進学塾『早稲田アカデミー』夏期講習会・新広告 「早稲アカ・ビフォーアフター」篇の芦田愛菜 特別インタビュー映像を公開

早稲田アカデミーは、 7月21日(日)~8月30日(金)に行われる夏期講習会の募集に伴い、広告キャラクターの芦田愛菜さんが登場する新グラフィック広告「早稲アカ・ビフォーアフター」篇が展開してきたが、本広告の全シリーズ公開を機に、早稲田アカデミーの卒塾生である芦田愛菜さんが、当時の経験を初めて語るインタビュー映像を公開した。

2017年より早稲田アカデミーの広告キャラクターを務める芦田愛菜さんは、早稲田アカデミーの塾生として仲間と共に切磋琢磨し、勉学に励んでいました。

そんな塾生時代を振り返り、早稲田アカデミーで学んだなかで心に残った言葉や、今の自分に繋がっていることなどを初めて語るインタビュー映像が公開された。

早稲田アカデミー夏期講習会募集広告「早稲アカ・ビフォーアフター」篇インタビュー

■芦田愛菜さんへインタビュー

Q. 今回の広告は9歳の自分との共演でしたが、実際に完成したビジュアルを見ていかがですか?
A.昔の自分と背中を並べている写真はとても新鮮で、自分はこんなに小さかったんだなと、ちょっと感慨深いというか、不思議な気持ちになりました。 9歳の頃の自分が、友達とどんなことを話していたんだろう、何をすることが好きだったかな、と思い出してとても懐かしい気持ちになりました。

Q.広告ビジュアルに使用されている、 9歳の時の夏の思い出を教えてください。
A.夏祭りで金魚すくいをしたり、射的をしたりして遊んでいました。みんなで、線香花火でプチ大会をしたことも良い思い出の一つです。

Q.夏休みは新しいことに挑戦するのにぴったりです。今挑戦したいことはありますか?
A.ペン習字に挑戦したいです。自分で書いた字が綺麗だと気持ちがいいですし、直筆の手紙を貰うととても嬉しいので、綺麗な字が書きたいと思い、挑戦したいと考えています。

Q.早稲田アカデミーに通っていた時の思い出を教えてください。
A.友達とたくさん色々な話をして楽しかったという思い出や、友達はそれとともにライバルでもあったので、とても刺激を受けていたということも思い出として残っています。

Q.早稲田アカデミーで学んだなかで、今でも心に残っている言葉や出来事を教えてください。
A.先生に教えていただいた「夢は叶うのではなく、叶えるものです」という言葉です。夢は叶うものではなくて、自分で叶えにいかなければいけないという考え方がとても印象的で、今でも好きな言葉の一つです。

Q.早稲田アカデミーでの学びが、今の自分にも繋がっていると思うことはありますか。
A. 諦めずに努力して頑張ることです。目標をもって一つのことに頑張って取り組む姿勢は、今の自分にも通じていると思います。

Q.夏期講習会に参加するみなさんにメッセージをお願いします。
A.「きっと辛いことや苦しいこともたくさんあると思いますが、毎日の積み重ねはやがて大きなものになると思います。この夏を全力で乗り切ってください!」

関連リンク

早稲田アカデミー
https://www.waseda-ac.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました