「敵だけどかっこいい!を目指したい」砂川脩弥が令和初の仮面ライダー『ゼロワン』にテロリストの司令塔役で出演!

スポンサーリンク

今年の9月1日からスタートする仮面ライダーシリーズの最新作『仮面ライダー ゼロワン』(テレビ朝日系)の制作発表が17日に都内で行われ、「BoysAward Audition」出身、イケメン俳優集団『イケ家!』のメンバーでもある俳優・砂川脩弥が出席した。

スポンサーリンク

昭和〜平成と不動の人気を誇る仮面ライダー。元号が平成から令和に変わってから、1作目となる今作品は「AI=人工知能」がテーマ。そのAIに最も影響を受けるのが“仕事”。現在の子供たちが夢と希望を抱く“仕事”の姿は、今後激変していくといわれていて、『仮面ライダーゼロワン』では、各話でスポーツ選手や医師、料理人、漫画家など、子供たちが熱い視線を送る職業の世界を舞台に、そこにAIが導入された未来の姿とその環境下で生まれる悪との戦いを描く。

主人公の青年・飛電或人(ひでん・あると)は、AI企業「飛電インテリジェンス」の社長であり、自社が開発したAIロボがサイバーテロリストによってハッキングされ暴走する。砂川は、そんな主人公と敵対するテロリスト『滅亡迅雷.net』の司令塔・滅(ほろび)役を務める。

会見では「滅役を務めさせていただきます。とてもミステリアスな人物で、テロリストの司令塔ですが、なぜ悪いことをするのか、過去に何があったのか、迅(『滅亡迅雷.net』の行動係)との関係性も話しが進むにつれ楽しくなっていきますので、ぜひ『滅亡迅雷.net』にも注目していただけると嬉しいです」と、挨拶をする砂川。

また、司会者から『ゼロワン』への出演が決まった時の気持ちを尋ねられると「めちゃくちゃ嬉しかったですね。役者を志した時から最初の目標が仮面ライダーに出演することだったので夢の一つが叶いました。人が喜ぶ時って、嬉しい時って本当に飛び跳ねるんだなって気づきました。それぐらい嬉しかったですね。(共演者の)みんなも飛び跳ねたと思います」と話し、会場を沸かせた。

続けて、「役作りはどのようにされたか?」の質問には「滅はクールなイメージですが、僕自身の性格は真逆なので、普段の生活からクールに過ごすようにしています。ですので、今も緊張しているわけではなく、役作りをしています」と、ここでもまた会場を盛り上げた砂川。

そしてクランクインから1ヶ月が経ち、共演者同士がみんな仲良くなる中、まだ共演者との撮影にほとんど合流してない砂川は「早くみんなの輪に入れてください(笑)仲良くなりたいです」と、共演者に語りかけた。

会見終了後、砂川からメッセージが届いた。
「滅びは主人公たちと敵対するテロリストの司令塔ですが、『敵だけどかっこいい!』『応援してる』と言っていただけるような最高のキャラクターにしていきたいと思います!この作品を通して役者として成長し、良い作品にできるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします!」

令和初の仮面ライダー『ゼロワン』で、彼が1年間どんな風に子ども達をはじめとする視聴者を楽しませ、そして魅了していくのか、ぜひ注目したい。

スポンサーリンク

<番組情報>
『仮面ライダー ゼロワン』
2019年9月01日(日)放送スタート
テレビ朝日系【毎週日曜】午前9:00~9:30放送
HP:https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/#/?category=anime

■砂川脩弥 Twitter
https://twitter.com/suna_syu_
■砂川脩弥 Instagram
https://www.instagram.com/syuyasunagawa/
■イケ家!公式サイト
https://avex.jp/ikeya/
■イケ家!Twitter
https://twitter.com/ikeya_avex

タイトルとURLをコピーしました