浅川梨奈 主演映画『黒い乙女Q』の舞台挨拶に登壇!「一週間で撮り終えたのにこのクオリティの高さが良い意味で一番のホラーでした(笑)」

2019年1月にアイドルグループ(SUPER☆GiRLS)を卒業し、女優として活動中の浅川梨奈が主演する映画「黒い乙女Q」の舞台挨拶が6月1日にシネマート新宿にて行われた。

本作は、第56回カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品された「極道恐怖大劇場 牛頭GOZU」や話題作「麻雀放浪記2020」の脚本を務めた佐藤佐吉がメガホンを取る新感覚ジャパニーズホラー。共演には、「バイプレイヤーズ」のジャスミン役で話題の北香那や「下町ロケット」の和田聰宏、「欲動」三津谷葉子、「カメラを止めるな!」のしゅはまはるみ、メープル超合金の安藤なつ等が顔を揃える。

★登壇時一言挨拶
●浅川:昨日金曜に初日を迎えられまして、本日舞台挨拶を行えることを光栄に思います。

●北:本日は劇場に足を運んでくださり有難うございます。映画を楽しみに来てくださった皆様とこうしてお会いできることを嬉しく思います。

●三津谷:昨日無事に初日を迎えてホッとしております。本日は楽しんで帰ってください。

●佐藤監督:やっとこの日を迎えられてと言いたかったのですが、一ヶ月前まで撮影していまして、もうこの日が来たのかという感じです。

★主演のオファーを頂いた感想
●浅川:企画を聞いたときに凄く面白しろそうな話と思いました。自分の中で、好きな世界観の脚本だったので、この脚本の中で生きることができるのは楽しみだなと思いましたし、率直に嬉しかったです。「黒い乙女Q」が伏線、「黒い乙女A」が回収と、謎と答えがセットになっていて、そういった2部作品の撮影が初めてで良い経験でした。

★佐藤組の印象
●浅川:一見怖いのかなと思っていましたが、監督と色んなお話をさせて頂いた中で、監督自身も役者をやられている方なので、細かいところも親身になって相談に乗って頂いたのが嬉しかった。アドバイスも沢山下さって、とてもやりがいを持って演じることができました。スタッフの皆さんもホラー映画の撮影を思えないくらい、にぎやかで、特にカメラマンさんが冗談をずっと言っていたり(笑)温かくて楽しい現場でした。

★共演者の印象
●浅川:北さんは共演できて嬉しかったです。テストの段階から100の力でぶつかってきて下さり、私も100の力で臨めた。お互いにカメラが回ってないときでも、ボロボロ涙を流したりと本気でした。とても素敵な女優さんでした。三津谷さん、和田さんも大先輩でしたが、現場を和ませて下さって。誰よりもしゃべってて、誰よりもふざけてました(笑)。将来は、三津谷さんのような女優さんになりたいなと思うくらいでした。

★脚本を読んだ感想
北:読むたびに面白くなって、その都度新たしい発見があり楽しいと思えました。ホラー映画に出演するのが初めてで、やっとホラーできるんだ!と思って嬉しかったです。

★現場の雰囲気
北:カメラが回っていない時も明るくて、ホラーだっけ?と思うくらいでした。ワイワイしていました。撮影期間が短かったのですが、その分、濃厚で忘れられない時間でした。

★監督の印象
北:良い意味で芝居を固めないで下さる演出でして、先ずは自由に演じてみてというスタイルでしたので、台本上になかったことが実際に画になった部分があるんです。キャスト、スタッフが一緒になってその場で考えて生まれた画があるという新しい発見がありました。

★浅川さん、北さんの印象
三津谷:純粋でピュアで、可愛いですよね(笑)和田さんともずっと可愛い~と言っていましたね。今回二人のお母さんという役どころだったので、二十歳の子のお母さん役が来たのか・・・としみじみしてました(笑)

★脚本のポイント
佐藤監督:誰も観たことないホラー映画に挑戦しようと思っていましたが、徹底的に他のホラー映画をパクリました(笑)ホラー自体凄い好きなんですけど、自分が怖いと思う要素を存分に詰め込みました。溜まり溜まった怖いシーンを加えましたね。オマージュではなく完全にパクリましたね(笑)

