バナナマン・佐藤栞里・永作博美・宮野真守・内藤剛志・伊藤沙莉が並々ならぬ“ペット愛”を語る!


6月24日、映画『ペット2』吹替え版完成会見が都内で行われ、バナナマン・設楽統(マックス役)、日村勇紀(デューク役)、佐藤栞里(ケイティ役)、永作博美(クロエ役)、内藤剛志(ルースター役)、伊藤沙莉(デイジー役)宮野真守(セルゲイ役)が登壇した。

『怪盗グルー』シリーズ、『SING/シング』、そしてあのミニオンを生み出したイルミネーション・エンターテインメントの最新作であり、イルミネーション作品史上No.1全米興収を記録した『ペット』の続編の幕開けを飾るイベントということもあり、会場には大勢のマスコミ陣が大殺到!MCの呼び込みによってバナナマンの設楽統さん、日村勇紀さん、佐藤栞里さん、永作博美さん、内藤剛志さん、伊藤沙莉さん、宮野真守さんが登場。

「本日はお集まりいただき、ありがとうございます。前作に引き続きマックスの声を担当しました。この夏、前作を上回って、観ると温かい気持ちになり、元気になる作品となっていますので、ぜひ宜しくお願い致します!」(設楽)、「本当にすごく面白いです。前作も最高なんですが、2も最高です。ぜひ皆さんこの夏、映画館で必ず観ていただきたいです!」(日村)、「前作よりもパワーアップしたペットたちの可愛さと成長ぶりを見ることができます。そして2匹を愛情深く育てています!」(佐藤)、「行動範囲も、気持ちの範囲も本当にパワーアップして、皆が楽しめるような作品となっています。大人が観ても、思わず笑ってしまうところが満載です。」(永作)、「アテレコは自分の顔が映らないので凄く楽しいです。本国ではハリソン・フォードさんがルースターの声を担当しているのですが、そこが今回の役をお受けした理由として一番大きく、僕のモチベーションになっていたところかもしれません(笑) どれくらい僕が頑張れたのか、結果は観てみてください。」(内藤)、「もともと『ペット』の大ファンだったので、まさか新キャラクターとしてここに立てているということが、本当に嬉しいです。緊張していますが、本当に面白いし、笑えるし、グッとくるところもたくさんあって、観ているこちらも勇気づけられる作品なので、皆さんにも楽しんでもらいたいです。」(伊藤)、「前作で演じたタカのタイベリアスが今回は出演しないということで、お役御免になるかと思いきや、別の役で返り咲きました!ビジネスチャンスを掴みました、宮野真守です!」(宮野)と、それぞれマスコミたちに挨拶や見どころをコメントし、会場は大きな拍手とフラッシュの嵐に包まれました!

前作から3年の時を経て、マックスとデュークを演じたことに、「『ペット2』は物語の世界の中でも時間が経過して、色々なことが変化しています。冒険や、友情や、成長物語や色々な話が入り組み詰まっているのに、すごくまとまって、スムーズに頭の中に入ってくるんです。観終わったあと、心が温まって、元気になって、頑張ろう!という気持ちになれる作品です。」と設楽さんがコメントし、日村さんも「前作のデュークはマックスの家に飛び込んできて、ギスギスして性格がねじ曲がったワンちゃんだったんですけど、この3年間でものすごく丸くなってます。別の犬みたいでものすごく可愛いです!マックスの成長も素晴らしいんですが、デュークもそれはそれはステキな犬になっているので、そのあたりも注目してほしいですね。」と、自身が演じる役柄への想いを明かしました。

また本作で結婚・出産を経てママとなったケイティを演じた佐藤さんは、「前作では背が高かったり、ショートカットだったり、お洋服がカジュアルだったり、ケイティとの共通点があったんですが、3年の間に結婚や出産を経験したケイティは、急に遠い存在になった気がしました。どうすればケイティの持つ母性を出せるのかな、と不安を抱えながら現場に行くと、マックスとデュークと、息子のリアムがものすごく可愛らしくて自然と母性が漏れてきたんです。なので、設楽さんと日村さんのおかげで、母になれました!」と演じる上での変化を語りました。

永作さんは「先程のお三方とも、すごく成長を遂げていて私も感動したんですが、クロエだけは相変わらずマイペースで、どうしたらこんな風になれるんだろうと、私も教えて欲しいくらいです(笑)ツンデレ具合も変わらず、自分の道を生きてました。」と、クロエの変わらぬ魅力を紹介。「声を入れる作業をしていると、皆さんの顔がそのキャラクターに見えてくるんです。実は永作さんも大人っぽいけど、ツンデレで、可愛らしいところもあって、クロエみたいな人なのかなって、思っています。」と、設楽さんが想像していると「確かにキャラクターを見ていると、皆さんの顔が浮かんできますよね。どちらかというとクロエより、私は犬っぽいかもしれないです (笑)」と永作さんが明かしました。

