吉本坂46が2ndシングル『今夜はええやん』発売記念イベントを道頓堀「BAR MEMENT MORI」で開催!

吉本坂46が2019年5月8日(水)にリリースした2ndシングル『今夜はええやん』が、オリコンデイリーチャート2位にランクインと話題の中、その発売を記念したリリースイベントが5月11日(土)に、大阪・道頓堀の「BAR MEMENT MORI」にて行われた。

「BAR MEMENT MORI」は『今夜はええやん』のMVのコンセプトである架空のBAR「MEMENT MORI」(メメント モリ)をモチーフに、期間限定でリアル店舗で再現したもの。

その特別な会場に、 MVと同じメイク、衣装に身を包んだ吉本坂46の選抜メンバーが現れるという貴重なイベントということもあり、会場は超満員となった。

選抜の参加メンバーはエハラマサヒロ、遠藤章造、大地洋輔、尾形貴弘、河本準一、まひる、よしこの7名。会場に現れると大歓声に包まれた。

トークショーではMVの裏話も披露。

エハラは今作のMVが好きすぎて既に100回以上観ており、観るたびに新たな発見や解釈の仕方があることを熱弁。

他にも細かい動きのフリ1つ1つに歌詞とリンクした意味が隠されていたり、鍵が開くシーンの前後で世界観が一気に加速していくなど、思わず何度も繰り返し観てしまいたくなるような仕掛けになっていることがよくわかる内容であった。

今回のシングルでは、この選抜ユニットの他、前作MVの再生回数が200万回超えの【RED】、個性的なメンバーが集まった【スイートMONSTER】の3つのユニットが売上を競い、

最も売上の多かったユニットが、次のシングルの表題曲を任されるという企画を行っている。

イベント当日も、【RED】は西宮で超満員のミニライブ、選抜と【スイートMONSTER】は、道頓堀で稼働を別々の時間で行うなど、熾烈な競争が繰り広げられていた。

イベントのトーク中でも互いのチームの楽曲の感想を語りながらも、個々で行う宣伝活動のバラエティの多様性にも注目が集まった。

サバンナ八木(スイートMONSTER)による手作り号外の配布や、小寺真理(RED)による連日のSHOWROOM配信など、高いレベルでの三つ巴戦が更に激化していくことにも期待したい。

タイトルとURLをコピーしました