NHK連続テレビ小説「なつぞら」 柴田家を陰で動かしているのは夕見子の言葉?

スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」で、福地桃子演じる夕見子の言葉が陰で柴田家を少しずつ動かしている。

柴田家の長女・夕見子(福地桃子)は甘やかされて育ち、他の人が躊躇するようなことでも自分が正しいと信じることはズバっと言う性格。本日の放送回では、
兄の咲太郎(岡田将生)を探しに新宿に来て、美人マダム(比嘉愛未)から川村屋の下宿で寝る準備をしながら、富士子(松嶋菜々子)は札幌の北大を目指しているを夕見子が放った「土地に縛るのは、なつだけにして」という言葉について話し、「いざという時には、私のことは無理に母親だと思わなくていいからね、おばさんだと思えばいいのよ」となつを気遣って言葉をかけた。すると、「どして、そんなこと言うの。私をお兄ちゃんに返そうとしたの?やだ…私から母さんを取らないで」となつは泣きながら富士子の胸に寄り添い、富士子は「そんなつもりで言ったんじゃないんだよ」と互いに涙し、親子の絆をより深めた。

自分の放った言葉がなつと富士子にそんな影響を与えているとは知らない夕見子は北海道で、雪次郎がいる雪月から珍しく上機嫌で泰樹(草刈正雄)が大好きなシュークリームのお土産を持って帰ってくる(何故か数が足りないが…)。徐々に天真爛漫な夕見子のキャラクターにも変化が表れてきており、今後の動きにも注目だ。

©NHK ©NHK

©NHK

福地桃子プロフィール
1997年生まれ、東京都出身。
2016年女優デビュー。おもな出演作に、映画『あまのがわ』『あの日のオルガン』(ともに’19年)、テレビドラマ『チア☆ダン』(TBS系)『あなたには帰る家がある』(TBS系)など。

■公式HP:https://www.lespros.co.jp/artists/momoko-fukuchi/
■公式Instagram:https://www.instagram.com/lespros_momo/

タイトルとURLをコピーしました