MISIA 約6年ぶりにAERA表紙に登場! 平成最後の武道館公演を収めた映像商品も発売に!

スポンサーリンク
アーティスト ニュース 新着ニュース

「アイノカタチ(feat. HIDE GReeeeN)」が大ヒットを記録し、今夏に開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の名誉大使を務めるMISIAが、本日7/29(月)発売の週刊誌「AERA」の表紙を飾った!

「AERA」の表紙を飾るのは約6年ぶりのこと。表紙撮影を担当しているフォトグラファー蜷川実花との初タッグで、華々しく鮮やかな誌面が作り上げられている。

誌面では、MISIAが長期にわたり続けているアフリカへの支援活動に対する想いを軸に、MISIAの素顔が感じられる内容となっている。

また、9/4(水)に発売が決定している、平成最後の武道館公演を収めたLIVE Blu-ray&DVD「MISIA 平成武道館 LIFE IS GOING ON AND ON」の全貌もついに解禁!4/26~28の三日間にわたり日替わりのセットリストで開催された貴重なLIVEの内容を、1枚で存分に堪能できる貴重な内容だ!

また特典として、副音声にはMISIA自身が語るライヴ解説コメンタリーも収録!初回仕様盤には、オリジナルステッカーも封入されている。平成~令和への架け橋として語り継がれるであろう伝説のライヴ映像。各ショップでは既に予約もスタートしている!豪華特典付きのチャンスにぜひゲットしてほしい!

【リリース情報】

9/4(水)発売

LIVE Blu-ray&DVD 「MISIA 平成武道館 LIFE IS GOING ON AND ON」

Blu-ray:BVXL-148 7000円(税抜)

DVD:BVBL-148~149 6500円(税抜)

<収録曲>

01. Sparks!!

02. Escape~Rhythm Reflection~LOVE BEBOP~Royal Chocolate Flush~THIS IS ME

03. We Will Rock You

04. We Are The Champions

05. 来るぞスリリング

06. Everything

07. LOVED

08. 逢いたくていま

09. 明日へ

10. AMAZING LIFE

11. BELIEVE

12. Color of Life~Re-Brain

13. MAWARE MAWARE

14. アイノカタチ(feat. HIDE GReeeeN)

15. 陽のあたる場所

16. つつみ込むように…

-Special-

01.僕はペガサス 君はポラリス(on 26 April 2019)

02.そばにいて... (on 26 April 2019)

03.月(on 26 April 2019)

04.オルフェンズの涙(on 26 April 2019)

05.DEEPNESS(on 27 April 2019)

06.It’s just love(on 27 April 2019)

07.白い季節(on 27 April 2019)

08.To Be In Love(on 27 April 2019)

※初回仕様盤には、平成武道館オリジナルステッカー封入

※副音声にはMISIAによるライヴ解説コメンタリーを収録

【MISIAプロフィール】

長崎県出身。グローバルな知性を持つ、アジアを代表する歌手。1998年、デビュー曲「つつみ込むように…」が大ヒット。グルーヴ感抜群の歌唱で、音楽シーンに衝撃を与える。2000年にはバラード「Everything」がヒットして国民的人気歌手となり、2004年には女性アーティストとして初めて5大ドームツアーを敢行。アジアにも進出して大成功を収めた。以降、J-POPの枠にとらわれることなくチャレンジを続け、日本にクラブカルチャーを根付かせた。同時に、世界基準のサウンド・クオリティとポピュラリティの両立を果たしている。ライヴにおいても常にトップ・アーティストであり続け、コンピュータを駆使した大規模なツアーでは斬新な演出の中心となり、楽器の生演奏のみのコンサートではエンターテイナーに徹し、最新のグルーヴを探究するライヴでは超一流ミュージシャンとのセッションを楽しんでいる。20周年を迎えた2018年は新曲「アイノカタチfeat. HIDE(GReeeeN)」が大ヒットを記録。第60回輝く!日本レコード大賞最優秀歌唱賞の受賞や、第33回日本ゴールドディスク大賞・ベスト5ダウンロードの受賞など、その実力が改めて評価され話題をよんだ。また社会貢献活動にも積極的で、特に子供の教育支援に尽力。音楽に込めるメッセージと、貢献活動が一致していることも特筆される。そのアーティスティックなライフスタイルは、あらゆる世代の男女に強い共感を呼んでいる。

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました