東京女子流 10年目のはじまりを中野サンプラザにてスタート

スポンサーリンク

令和元年5月25日、中野サンプラザホールにて【CONCERT*07「10年目のはじまり」】と題した東京女子流のコンサートが開催された。

東京女子流は2010年1月1日に結成、同年5月5日メジャーデビューしたガールズグループ。

2度の日本武道館公演を実施しながらも、メンバー脱退、アーティスト宣言、そして撤回と紆余曲折しながらも2011年12月24日から約8年ぶりの中野サンプラザ公演となった。

「10年目のはじまり」と題されたタイトルに合わされた今までの活動を思い返される映像が映される中、ステージを彷徨うサーチライト。ステージセンターに照準があわされたサーチライトの中からメンバー4人の登場に観客は大歓声を送った。

「Attack Hyper Beat Pop」、「Liar」等の人気曲で一気に会場を盛り上げると、続いて衣装脱衣やバックダンサーを初めて起用し話題を呼んだ最新シングル「光るよ」、「kissはあげない」等の新クリエイティヴとして発表された新曲を披露した。

ここに来て、今までDJブースでパフォーマンスしていたメンバーの新井ひとみ(注1)が「私も踊りたい!」と言いDJブースを離れ、踊る事を観客に伝えると8年前に同会場で演奏した想い出の曲「孤独の果て~月が泣いている~」「ヒマワリと星屑」等4曲をメドレーで披露し、バンド編成だからこそのアレンジを施した「初恋」「サヨナラ、ありがとう。」を届けた。

数か月ぶりに4人で歌って踊るメンバーの姿に感動し涙する観客もいた。

ライブもいよいよ後半に差し掛かり、新井ひとみはDJブースにスタンバイ。「water lily~睡蓮~」「深海 -Hi-ra Mix」等のクラブバンガーチューンで会場をヒートアップさせ、立て続けに「Reborn」「おんなじキモチ」を披露、「ゆうやけハナビ」ではバンドメンバー5名、バックダンサーオーディション(注2)で合格した総勢15名のダンサーと東京女子流メンバー4人、そして観客が総立ちで手をつなぐ姿で会場は一体化となり本編が終了した。

鳴り止まないアンコールの声にメンバー4人は応えるべく登場し、結成時に10年後も歌い続けられる楽曲として当時の4人に渡されたメジャーデビュー曲「キラリ☆」を10年後も20年後も、そして、この先もずっと語られ歌い続けられますようにと願いを込めて歌い上げた。

本コンサートは9年の活動を彷彿させる構成となっており、いつの時代、どの部分を切り取ってもそれが”東京女子流”である事を改めて感じさせられる公演となった。

まだ10年目ははじまったばかり。これからの東京女子流を更に注目してほしい。

タイトルとURLをコピーしました