女優・南沙良、「キリン 午後の紅茶」の新イメージキャラクターに抜擢

初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で、報知映画賞、ブルーリボン賞・新人賞、日本映画批評家大賞・新人女優賞などを受賞し、新進気鋭の女優として注目を集める、女優でモデルの南沙良(みなみ・さら/17)が、「キリン 午後の紅茶」の新イメージキャラクターに抜擢された。既に起用が決定している、リリー・フランキー、深田恭子、新木優子との共演で、新TVCM「紅茶派宣言 ありのままの私」篇 https://youtu.be/eYjCyi1iPls が本日より全国でオンエアされる。

本日解禁となった新TVCMは、それぞれの日常を繋いでひとつのストーリーにした「紅茶派宣言 ありのままの私」篇。映像の中で、制服を着用した高校生役の南が、教室の窓際で「午後の紅茶」を飲みながら、友人と会話をし微笑む姿が映し出されている。“紅茶を飲むと笑顔になるのはなぜだろう ありのままの私をくれるから”というメッセージのもと、ありのままの自分を大切にする、全ての“紅茶派”へ送るメッセージが込められている。

今回出演が決まった南は、「あまりに嬉しかったので、その日一日は何か“落とし穴”でもあるんじゃないかって。とにかく緊張して歩いていました」と語る。南家では、「午後の紅茶」は必ず冷蔵庫に入っていて、手作りのお菓子にも使うほど身近な存在だそうで、「母も本当に喜んでくれました。その反応を見て、私も更に嬉しくなりました」と家族で喜びを分かち合った様子。

ブランド担当者は南を起用した理由について、「ありのままの自分を大切にする“紅茶派”な人が世代を超えて広がっていることを伝える「キリン 午後の紅茶」のブランド広告を制作するにあたり、10代の“紅茶派”代表として、新進気鋭の南さんをぜひ起用したいと考えました」と語る。

南は、昨年公開された初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(18)で、各映画賞の新人賞を受賞するなど、その演技力が業界内で高く評価されている。現在公開中の映画『居眠り磐音』(19)では時代劇に初挑戦し、8月24日公開の映画『無限ファンデーション』(19)、来春公開予定の映画『もみの家』(20)では2作目、3作目それぞれ主演を務める。

【南沙良/本人コメント全文】

今回お話を頂いた時、あまりに嬉しかったので、その日一日は何か“落とし穴”でもあるんじゃないかって。とにかく緊張して歩いていました。一番最初に母に伝えたのですが、驚かせたかったので、“クイズ形式”で。ですが、『幼い頃から好きが変わらない飲み物はなんでしょう?』と、ヒントを出すとすぐに当てられてしまい、その第一声が『おめでとう』じゃなくて、『沢山飲めるね』って(笑)。母も「午後の紅茶」を手作りのお菓子にも使うほど大好きなので、本当に喜んでくれました。その反応を見て、私も更に嬉しくなりました。紅茶好きなわが家の冷蔵庫には必ず入っていて、夏は凍らせて。冬は温めて。また、お料理やお菓子作りにも使うほど、とても身近な存在です。是非、あなただけの「午後の紅茶」の楽しみ方を探してみてください。

※キリン 午後の紅茶
https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/gogo/

~南沙良~
■公式HP
https://www.lespros.co.jp/artists/sara-minami/
■公式Instagram
https://www.instagram.com/lespros_sara00/
■公式オフィシャルTwitter
https://twitter.com/lespros_sara

タイトルとURLをコピーしました