船上劇場「STU48号」“海の日”に初めての東京公演を開催!

7月15日、海の日に瀬戸内7県を拠点とするSTU48の船上劇場「STU号」が東京・晴海埠頭に初寄港した。

スポンサーリンク

今回の東京への寄港は、国土交通省が主催する「2019年 海の日行事~海と日本プロジェクト in 晴海~」の一環となり、STU48号の一般公開を行った。

また、同日19:30からは船上劇場公演「GO!GO! little SEABIRDS!!」初の東京公演も行った。

ACT1 ~AKB48 Song~

開演前にSTU48キャプテン・岡田奈々から注意事項のアナウンスの後、船の劇場ならではの汽笛の音が鳴り響き、瀬戸内の海やメンバーの様子が描かれた映像の後に瀬戸内の波を模したブルーシートにファンが包まれます。ブルーシートが流れるようにファンの視界から無くなるとステージ上にはSTU48メンバーが登場。

本公演のオリジナルダンスナンバー「GO!GO! little SEABIRDS!!」から始まり、「フライングゲット」や「ヘビーローテーション」といったAKB48の代表曲の連続へ。

「恋するフォーチュンクッキー」(instrumental ver.)では音楽に合わせてメンバーがそれぞれ自己紹介。

ACT2 ~海 Song~

瀬戸内の波を思わせるようなダンスが印象的な「瀬戸内Blue」の後は、本公演の見どころでもある“海 Song”のカバーコーナーへ。

瀧野由美子のサックスがきっかけで始まる「島唄」や甲斐心愛のコミカルなウクレレ演奏きっかけで和やかな空気になる「亜麻色の髪の乙女」、ファンとの掛け合いで盛り上がる「め組のひと」では福田朱里が「STU48初めての東京公演ですよー!歴史に残る1日にしましょう!」と煽り会場の温度感も更に上がりました。

世代を超えた印象的なカバーソングの後は、STU48の2ndシングル「風を待つ」をしっとりと歌い上げました。

MCの前半では会場に駆け付けたファンは初めての「GO!GO! little SEABIRDS!!」公演ということで、瀬戸内の良さを伝える“瀬戸内プレゼン大会”トークへ。

甲斐心愛の「夏の夜に山にいけば無料で動物に会える」や、今村美月の「地元愛が強い人が多い」などの地元トークに花を咲かせました。

後半メンバーのMCでは、これまでのセットリストの内容を振り返りを参加メンバーと共に行いました。

その後は7月31日(水)リリースとなる3rdシングル「大好きな人」を歌唱。今村美月が「この曲は大切な人との別れを歌った曲ですが、その別れの中に大切な人を想う切ない気持ちが込められている素敵な曲になっています。」と曲を紹介。

これまでとは違ったメンバーの表情にファンの心も動くパフォーマンスとなりました。

ACT3 ~STU48 Song~

しっとりとした空気の後は、藤原あずさのファンとの「GO!GO! little SEABIRDS!!」にちなんだコールアンドレスポンスを行い、「出航」をきっかけに「STU48 Song」コーナーがスタート!

瀬戸内の名物がわかる「STU48 瀬戸内ver.」など、これまでのSTU48の活動を振り返るような曲たちにファンの盛り上がりも最高潮に!

凛とした姿とアクティブなダンスのギャップが見どころのダンスナンバー「KO・BU・SHI Spirit!」の後は「瀬戸内の声」(instrumental ver.)にのせてメンバーそれぞれが感想を話しました。

3rdシングルセンターの瀧野由美子は「ここは住所は東京ですけど、船の中は瀬戸内だという気持ちで頑張りました。みなさんのことを瀬戸内7県どこでもお待ちしてるので、是非今年の夏は私たちに会いに来てください!」と語り、岡田奈々は「このステージに立つ度にいつもいつも涙が出そうになるのは、こうして等身大の姿で一生懸命に頑張るメンバーがいてくれるからかなって思います。そんな愛しくて可愛くて最高のメンバーが側にいてくれてるから本当に自分も頑張れてるなと感じています。昨日で私はデビューしてから7年が経ちまして8年目に突入するんですが、そんなありがたい環境に恵まれている自分は幸せ者だと思います。」と話しました。

その後は瀧野由美子の「STU48」コールをきっかけにSTU48のライブアンセムでもある「夢力」を力強く披露。

ファンの声援に包まれながら本編は終了しました。

©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU ©STU

©STU

タイトルとURLをコピーしました