玉森裕太主演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の世界が変わりまくるスペシャルトレーラーが解禁!

スポンサーリンク

累計発行部数140万部を超える東野圭吾のベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」。これまで映像化不可能と言われ続けた本作が、映画主演4年ぶりとなる玉森裕太を迎えて遂に映画化、5月31日(金)より全国公開となる。

©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会©東野圭吾/講談社
©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会©東野圭吾/講談社

この度、主題歌である宇多田ヒカルの「嫉妬されるべき人生」にあわせ、世界が変わりまくるスペシャルトレーラーが解禁された。

本作は、目が覚めるたびに変わる2つの世界<パラレルワールド>に迷い込んでしまった崇史(玉森裕太)が真実の世界を追い求めて謎に挑む、頭フル回転ミステリー。森義隆監督が熱望してオファーしたという主題歌は、宇多田ヒカルが2018年に発表したアルバム「初恋」のラストに収録されている「嫉妬されるべき人生」。愛の真実が明かされる映画のエンディングを彩ります。

今回解禁された映像は、主題歌のサビにあわせ、崇史(玉森裕太)が「愛する麻由子(吉岡里帆)が自分の恋人」と「麻由子が親友・智彦(染谷将太)の恋人」の2つの世界に迷い込み、真実を追い求める姿が描かれます。はたして真実の世界はどっちなのか?監督がラストシーンに込めた想いに共鳴した主題歌と本編同様に世界が変わりまくる映像展開は、本作への期待がますます高まる、まさに<スペシャル>なトレーラーに仕上がっている。

映画「パラレルワールド・ラブストーリー」は5月31日 (金) 全国ロードショー!

タイトルとURLをコピーしました