2008年3月1日の劇場デビューから約11年 指原莉乃卒業コンサートに3万800名のファンが集結!

2008年3⽉1⽇にAKB48の5期研究⽣として劇場デビューを飾り、同年8⽉にチームBに昇格。2012年6⽉にHKT48に移籍し、翌2013年には<AKB48 32ndシングル 選抜総選挙>で初の1位に。2015年から2018年にかけて開催されたAKB48選抜総選挙では初の三連覇を果たし、姉妹グループのSTU48やHKT48劇場⽀配⼈を兼務しながらグループの顔として活動してきた指原莉乃。昨年12⽉15⽇(⼟)にTOKYO DOME CITY HALLで開催したHKT48コンサートでの衝撃の卒業発表から4か⽉が経ち、本⽇、横浜スタジアムに集結した3万800名のファンとメンバーに⾒送られ、HKT48、そしてAKB48グループからの卒業コンサートを行った。

渡辺⿇友のナレーションとともに、アイドルに憧れ、そしてアイドルの道に進んだ少⼥の姿が映し出され、セットリストはもちろん、演出も指原⾃⾝が考案した卒業コンサートが幕を開けました。卒業ということで⽻織袴姿で登場した指原は、「今⽇はみんなで伝説作りましょう!」と絶叫。同じく⽻織袴姿のHKT48メンバーたちと、⾃⾝が総選挙3連覇を果たした楽曲<#好きなんだ>で1曲⽬を飾りました。

指原は早速、トロッコに乗り込み会場を移動しながら、会場に集まったファン全体に⼤きく⼿を振りながら笑顔を振りまいていました。その後も、HKT48のデビューシングル<スキ!スキ!スキップ!>やAKB48としてのラストシングル<ジワるDAYS>などアップテンポナンバーを続けて披露。モニターにこれまでのHKT48コンサートやイベントでの指原の名場⾯も流れ、観客席にファンからのご厚意で「WE❤RINO」の⽂字が作られるなど、スタートからステージと会場が⼀体となって⼤盛り上がりとなりました。

ユニットパートでは、松岡はなとの<初恋ヒルズ>、研究⽣との<君のことが好きやけん>など、指原がHKT48メンバーとともに披露する楽曲が続きました。そんな中、<Choose me !>では仲良しのAKB48峯岸みなみや同期の宮崎美穂に加えて卒業⽣の北原⾥英が、<LOVE TRIP>ではAKB48の向井地美⾳やSKE48の松井珠理奈が、<ハロウィン・ナイト>ではAKB48の⽮作萌夏らが、それぞれゲストとして登場し会場を沸かせました。⾐装の早替えを交えながらの怒涛の連続パフォーマンスを決めた指原でしたが、峯岸から「今⽇はウインクが多い!」と予想外のツッコミをされ、照れ笑いする場⾯もありました。

まさに⼣暮れ時となった際に歌われた<⼣陽を⾒ているか?>では、これまで笑顔で通してきた指原が、ついに涙をこぼす場⾯も。その指原を労わるように、HKT48の1期⽣や、姉妹グループに移籍した中⻄智代梨・⾕真理佳、そして同じくAKB48から移籍しHKT48で活動を共にした卒業⽣の多⽥愛佳たちが取り囲みともに歌唱しました。また、現在、IZ*ONE(アイズワン)として活動をしている宮脇咲良も映像で登場し、「さっしーと過ごしたこの4年間は全て宝物です。さっしーの意思を引き継いでいきたい。⼤好きです(⼀部抜粋)」と、ステージの指原に語りかけました。

コンサート中盤にもゲストが続々登場。<炎上路線>では柏⽊由紀と、<アボガドじゃね〜し…>では、「なんでも許されるような特別な存在です」と指原との仲を語り、卒業以来初の48関連のステージ登場となった渡辺⿇友とパフォーマンス。また、<君の名は希望>では、宮脇と同じくIZ*ONEとして活動する⽮吹奈⼦との映像で共演を果たしました。そして“内⽥裕也feat.指原莉乃“として2014年にリリースされた<シェキナベイベー>では、モニターに映る内⽥裕也さんと共演している最中に、現実のステージにも内⽥裕也さんが登場…と思いきや、内⽥裕也さんに扮したダウンタウン・松本⼈志さんがサプライズ登場。指原と軽妙なやりとりをした後にはデュエットも披露し、「⾼くつくからな!」との⾔葉を残し、どよめく会場を後にしていきました。

