主演の吉岡里帆が絶賛!17歳シンガーみゆな、映画『見えない目撃者』主題歌を書き下ろし!

「FUJI ROCK FESTIVAL’19」異例の出演決定や、タワレコバイヤーが推す「タワレコメン」・YouTube「Artists to Watch 2019 ~注目の新人~」に選出されるなど、歌唱力と独創的な世界観が「異才」と評され、今最も注目されている期待の若干17歳の若手シンガーみゆな。

スポンサーリンク

本作の主題歌に決定した新曲「ユラレル」は、完成前の映画を彼女が観て作ったもので、主人公なつめ(吉岡里帆)の事件に対する怒りと、自身の不甲斐なさを呪う叫びを表現し、様々な困難が降りかかる中でも猟奇殺人犯に挑むなつめの強い覚悟をも想起させた渾身の一曲に仕上がっている。さらには被害者である女子高生とみゆな自身が同じ世代であることも影響し、映画とキャスト、そしてみゆなとの同調性が引き出された静けさとエモーショナルさを併せ持つ楽曲とのことで是非とも期待したい。

主題歌にみゆなが抜擢された経緯は、本映画の制作陣がふさわしいアーティストを探していたところ、みゆなの楽曲を聴いて10代らしからぬ歌唱力と独創的な世界観に興味が湧き、映画のために書き下ろしてほしいとオファーしたことによるという。

発表に併せて、主題歌を担当したみゆなのコメント、また主演を務める吉岡里帆と森淳一監督からは楽曲を賞賛するコメントが到着している

スポンサーリンク

書き下ろしていただいた主題歌を初めて聞いた時、あまりになつめの声を代弁してくれていて、驚きました。

また、みゆなさんは17歳の女の子で、私が役を通じて探していた、事件に巻き込まれてしまう女子高生とリンクしているんです。その女子高生がずっと不安を抱えながら一人で叫んでいる、その叫びも楽曲から伝わってきました。

みゆなさんは、初めて映画主題歌を担当されると伺いました。わたしも本作の中で、目が見えないことであったり、盲導犬役のパルとの演技、そしてこれほどまでに本格的なアクションといった、自分にとって初めてのことに挑戦させていただいたこともあり、『見えない目撃者』で、みゆなさんと一緒に新たな扉を叩いている気がしてとても嬉しいです。

―― 吉岡里帆

スポンサーリンク

主題歌は、映画の余韻に関わる重要なパートです。作品の内容にぴったり寄り添うのか、もしくはアーチスト独自の新たな解釈を加えるのか。「ユラレル」を初めて聞いた時、その真ん中を、真っ直ぐつらぬく曲だなと感じました。硬質で鋭く尖った槍で、後方から映画を串刺しにされる感じ。ダークな雰囲気を醸し出しながらも情感豊かで心地よいサウンドが、映画を観客の心にしっかりと着地させてくれると信じています。

―― 森淳一

スポンサーリンク

映画『見えない目撃者』の主題歌を担当させていただけるということに、驚きと喜びが溢れています。

楽曲制作をするにあたり映画を拝見させていただきましたが、

「こんなに引き込まれる映画があるのか」と、初めての感覚でした。

この映画に、人の愛を感じました。

いろんな形の愛を見ることができ、私の中で忘れられない作品となりました。

楽曲は、試行錯誤しながらも、実験的なサウンド、エフェクトを使用して出来上がっていますので、

映画館で味わって頂けると嬉しいです。

―― みゆな

スポンサーリンク

2019年9月20日(金) 全国公開

映画『見えない目撃者』

出演:吉岡里帆、高杉真宙

監督:森淳一

脚本:藤井清美、森淳一

Based on the movie ‘BLIND’ produced by MoonWatcher

企画・制作プロダクション:ROBOT・MoonWatcher

幹事・配給:東映

(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

公式HP:http://www.mienaimokugekisha.jp

公式Twitter:@mmokugekisha

公式Instagram:@mmokugekisha

「見えない目撃者」ストーリー

警察学校卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめ(吉岡里帆)。

そのときの事故が原因で失明し、警察官を諦めた彼女は、弟の死を乗り越えることができずに3年経った今も失意の中にいた。そんなある日、なつめは車の接触事故に遭遇する。その事故現場で車中から聞こえた、助けを求める少女の声から誘拐事件の可能性があると訴えるなつめ。視覚以外の感覚から感じ取った『目撃』情報を警察に提示するも、警察は目の見えないなつめを『目撃者』足り得ないと考え、捜査を打ち切ってしまう。それでも、少女を救いたいと考えるなつめは、事故現場で車に接触したスケボー少年・国崎春馬(高杉真宙)を探し出す。やがて、彼らの必死の捜査により女子高生失踪が関連づけられてゆくのだが、猟奇殺人鬼の魔の手は彼らにも迫ってくるーーー

みゆな プロフィール

宮崎県在住、17歳女性シンガー「みゆな」。

2018年の夏より地元のストリートや福岡・下北沢へのライブ遠征など音楽活動を本格的にスタートさせ、耳の早い音楽関係者の目にとまり2018年夏、急遽a-nation 長崎公演に出演を果たす。その歌声がSNS で大きな話題となった。

また、インディーズ系音楽配信サイトEggs で2018 年10 月にウィークリーチャートで1 位を獲得して以来、楽曲ランキング、アーティストランキングともに何週にも渡り1 位の記録を伸ばした。そして配信1st シングル「ガムシャラ」と配信2nd シングル「天上天下」は、デビュー前のアーティストとしては異例の、TV アニメ『ブラッククローバー』の第5 クールのオープニングおよびエンディングテーマに大抜擢されている。

2019 年2 月にリリースした1st ミニアルバム「眼」はタワーレコードがプッシュするタワレコメン2 月度に決定し、2 月18 日付オリコン週間インディーズアルバムランキング10 位を獲得。YouTube による、2019 年にブレイクが期待されるアーティスト紹介する「Artists to Watch 2019 ~注目の新人~」にも選出されている。そして2019 年4 月よりTV アニメ『FAIRY TAIL』ファイナルシリーズ 第3クールED テーマに抜擢され、さらにはFUJI ROCK FESTIVAL’19にデビュー前にして異例の出演決定など、今後の動向が期待される新人として注目を集める。

■みゆな1stミニアルバム『眼』

●楽曲配信はコチラ⇒ https://MIYUNA.lnk.to/me_miyuna

●CD購入はコチラ⇒https://tower.jp/item/4839543

CD商品情報

みゆな 1st ミニアルバム

『眼』

品番:HPP-1011

JAN:4997184100373

レーベル:Here, Play Pop

価格:1,600yen (税別)

発売日:2019年2月6日(水)

収録曲:

1. ふわふわ

2. ガムシャラ

3. 天上天下

4. なんでもないや

5. たんぽぽ

■みゆなオフィシャルサイト

https://www.miyunamiyuna.com/

■みゆなSNS

【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCLZ2RXLLVx0jAl0jxe7QzyQ

【Twitter】https://twitter.com/miyunasinger

【Instagram】https://www.instagram.com/miyuna_miyuna/

【Facebook】https://www.facebook.com/miyuna67/

【LINE】https://page.line.me/miyuna_official

【Eggs】https://eggs.mu/artist/miyuna

 

タイトルとURLをコピーしました