令和の新時代に真のライブエンターテイメント、爆誕! Zepp VR会場・Zepp DiverCity(TOKYO)全国21都市35劇場の映画館が熱狂の渦に!

スポンサーリンク

2017年12月9日にYouTubeデビューして以来、破壊的かつユーモア溢れるトークとナチュラルボーンでチャーミングなキャラクターを武器に、凄まじい勢いで人気を集めているバーチャルユーチューバー、輝夜 月(カグヤ ルナ/Kaguya Luna)。Youtube登録者数95万人(2019年5月現在)、4月1日に配信された輝夜 月3rdソング「NEW ERA」はiTunesオルタナティブジャンル2位、moraシングル(単曲)3位、他チャート上位。更に3月14日に公開された日清食品焼そばU.F.O.のTVCMはYouTube350万再生、急上昇ランク一位を獲得。そんな輝夜 月による自身2度目となるVR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@ZeppVR2」が5月1日開催された。

VRチケットは即日完売。爆音&応援上映を可能としたライブ・ビューイング スペシャル会場のZepp DiverCity(TOKYO)、更に全国21都市35劇場の映画館で前回の規模を上回るライブ・ビューイングが行われ、熱狂の渦へを巻き込み、Twitterではトレンド1位を獲得した。

「輝夜 月 LIVE@ZeppVR2」では若者の未来の芽を摘み、自分たちの居心地の良い世界を作ろう とする「LOW GUYS」と呼ばれる悪者が登場。そんな「LOW GUYS」に負けずに輝夜月と共に新しい未来を見に行こう!というストーリーが展開された。ライブはVR空間をフル活用したライブ構成になっており、ステージや衣装が次々に変わる演出にZepp DiverCityでは毎回大きな歓声が起こっていた。

そしてライブでは新曲「Dance with Cinderella!」が披露。今回は一緒に踊れるような元気なダンスナンバーに仕上がっている。その後もアトラクションの様なライブは続き、最後に「NEW ERA」を元気に歌いきり、会場全体を笑顔にしたライブは幕を閉じました。

平成にデビューした輝夜月の新元号「令和」での様々な活躍にもご注目ください!

今回VR空間でライブを視聴された漫画家 秋本治先生とニッポン放送アナウンサー 吉田尚記さんに今回のライブのコメントをいただきました。

■秋本治先生

今までのとは違った新しいライブで感動しました。今ここにいるみんなが仲間になったような感覚がすごかったです。ライブ自体にお約束がないから、この自由度の中であの一体感がだせるのは素晴らしいと思いました。

あと月ちゃんの喋りがすごい! かわいかった!

月ちゃんが「握手!」といって会場に降りてきたときに一気にファンが集まる様子もすごかったです。そんな臨場感に感動しました。

■吉田尚記さん

これは「現実のライブの再現」じゃないです!

現実のライブは、VRライブへの発展途上だったんです!

昔のカメラって撮影してから一週間くらいかけて現像しなきゃ見れなかったじゃないですか。

それは「写真」という体験としては不完全で、本当は、シャッターを押した瞬間に画像を見たかったはずだけど、技術的にできなかった。

そこにデジカメが登場して、撮影した瞬間に画像を見られるようになって、「写真」は大きく拡張されましたよね。

それと同じで「ライブ」もみんなこれが見たかったはずです!

VRライブは、距離にも、会場にも、他のお客さんにも、物理法則にも、何にも縛られてないじゃないですか。

ライブ中に好き勝手に暴れて、でも怪我せず、他人に迷惑をかけもかけられもせずに、自由に見たいじゃないですか!

それはアーティストも同じ!

今回のVRライブは物理現象よりも、人間の気持ちが優先されてます!

間違いなくライブが、「拡張」されてますよ!

もう、新時代が来た感じ、半端ないです。

なんなら次回、演出やらせてください!!

Photo by 伊藤 愛

タイトルとURLをコピーしました