King Gnu ロングヒットALBUM「Sympa」収録のバラード 『The hole』のMUSIC VIDEOに俳優・清水尋也が主演!!

スポンサーリンク

King Gnu

King Gnuが1月16日にリリースしたメジャー1st ALBUM「Sympa」がロングヒットを続ける中、アルバムのラストに収録されているバラード「The hole」のMUSIC VIDEOが公開された。

今作の監督には映画監督の内山拓也を迎え、プロデュースはKing Gnuの盟友クリエイティブレーベル“PERIMETRON”が担当。

楽曲の歌詞と曲のトーンからイメージした、揺れ動く男女の恋模様を走馬灯のように巡る物語が描かれている。

主演には若手俳優・清水尋也を迎え、相手役を女優の夏子、モデルの神庭昇平が演じている。

監督:内山拓也 コメント

「Sympa」リリース前に(常田)大希からThe holeを聴かせてもらった時、今までとは一味違う骨太なバラードで、King Gnuはまた新たな地平を渡ろうとしているんだ、と思いました。今回のMVは、人が恋をしていると実感できる、様々な”その瞬間”を捉えようと、最初に曲から受けた直感的なイメージを大事にしながら物語りを紡ぎました。実現に当たり、見事に応えてくれた役者の”いい顔”を是非観て下さい。

内山拓也 プロフィール

1992年5月30日生まれ。新潟県出身。

高校卒業後、文化服装学院に入学。在学当時からスタイリストとして活動するが、経験過程で映画に没頭し、学院卒業後スタイリスト業を辞する。その後、監督:中野量太(「湯を沸かすほどの熱い愛」など)を師事。23歳で初監督作「ヴァニタス」を制作。同作品で初の長編にしてPFFアワード2016観客賞を受賞。近年は、中編映画「青い、森」を監督。

清水尋也プロフィール

1999 年 6 月 9 日生まれ、身長 186cm
映画『渇き。』(中島哲也監督)、『ソロモンの偽証 前編・事件/後編・裁判』(成島出監督)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(瀬々敬久監督)、『ちはやふる 上の句・下の句・結び』 (小泉徳宏監督)、など多数の話題作に出演。
2018年、ドラマ『インベスターZ』(TX系列)にて初の連続ドラマ主演を果たす。
その他、近作にドラマ『anone』(NTV系列)、『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』(TX系列)、映画『ミスミソウ』(内藤瑛亮監督)、ドラマ『チア☆ダン』(TBS系列)、映画『3D彼女 リアルガール』(英勉監督)等に出演。
待機作に映画『貞子』(中田秀夫監督/2019年5月24日(金)公開)、『パラレルワールド・ラブストーリー』(森義隆監督/2019年5月31日(金)公開)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』(山戸結希監督/2019年6月28日(金)公開)、『甘いお酒でうがい』(大九明子監督/2020年公開予定)等がある。

Processed with RNI Films. Preset 'Agfa Optima 200'

タイトルとURLをコピーしました