェスへ出演のBACK-ON、20,000人を前に熱演!

7月26日から3日間にわたり中国の河北省で開催された「2019張北音楽祭」にBACK-ONが出演した。

「2019張北音楽祭」は2009年より中国・河北省にある張北草原にて開催されている野外音楽フェスフェスティバルで、今年度は3日間合計で約60,000人が来場した。

BACK-ONは2日目の7月27日に出演。出演するアーティストはほとんどが中国国内で活躍するアーティストで、今年度日本から出演を果たしたのはBACK-ONのみである。

ステージにはKENJI03(Vo/Gt)とTEEDA(MC)、そしてサポートドラマー・誇太朗の3人で立ち、これまでアニメタイアップとなった「STRIKE BACK」「ニブンノイチ」「セルリアン」、中国語にてセルフカバーされた「黒色小丑~Clown~」「夢想~Carry on~」などを披露。MCではKENJI03が中国語で煽り、会場に集まった20,000人を盛り上げた。

また、BACK-ONは同月にブラジルで開催された「SANA」「Supercon」にも出演し、7月の海外ツアーを成功させている。

8月にはフィリピンで開催されるイベントへも出演が決定しており、世界で活躍するBACK-ONから今後も目が離せない。

BACK-ONオフィシャルHP
https://www.back-on.com/

タイトルとURLをコピーしました