今田美桜 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の吹替声優に抜擢され“こんな大役を頂けるなんて!”と感激!

5月21日、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』のアフレコイベントが都内で行われ、女優の今田美桜さんが吹替声優に初挑戦した。

ブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視・取り締まりを任務とする最高機密機関「メン・イン・ブラック」(MIB)。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め1997年から2012年までウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで3作品が製作・公開され、いずれも興行収入30億を超える超大ヒットを記録。そんな人気SFアクションシリーズ待望の最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日(金)に日米同時公開致します!!本作でチームを組むのは『マイティ・ソー』のソー役で人気をはくした エージェントH役のクリス・ヘムズワースと、新人エージェントMのテッサ・トンプソン。『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(公開中)以来の二人の再共演も話題となっています!

この度、本作でエリート新人女性エージェントMの吹替を務める、いま最も旬な女優・今田美桜さんが公開アフレコイベントに登場した。

会場から溢れんばかりに詰めかけた報道陣の前に、劇中のエージェントのスーツを衣装提供したポール・スミスが、直々に今田さんのために制作したMIB仕様のブラック・スーツでばっちり決めた今田美桜さん。

ポール・スミスのスーツに加え、POLICEのサングラス、ハミルトンの時計という劇中のエージェントM同様のスタイルで、MIBエージェントらしく、いつもの可憐なイメージとは一風違うスタイリッシュな姿を披露した今田さんは「少し恥ずかしいですね(笑)。でもこんなにスタイリッシュなスーツを着られるのは嬉しいです!」とはにかみ、本作が吹替声優初挑戦、生の公開アフレコももちろん初めてということで「いまちょうど収録している最中なのですが、普段は1人で録っているので、こんなにたくさんの方の前は緊張します…!(実写の作品で)普段は相手の方が目の前にいてお芝居をさせていただいているのですが、画面だけで、声の距離感や声の表情の乗せ方がすごく難しくて。日々勉強中です」と緊張の面持ちを見せつつも、いざ本番を迎えると瑞々しさたっぷり&凛とした魅力全開の演技を披露!MIBに憧れ自らの力でMIBエージェントのスカウトを勝ち取った有能なエージェントMを見事に演じきり、吹替の監督からの「最初はお一人での演技に戸惑われていたようですが、さすが女優さんと感心したのは、キャラクターを掴む勘が凄く良くて、プロの声優さんたちが演じるエージェントのなかで自然でフレッシュなMの魅力を聞かせてくれました」とのメッセージが伝えられると、「こんな大人気シリーズでこんな大役を頂けるなんて思ってもみなくて、初日は頭が真っ白になるくらい緊張していました。周りがベテランの声優さんばかりで、新人エージェントMを演じさせていただくのは緊張も戸惑いもあって、いまだにビックリしているので、本当にありがたいです」と恐縮しながらコメント。

演じたエージェントMのキャラクターについては、「エージェントMは知的ですごくエリートで負けず嫌いなんですけど、共通点は負けず嫌いなところ!(笑)。MIBエージェントになるという子供のころからの夢を果たすキャラクターで、私も高校生のころにこういうお仕事がしたいと思って東京に出てきたので、そういった意味では同じかもしれないです。あとは、美桜(ミオ)なのでイニシャルのMは一緒です!」と共通点を明かし、子供の頃から見ていたMIBシリーズへの参加ということで「1作目はかなり小さい頃に観ていて、今回このお仕事を頂いてまた改めてシリーズ全てを見返したらいろいろよみがえりましたね。自分が吹替をやらせて頂くということで、違った視点で見ることができました。ニューラライザーや改造車などガジェットもどんどん進化していますし、本作は女性がカッコいいと思えるスタイリッシュな女性エージェントMが入って、エージェントHとエージェントMの掛け合いもお茶目でかわいいですし、エイリアンとのやりとりも凄く面白いので見ていただきたいです!」と喜びも尽きない様子。作品の完成と、今田さん演じるエージェントMの魅力があふれた声が大スクリーンで響き渡る日が待ち遠しくなるイベントとなりました!

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日(金)日米同時公開!

タイトルとURLをコピーしました