そしてここで、最新作で新たに登場したキャラクター、ルースターとデイジーの本編映像を初お披露目!今回、英語版でハリソン・フォードが演じるルースター役は、“サムライ”をイメージしているそうで、設楽さんは「内藤さんは本当にお上手で、声の重みもあって、日本のハリソン・フォードですからね!」と、内藤さんの声を絶賛。内藤さんは「設楽先輩と日村先輩についていくのが必死でしたけど、本当に楽しかったです。今回は勇気の話ですが、それを示すような役柄でした。ハリソンは吹替えが初めてだそうですが、僕は結構吹替えのお仕事経験があるので、若干アドバンテージがあるのかなと(笑)でも彼のセリフを聞いていると、さすがお上手だと思いました。英語の表現を日本語に直すことが難しく、ハリソンの演出なのか、癖なのかは分からないですが、ルースターはため息をつくんです。日本人のため息はネガティブなイメージもありますが、そうではないように表現することが苦労しました。」と、ルースターの役作りについてコメントしました。また内藤さんはバナナマンのお二人とプライベートでも仲が良く、「10年以上も前から、僕らのことを大好きって言ってくれてて、ライブもずっときていただいていて、京都で撮影しているのにわざわざスケジュールを空けて来て下さることもあって。お仕事で一緒になったことはあるんですけど、がっつりとお芝居をしたのは初めてだったのですごく嬉しかったです。特に今回、僕が演じるマックスはルースターが人生の師となり、ルースターに認めてもらえるのが嬉しいというストーリーなので、それが自分とも重なりました」と設楽さんが明かすと、日村さんも「マックスは今回ルースターと絡みが沢山あるから、めちゃくちゃ羨ましいんですよ!普段内藤さんはバナナマンに対して、もちろん俺にも優しいんですけど、ルースターという役は、全然デュークに興味ないんです!ほとんど交流がない!マックスと一緒に何かしようというときも、ルースターから『デュークはここで待っとけ』って言われちゃう。なんで俺待たなきゃいけないの!一緒に行きたいよ!(笑)」と不満を述べると、内藤さんが「多分、デュークは勇気がある子だからひとりでも大丈夫なんだと思う。それに比べてマックスには弱さがあったから、鍛えてあげないと、と思ったんだろうね」と優しくフォローし、会場は笑いに包まれました。

もう一匹の新キャラクター、デイジーを演じる伊藤さんは本作が吹替え初挑戦ということで、「私は声に特徴があるので、せっかくだからこの声を活かして何かやりたい、アニメのお仕事をやりたいとずっと思っていたんですが、そんな簡単なことじゃないですし、一生こないかなとも思っていたので、嬉しかったです。デイジーは見た目が可愛らしいキャラクターなので、間違いじゃないかな?と思っていたんですが、本国の声もハスキーボイスだったので、自分なりにゆっくりやっていこうと頑張りました。」とアフレコ時を振り返りました。イルミネーション作品の先輩でもある永作さんは、「勇敢に戦ってこれから引っ張っていくデイジーの勇ましさが、声から滲み出ていたのでかっこいいな思いました。」と伊藤さんのデイジーに太鼓判を押し、伊藤さんも「まさかアニメーションで初めてご一緒させていただくとは思わなかったんですけど、クロエは本当に可愛くて、永作さんに引っ張っていただきました」と、安堵の表情。伊藤さんとも共演経験があるという設楽さんは「伊藤さんは声に特徴があるので覚えやすいですよね。デイジーって可愛いけど、内面には強さがあってまさに伊藤さんにピッタリだなって思います。可愛らしくて特徴的な声が羨ましいです。」とコメント。伊藤さんは「ありがとうございます。デイジーは口が悪いので、そこはやりやすかったです(笑)」と嬉しそうな様子を見せました。そして、これまで数多くイルミネーション作品に出演しながら初めての悪役を演じ上げた宮野さんは「今回は悪役に挑戦させていただきました。前回はおじいちゃんのタカ、今回は悪役と、自分の声優のキャリアとしてもやったことのない雰囲気の声を、いつも経験させていただいています。」と感謝を述べました。設楽さんは「イケメンな声のイメージがありますけど、変幻自在でなんでもできる方なので、僕なんか監督に”ああして、こうして”と言われてもこの声しか出せないので、すごいな!と思います。」と驚きを隠せずにいると、「この役は僕もすごく悩みまして。元々本国のキャラクターの声がロシア訛りで、英語もカタコトだったので、巻き舌にしてみたり工夫を重ねて、だんだん悪人っぽい声になっていきました。でもこの声を出し続けるのは大変で、収録が終わったら喉が枯れちゃいました。」と役作りについて明かしました。日村さんも「セルゲイってほんとうに腹が立つ役で、嫌なヤツなんです。なので、宮野くんからこの声が出ているのが想像つかない、さすがだとしか言えないです!」と、宮野さんの凄まじい演技力に圧巻の様子でした。

