ファッションアイコン・マギー、「ルミクス脱毛サロン―LACOCO―」の新イメージキャラクターに起用!

モデルのマギー(27)が、「ルミクス脱毛サロン―LACOCO―」の新イメージキャラクターに就任することが発表された。

LACOCO(ラココ)は、カラダとココロのBEAUTYを目指す女性に向けて「本物のクオリティを知っていただきたい」という想いのもと、新しくブランドをリニューアルするにあたり、新ミューズとして、マギーをイメージキャラクターに起用。

そしてこの度、クリエイティブディレクター・三浦大地(みうら・だいち)氏が手がける、新ビジュアルと映像が“初”解禁されました。

今回、ブランドのビジュアルディレクションを務めたのは、オートクチュールブランド「Dosqa Tokyo」のデザインのほか、アートディレクション、イラストレーション、クリエイティブディレクション、住居・カフェプロデュースなど、活動の場を多岐に広げる、クリエイティブディレクター・三浦大地氏。

マギーは、女性ファッション誌「sweet(スウィート)」や「BAILA(バイラ)」などで活躍する、ファッションモデル。昨年は自身のアパレルブランド「SURIPSIA(スリプシア)」を立ち上げ、プロデュース業に取り組むだけでなく、7月19(金)公開の映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』にも出演するなど、あらゆるジャンルで活躍の場を広げている。

[マギー/起用理由] ※三浦大地より

マギーさん起用の一番の理由は、彼女が、「ありのままのわたしをつくる」、「カラダからココロもキレイに」というLACOCOのブランドメッセージを体現されている女性だったからです。

マギーさんは「自分自身を愛し、ありのままのナチュラルな美しさを創造することがどれだけ素晴らしいことか」、「カラダをキレイにしながら内面のココロまで磨いてくことがどれだけ大切なことか」を熟知され、常に「カラダとココロのBEAUTYのあり方」を模索・追求しながら、女性として、一人の人間としての美しさを軽やかにアップデートされています。

これは、まさにLACOCOが目指したいと考えている、BEAUTYへ向かう姿勢や考え方と一致するため、今回、マギーさんに新ミューズとして共に歩んでいただくことをお願い致しました。

そして、マギーさんには、ドールのような女の子の可愛さ・愛らしさがある反面、男の子みたいなわんぱくでアクティブな部分があったり、とても日本人らしい反面、カナダの自然的な部分も持ち合わせていたり、と、カテゴライズされないボーダーレスな魅力があります。

今後、LACOCOの広告クリエイティブでは、そんな彼女の魅力が存分に引き出されるようなビジュアルやムービーをどんどんお披露目する予定ですので、ぜひご期待ください。

関連リンク

ルミクス脱毛サロン/LACOCO(ラココ)
https://lumix.la-coco.com/

タイトルとURLをコピーしました