終盤では、<私だってアイドル!><Get you!>など⾃⾝のソロ楽曲はもちろん、<メロンジュース><最⾼かよ>などHKT48のシングル曲を披露。そして本編ラスト1曲となった際には、「みんなが悲しいっていうから…」と指原が切り出し、HKT48メンバーとファンの皆さんへ最後の贈り物として、全て指原書き下ろしによるHKT48劇場新公演「いま、⽉は満ちる」公演を発表。これには、会場から「ありがとう!」という声も起こり、メンバーも寂しさと嬉しさの混ざった涙を流しながら、指原に感謝。しかし、実はまだ1曲しか書いていないことも正直に告⽩。⼀転して笑いが起こる中、「すぐに書くから。みんなで作り上げていってください。頑張ってね」と、茶⽬っ気を⾒せながらメンバーへのエールを送りました。さらに、特に⼼配しているという村重杏奈の芸能事務所TWIN PLANETへの所属が決まったことも発表。村重は「今までたくさん迷惑をかけたのに、最後の最後までありがとう」と涙で応えました。本編のラストとなった<今 君を想う>では卒業⽣や移籍したメンバーも含め、HKT48全メンバーがステージに登場し、しっとりと歌い上げました。

AKB48劇場でお披露⽬、HKT48への移籍、HKT48劇場⽀配⼈就任、AKB48選抜総選挙での1位…指原の波乱万丈の11年間の軌跡映像が流れアンコールへ。純⽩のドレス姿をまといステージに1⼈⽴った指原は、スタッフへの感謝の気持ちやメンバーへのメッセージ、そしてファンとの約束を⼀⾔⼀⾔確かめるように丁寧に伝えていきました。卒業ソング<いつだってそばにいる>では、⾃⾝も瞳を潤ませながらも、涙するメンバーたちに優しく語りかけたり抱きよせる指原の姿がありました。ラストは、本⽇ゲストして参加した姉妹グループメンバーや卒業⽣も再登場し、全78名で総選挙初の1位に輝きAKB48の代表曲となった<恋するフォーチュンクッキー>などを、アイドル⼈⽣の集⼤成として披露。そして、ラスト曲<桜、みんなで⾷べた>とともに卒業を祝福する花⽕が打ち上がり、りのちゃんコールが会場を包む中、指原はステージ上部の王冠へと上がっていき、「私この景⾊を⼀⽣忘れません!みんなのことが⼤好き!」と最後まで感謝の⾔葉を伝えて、約11年に渡り駆け抜けたアイドル活動に幕を閉じました。

【指原莉乃コメント(※アンコール明けの挨拶⼀部抜粋)】

メンバーのみんな、仲良くしてくれてありがとう。何より⼤切な宝物です。みんなに出会えてよかったです。優しくて強い⼥性になってください。みんななら、ファンの皆さんに必ず幸せを与え続けられるって信じています。おバカさんばかりで、でも正直で嘘をつけない⼀⽣懸命なみんなのことが⼤好きです。みんなの幸せを何よりも願っています。⾟いことがあったとき、嬉しいことがあったとき、いつでも連絡してね。

最後はファンの皆さん。11年間、アイドル莉乃ちゃんでいさせてくれて本当にありがとう。みんななら分かってくれるはずと優しいみんなに⽢えて、感謝の⾔葉も正直な気持ちも伝えるのが苦⼿で本当にごめんなさい。どんな時も守ってくれて本当にありがとう。

ここからは、アイドル指原莉乃とファンとの最後の約束です。みんなが将来、指原を応援していたと⾔っても恥ずかしくない⼈間でいます。

ちゃんと幸せでいます。だからみんなも幸せでいてね。私は11年間、本当に幸せでした。アイドルになったことを後悔した⽇は⼀度もありません。イヤで辞めたいと思ったこともありません。私は“アイドル“という仕事が⼤好きでした。みんなのことも⼤好きです。本当にありがとう。

©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

次のページにも写真有り

タイトルとURLをコピーしました