アルバム『My Bouquet』を携えて、伊藤蘭 ファースト・ソロ・コンサートがスタート! 伝説再び! キャンディーズ・ファンの聖地・後楽園に41年ぶりにふいた「春一番」。

スポンサーリンク

昭和を代表するスーパー・アイドル・グループ、キャンディーズのメンバー、伊藤蘭。1978年(昭和53年)のキャンディーズ解散後、映画、テレビ、舞台など女優活動に専念していた彼女だったが41年の時を越え音楽活動を再開、5月29日に、オリジナル・アルバム『My Bouquet』をリリースした。記念すべきソロ・デビュー・アルバム『My Bouquet』は、6月10日付けオリコン週間アルバムランキングで初登場8位を記録。伊藤蘭のオリジナル作品が同アルバムランキングのトップ10にランクインするのは、 キャンディーズとして1978年6月5日付けオリコン1位を獲得した『キャンディーズ ファイナルカーニバル プラス・ワン』以来、平成も軽く飛び越え、令和元年、41年ぶりのことだった。

そして6月11日(火)TOKYO DOME CITY HALL、注目の『伊藤蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019』は幕を開けた。最新アルバム『My Bouquet』から、ミディアム・テンポな爽やかな「walking in the cherry」 がオープニングに選ばれた。バンド・メンバーの優しい演奏に包まれるように白いワンピースでステージ中央に立つ伊藤蘭。超満員の客席からの拍手喝采で迎えられる伊藤蘭。早くも飛び出した「ランちゃ~ん」コールと「お帰りなさい」の声援に少しホッとした様子。最初のMCでは「もちろん緊張しています(笑)。あまり私ばかりを観ないで、バンドの演奏やステージも観てくださいね」と笑いを誘い、ほど良く会場の緊張をほぐしていく。

表情豊かなアルバム『My Bouquet』から珠玉ナンバーの演奏が続く。ステージスクリーンには歌詞が映し出される。「ああ私ったら!」では黒と赤のワンピースに早変わり、「ミモザのときめき」では軽やかにリズムを取る伊藤蘭と客席が心地よくスウィングした。ダンサーをしたがえた「Wink Wink」 では一緒に口ずさむ客席も多くステージの伊藤蘭も最高の笑顔で歓声に応えて会場をひとつにした。

曲目紹介で大きな拍手と歓声が起こったのは中盤の最初のキャンディーズ・カヴァー、伊藤蘭自身が作詞した「恋がひとつ」「アンティック・ドール」。後者はラスト・アルバム『早春賦』に収録され“ファイナルカーニバル“で人形を抱きながら歌唱披露され、強烈なインパクトを残した楽曲。その伝説の会場は、TOKYO DOME CITY HALLの目と鼻の先にあった後楽園球場だった。そんな感動のタイムスリップは、本編後半でも用意された「春一番」から始まるキャンディーズ・シングルが次々と飛び出し、会場のボルテージは最高潮を迎え、その歓声は演奏が終わっても止むことはなかった。

しかし、この夜、伊藤蘭の歌声がいちばん会場に響いたのは、彼女の自身の作詞曲による最新曲「女なら」だった。現役アーティスト・伊藤蘭の復活――この日のために練習を重ねたバンドとのアンサンブルは特筆に値する。そしてアンコールはアルバム『My Bouquet』のなかでも早くも人気曲となった「あかり」だった。優しい歌声に会場の空気がかすかに震え、その震えが身体を伝わりメモを取る筆者の指に伝わってきたとき、もう少しこのステージを観たいと心から思わせてくれた。

『伊藤蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019』は、6月12日のTOKYO DOME CITY HALL(2日目)、14日(金)NHK大阪ホールまで続いていく ーー。

終演後に本人よりコンサートを終えた感想コメントも届いた。

「お客様たちの反応の温かさ、応援の心が伝わってきて本当に励みになりました。

今も変わらない想いで応援してくれているんだなと感じ、昔を思い出しながら歌っていると本当に幸せでした。

歌うことを選んでよかったなと改めて思いました。

これからも、新しい歌も古い歌も大切に歌い続けていきますので、またステージで是非お会いしましょう。

本日は本当にありがとうございました。」

写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN)

タイトルとURLをコピーしました