★作品に掛け、怖いと思った経験
●浅川:撮影を一週間で撮り終えたこと。これが一番のホラーなんじゃないかと私は思いました。このタイトなスケジュールで撮ったけれども、このクオリティの高さに仕上がっていて、良い意味でホラーだと思います(笑)

●北:撮影中に、お手洗いに行くと、浅川さんが、かまってちゃんで、いつもビックリさせるために、ドアの前でいつも待っているんです。トイレに入っていたら、「コンコンコンコン」とノックされて、また来たなと思って無視したのですか、しばらくしてまた、「コンコンコンコン」とノックされ、浅川さんに「おいおい」と言ったら返事がなかった。なんで2回もノックするの?と聞いたら、1回はしたけど、メイクさんと話をしていたから、2回はしてないよと言われて。浅川さんじゃなくて誰だったんだろうと思いました。

★締めの挨拶
●浅川:にぎやかな舞台挨拶で良かったです。「黒い乙女Q」は伏線が沢山あり、8月16日公開の「黒い乙女A」でそれが回収されます。是非お楽しみください。沢山SNSで拡散して頂けますと嬉しいです。

●北:「黒い乙女Q」はハテナの部分が多いので、是非「黒い乙女A」を観て頂き、納得して腑に落ちて欲しいなと思います。

●三津谷:両方観て頂いて楽しめる作品です。是非どちらもご覧下さい。

●佐藤監督:「黒い乙女Q」を観て頂いて、「黒い乙女A」を観ると勿論面白いんですが、さらに、「黒い乙女A」を観た後に「黒い乙女Q」を観るともう本当に怖いです。僕も本当に怖くてビックリしました。是非楽しみにしていて下さい。

<ストーリー>
養護施設で育った孤児の芽衣(浅川梨奈)が、裕福で優しい宇田家(夫:和田聰宏・妻:三津谷葉子)に引き取られることになった。宇田家には芽衣より一足先にラナ(北 香那)という同い年の少女が養子として迎え入れられていた。ラナは、「隕石が落ちてきて地球が滅亡する」と疑わない変わった少女であったが、話していくうちに、二人の趣味や誕生日までも同じということがわかり、芽衣とラナは本当の姉妹のように仲良くなっていった。ある日、宇田家の夫妻から家業が失敗し、どちらか一人しか養っていくことができないこと、1週間後にふたりが離れ離れになってしまうことを告げられる。そのことにより芽衣とラナはお互いにいがみ合う仲になってしまう。どちらか一人が養護施設に戻される前日、ラナが芽衣を呼びだし、宇田夫妻の秘密の会話を聞いてしまう。夫妻は、子供たちを養護施設から引き取って幸せを与えた後に追い出すことによって絶望する顔をみて自分たちの快楽を得ていたのだ。憤慨する芽衣とラナ。ラナは、芽衣に夫妻の殺害計画を切り出した。そしてラナの背後には、「お多福様」の姿があったのだった。

出演:
浅川梨奈
和田聰宏 三津谷葉子 松嶋亮太 しゅはまはるみ
安藤なつ(メイプル超合金) 笹野鈴々音
北 香那
脚本・監督:佐藤佐吉 製作総指揮:吉田尚剛 製作:永森裕二 プロデューサー:飯塚達介/向井達矢
ラインプロデューサー:尾関 玄 キャスティング:伊藤尚哉音楽:遠藤浩二 撮影:栗田東治郎 照明:田中安奈 美術:坂本 朗 録音:高島良太 衣裳:杉本京加ヘアメイク:唐澤知子 音響効果:小山秀雄 編集:難波智佳子 助監督:近藤俊明制作担当:中村 元
スタントコーディネート:出口正義 特殊メイク:松井祐一 VFX:井上英樹
主題歌:「イショロガニム」作詞・作曲:坂本英三 歌:大沼あさひfeat.坂本和弥(AMG MUSIC)
製作•配給:AMGエンタテインメント 制作プロダクション:ラインバック (C)2019AMGエンタテインメント

タイトルとURLをコピーしました