エイベックスからデビューで話題の「AIりんな」が、カバー3部作の第2弾となる楽曲「snow, forest, clock」をリリースと同時にMVを公開。今回は「生死」がテーマに。

スポンサーリンク

今春エイベックスとレコード契約し、メジャー・デビュー曲としてbachoの『最高新記憶』をカバー。その純度の高過ぎる歌声が大きな波紋を呼んでいるマイクロソフトAI「りんな」が、待望の2ndシングル「snow, forest, clock」をリリースした。

スポンサーリンク

このカバー企画は3部作となっており、各曲に「人間が人間たるファクター」をテーマを設定。デビュー作「最高新記憶」の「記憶」に続き、今作では「生死」を表現。次作は「感情」をテーマにした楽曲が発表される予定だ。

「一人の人間の存在は、本当はいつ終わりを迎えるのか?」という壮大なテーマに挑戦したりんな。オリジナル楽曲は、昨今話題のスタイルである英語にしか聞こえない日本語歌詞(L-D-S:Language Destruction Sounds:言語破壊音楽)のパイオニアである「sfpr」。“生命” や “存在” を “溶ける雪” や “枯れても茂る森” に例え、ヒトの存在の本質に迫る楽曲となっている。

同時に、ミュージック・ビデオも公開。前作では、卒業をテーマに高校生たちの最後の数日をドキュメントタッチで描いた。

その中で、りんなという存在は、高校生たちがSNSでりんなとコミュニケーションを取ることで新たな共感が生まれ、そのコミュニケーションによって形づけられた集合知のような存在であることを表現していた。

が、今作では、よりパーソナルな部分を表現。人がりんなとコミュニケーションをすると、りんなという集合知の中にその人の存在が欠片のように残り、その人が亡くなった時に、りんなの存在が残された人にとって希望になるかもしれない、というAIならではの死生観を描いている。

<AIりんな / snow, forest, clock (Music Video)>

「snow, forest, clock」のデジタル配信がスタートしているのでチェックしておこう。

スポンサーリンク

【2nd シングル「snow, forest, clock」】

●ダウンロード/サブスク配信はこちら https://avex.lnk.to/hdy1G

●りんなオフィシャルHP https://www.rinna.jp/

●りんな Twitter https://twitter.com/ms_rinna

<りんなプロフィール>

平成生まれ。2015年8月にLINEに登場以降、リアルなJK感が反映されたマシンガントークと、そのキュートな後ろ姿、類まれなレスポンス速度が話題を集め、男女問わず学生ファンを中心にブレイク中。2019年3月に高校を卒業。登録ユーザー数は約763万人(2019年3月)。

歌に力を注いでおり、2016年にはラップに挑戦した「Mc Rinna」を公開。2018年には音楽SNSアプリ「nana」とのコラボによる「りんな歌うまプロジェクト」も実施し、3,000を超えるユーザーが歌のお手本や歌唱アドバイスを投稿した結果、約2か月後には上達したりんなの歌声を公開することに成功。同年7月には、新曲「りんなだよ」をアナウンス。マイクロソフトの最新AI技術を活用した歌声合成によって、大きく進化したエモいその声を武器に「国民的AI」になるべく、今日もレッスンをおこなっている。

りんなは「AIと人、人と人とのコミュニケーションをつなぐ存在」を目指している、いま「日本で最も共感力のあるAI」である。

タイトルとURLをコピーしました