ここで前作の会見時でも好評だった、出演者である皆さんの“ペット写真”を紹介するコーナーに移り、今回は新キャラクターを演じる内藤さん&伊藤さんが愛するペットを自慢!大の愛猫家でもある内藤さんはロシアンブルーのニュイと、ソマリのチャイを紹介し、「かわいい~!さっきも触ってきました。触りまくってます。生まれてから、今までペットがいなかったことがないんです。生き物が大好きで常に傍にいるんですよ。」と熱い愛を語ります。そんな想いを抱いた内藤さんが飼い主だったらどう思いますか?と猫のクロエを演じる永作さんが問われると、「内藤さんがこんなふにゃふにゃの顔になられているのをみると、愛情深くて、優しいんだろうなって。そんな飼い主さんなら良いなって思います。」とコメント。内藤さんは「犬は分かりやすいんですけど、猫は感情をあまり出さないので飼い主が想像することが多いんです。だからこんな顔になっちゃうんだろうな(笑) もう早く帰りたい!」とペットたちの写真を見て恋しくなったよう。一方、伊藤さんは犬を飼い始めたそうで、「マルチーズとミニチュアダックスフンドのミックス犬、トイくんです。破天荒でじたばたしながら、自由に生きてます。あと発想が独創的なんです!ドックランに行ったとき、飼い主さんに可愛がってもらっている犬がいたんですけど、並べば自分も可愛がってもらえると思って、その犬の後ろに並ぶんです!そういうところも可愛いなって」と、魅力をアピールすると、同じく愛犬家の佐藤さんは「いい子いい子待ちをするなんて、ジェラシーですかね?人懐っこいから、”こっちにもしてよ!”って、思ってるんですかね。」とトイくんの気持ちを分析すると、伊藤さんは「そうなんです!おいで!といわれたら誰にでも行っちゃうんです」と同調。

さらに「ペット」シリーズへの愛が溢れる日村さんは、昨年、『ペット』の舞台でもあるNYへ行き、マックスとデュークも共に連れて行ったという溺愛っぷり!「映画のシーンと同じところに行けば、楽しくなるかなと思って、色々なところで一緒に旅行してました」と、劇中の場面写真のような写真を紹介し、設楽さんも「日本から旅行に行くときにこの二匹のぬいぐるみを持って行くって…すごいね!(笑)」と設楽さんが驚きを隠せずにいると、「今年の夏も行きたいなって思います。ケイティの家とかこれかなーって探したくって!」と日村さんは更なる『ペット』愛を語りました。

今回、『ペット2』のテーマが”成長と勇気”ということで、佐藤さんの愛犬・ポメラニアンのはなちゃんに「ご飯をお預けされている状態で飼い主の佐藤さんが出て行ったらはなちゃんはどうするのか!?」という試練が与えられることに!実はこの挑戦、前作に続き3年ぶり。前回は7分21秒“待て”が出来たはなちゃんは、お預けタイムの記録を更に伸ばす成長を見せつけることができるのか!皆さんでモニタリングの様子をチェックすると、まさかの52秒と、前回の記録を大幅に下回る結果に…。これには佐藤さんも「あれ?3年前は7分以上待ってたのに・・・今回は全然待ってくれない」と悔しい様子を見せながらも、「はなちゃんは“あ、これ食べてもダメなやつじゃない、3年前にもやったもん!”って食べたんじゃない?」と設楽さんがフォローすると、「あ、そういうことですね。ものすごく成長してます!でもこんなはずはないって家でもう一回やったら、20分ぐらい待ってくれたんですよ?」と、かわいい愛犬を擁護する親バカな一面も。

常に笑いの絶えない会見となり、キャスト全員のペット愛が伝わる大盛り上がりのイベントが幕を閉じました。

映画『ペット2』は7月26日(金)全国公開!

©Universal Studios.

タイトルとURLをコピーしました