ソロ活動10周年を迎えた、持田香織7年振りの新作5曲入りmini ALBUM「てんとてん」と、ソロ活動の歩み。

持田香織

★「てんとてん」ができるまで。

――ミニアルバム「てんとてん」は持田香織さんの7年ぶりの新作です。今年はソロ活動10周年でもありますが、まずはアルバムを作ることになった経緯を教えてください。

去年の8月に東京キネマ倶楽部でライブ(「持田香織 Concert 2018」)をやったんですが、たまたま会場が空いていたのと、昔からキネマ倶楽部でやってみたかったからという理由で、特にこれといったライブのテーマを謳わなかったんです。そうしたら、ファンの方から「あのライブはどんな意味があったんですか? もしかして、ソロ10周年だからですか?」って言われて。そこで初めて「あ、10周年か!」と気づかされたんです(笑)。井上陽水さんプロデュースでシングルをリリースさせていただいたりもしたので(2004年「いつのまにか少女は」)、どこからソロ活動と捉えるかが難しいんですが、自分でオリジナルアルバム1枚目(2009年「moka」)を出したところから10周年でいいんじゃないかと思って。ちょうど自分の仕事のペースについて考えていた時期だったので、Every Little Thingもやりつつ、ソロ活動も継続していけるように、アルバムとして形にしたいと思いました。

――ファンの方の「10周年だからですか?」という一言で、「てんとてん」の制作が決まったんですね。

そうなんです(笑)。でも、こういうタイミングって大事だと思うんですよね。「てんとてん」というタイトルのように、これまで打ってきた点と、ここで打った点が、これからにつながっていけばいいなと思います。

――全曲、LITTLE CREATURESの鈴木正人さんがプロデュースされています。

もともとLITTLE CREATURESさんの音楽が大好きですし、共通の友達がいて仲が良かったりするんです。栗原(務)くんとはよく飲みに行くし、正人さんとはイベントでご一緒させていただいたりして。「次のソロでどなたかとご一緒できる機会があったら、是非CREATURESさんにお願いしたい」と思っていたので、やっと思いが実りました。

――鈴木さんには、どんなリクエストをされたんですか?

キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE 2018」に出させていただいたときに、「持田さんのことは知ってるけど、どういう音楽をやってるんだろうね?」というお客さんの雰囲気を感じて、元の曲を知らなくても、聴いていて心地良い曲がソロにも欲しいなあと思ったんです。「Time goes by」のアレンジを変えたバージョンを歌うと盛り上がってくれて、すごく嬉しかったんですけどね。それで、正人さんには「音楽そのものとして気持ちのいいものを作りたい」という話をしました。

――前アルバム「manu a manu」では持田さんが作詞作曲を担当されていましたが、「てんとてん」は全5曲のうち、持田さんが作詞をされたのは3曲。曲はすべて別の方が書かれていますね。

本当は、全部の作詞作曲を正人さんや皆さんにお任せしたかったんです。せっかくのソロですし、「歌い手として自分がどう料理されるか」を試してみたかったんですけど、時間的な問題もあって3曲は自分で作詞をしました。

作曲に関しては、私は楽器が弾けないので、メロディで曲を作ってしまうんですよ。そうすると、歌の印象が強い曲になってしまうし、構成が決まってくるんですよね。でも、人に作ってもらうと隙間がいっぱいあって、その曲を知らなくてもグルーヴで聴ける音楽になるんですよ。たとえば「てんとてん」でいうと、メロディの中にリズムがあって、たまに歌って……という感じがすごく気持ちいいんです。今回はそういう曲がたくさんあるといいなあと思っていたので、曲はすべて書いていただきました。

――今回のアルバム制作はいかがでしたか?

会議室とかで真面目に打ち合わせするのは堅苦しいので、正人さんや栗原くんとご飯を食べながら、いろんな話をしました。焼き鳥屋さんでなんてことない話をしていたら、有線で80年代の曲が流れてきて、「こういう曲は?」「これめちゃくちゃカッコいい」とか(笑)。そういう時間がすごく大事でしたし、その楽しさをアルバムに織り込むことができたんじゃないかと思います。

――ソロ10周年の集大成というより、持田さんの歌の新たな魅力を感じられて、すごくワクワクするアルバムでした。

ソロ集大成なんて全く思ってなかったですね(笑)。むしろ「ここからスタート」というぐらい、新しい気持ちで作りました。今は作り手が本当に「面白い」という気持ちを持っていないとバレてしまう時代なんじゃないかと思うんですが、心から「楽しい」「これがやりたい」と思いながら制作したので、それが伝わるといいなぁと思います。

――改めて、どんなアルバムができたと思いますか?

5曲それぞれが表情豊かな曲なので、本当に聴き応えのあるアルバムになったと思います。プロモーションでいくつかラジオに出させていただいたんですけど、ラジオから聴こえてきたら、すごく気分がいいだろうなぁと思って。ドライブ・ミュージックにもぴったりだと思います。

タイトルとURLをコピーしました