「東京喰種 トーキョーグール【S】」初日舞台挨拶に窪田正孝、松田翔太、山本舞香ら超豪華キャスト集結!

スポンサーリンク

7月19日、「東京喰種 トーキョーグール【S】」初日舞台挨拶が丸の内ピカデリーにて行われ、主演の窪田正孝、松田翔太、山本舞香をはじめとする豪華キャスト陣が登壇した。

スポンサーリンク

東京・大阪・パリでのプレミアを経て、いよいよ日本公開を迎えた本作。超豪華キャスト陣が登場すると、会場からは黄色い声援が飛び交った。主人公のカネキを演じた窪田は、前作より2年ぶりにカネキを演じたことについて「前作でやったことが新しいキャストとスタッフに受け継がれて、形を変えて、そこに新しいスパイスが加わって【S】になりました。作品が続いていくことは、役者をやっていて嬉しいことだと純粋に思います」と感慨深げにコメント。月山役の松田は、先日のパリプレミアを振り返り「『ボンジュール』の一言で会場が沸いていて(笑)、コスプレをしている方もたくさんいたし、すごい熱気だったので嬉しく感じましたね」と、本作の海外人気の高さにも言及した。また、今回18本のテレビ番組に出演し映画の宣伝に奔走したトーカ役の山本は「もっともっと盛り上げていけたらと思うので、皆様にお力添えをしていただけたら嬉しいです!」とヒロインらしくアピールし、会場からも拍手が沸き起こった。

続いて話題は、本作のタイトル『東京喰種 トーキョーグール【S】』について。「(松田)翔太さんの【S】!」「白石(隼也)の【S】!」とキャスト陣も盛り上がるなか、本作でプロデューサーを務めた永江智大によると、【S】には「Second」「Super」「Special」「Shu(月山習)」などさまざまな意味を内包していることが明かされた。そして、喰種は自らの正体を隠し人間の世界で生きている「Secret」な存在でもあることから、登壇者が「自分だけが知っている東京喰種【S】にまつわる「Secret」=「秘密」についてトークを展開。

窪田は、カネキのマスクの制作者である喰種・ウタ役の坂東巳之助との撮影裏話についてコメント。「巳之助くんは、セットに会ったヘビと一日中ジャレていました!」と、クールなウタからは想像できない意外なギャップを明かした。

平牧監督は、松田演じる月山が「吊り輪」でトレーニングするシーンについて、吹き替えなしで松田本人が実践していることを告白。これを受け、松田は「月山にはこういうトレーニングも合っているのかなと思って」と、吊り輪のアイデアは自らの提案であることを明かし、会場からは感嘆の声が!

さらに松田と山本は、喰種として“実食”した際の味についての秘密を告白。松田は「劇中で食べた目玉はヨーグルト味」と答えると、山本は「カネキくんはイチゴ味でした!」と明かし、意外すぎる風味に会場も大盛り上がり!

かねてより「東京喰種」の大ファンを公言している、カネキの親友ヒデ役の小笠原は、自身が出演していないシーンの見学に行ったことを明かした。「富士宮で撮影したクライマックスの教会のシーンを、朝イチの新幹線で見学に行きました!窪田さんにもスタッグさんにも『なんで来たの!?』って言われましたが(笑)」と、「東京喰種」愛の強さを物語った。

カネキの大学の先輩にして喰種のニシキを演じた白石は、恋人役の貴未を救出に行くシーンで、気絶している貴未は一部人形を使っていることを告白。「ほとんど人形を助けていたこともありました(笑)」と語る白石に対し、貴未役の木竜は、撮影を重ねるごとに人形のクオリティが上がっていったことを告げ、「自分でもちゃんと演じていたんですよ!(笑)」と語り会場の笑いを誘った。

カネキが身を寄せる喫茶店「あんていく」の店長・芳村役の村井は、「前作より『あんていく』の店員が減って、景気が悪くなりました(笑)」とジョークを飛ばし、カネキらと共に「あんていく」に身を寄せるヒナミ役の桜田は「前作は地毛だったのですが、本作ではカツラでした!」と告白し、あまりの微笑ましさに思わずキャスト陣が笑顔になる一幕も。

続いて川崎監督、平牧監督からは、公開初日まで秘密にしてきたというとっておきの「Secret」が明かされることに!これまで予告編でも後ろ姿やピエロのマスクのビジュアルしか登場せず、その配役が謎に包まれていた「宗太」。実は演じているのは、新田真剣佑であることが発表された!ポスタービジュアルではキャスト名が隠されていたが、熱心なファンからはSNSで早くから「新田真剣佑では?」とその“正体”が噂されていただけに、あらためて会場からも大きな拍手が沸き起こった。

さらに公開初日を祝して、なんと「Surprise」なゲストも登場!本作の主題歌「Introdution」を手掛けた女王蜂のボーカル・アヴちゃんが、薔薇の花束を持ってステージに登場した。観客だけでなく、キャスト陣にも秘密にしていた突然のゲスト登場に、会場は大盛り上がり!「原作者の石田スイ先生とはマブダチ」と語るアヴちゃんは、「『Introdution』の音源が完成して、MVも撮って、全部やり終えた後に主題歌のお話をいただいたので、運命だと思って受けさせていただきました!」と主題歌決定の経緯についてコメント。また、「Introdution」のMVに登場するウサギのマスクは、アヴちゃんが感覚でチョイスしたものだが、「主題歌に決まった後、映画でトーカちゃんもウサギのマスクをつけていたので、運命を感じました!」と、本作との強い縁について言及した。

イベントの最後には、本作を代表して窪田と松田から映画を楽しみにしているファンにメッセージが。松田は「今日から公開がスタートしたので、どんどん感想を伝えていっていただけたらと思います」と力強くコメント。窪田は、「『東京喰種』ってちょっと怖いイメージもあるかもしれないけど、ふたを開けるとすごく人間味に溢れていて、誰よりも喰種が人間らしかったりします。生きていくことってすごく難しいけれど、それは色んな人に置き換えられるし、色んな見方ができる作品なので、一度ならず何度でも観ていただけたら嬉しいです。そしてさらに続編が出来るように、皆様のお力添えをいただけたら嬉しいです!」と熱い思いを打ち明け、会場からは惜しみない拍手が贈られた。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は大ヒット上映中!

スポンサーリンク

<STORY>
不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキは、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「喰種レストラン」へ招き入れる。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる―。

<作品情報>
タイトル:『東京喰種 トーキョーグール【S】』
原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」 (集英社ヤングジャンプ コミックス刊)
監督:川崎拓也 平牧和彦
脚本:御笠ノ忠次
主題歌:女王蜂「Introduction」(Sony Music Associated Records)
出演:窪田正孝 山本舞香 鈴木伸之 小笠原海 白石隼也 木竜麻生 森七菜 桜田ひより 村井國夫/知英 マギー ダンカン 栁俊太郎 坂東巳之助 新田真剣佑/松田翔太
配給:松竹

©2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©石田スイ/集英社

公式サイト:http://tokyoghoul.jp/
公式twitter:https://twitter.com/tkg_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/tkg_movie/
主題歌予告:https://www.youtube.com/watch?v=_M4KrzeSW_I

タイトルとURLをコピーしました