7月クールドラマ「偽装不倫」杏が恋する年下イケメンに宮沢氷魚が大抜擢!「最近までドッキリかと」

スポンサーリンク

「MEN’S NON-NO」の専属モデルで、ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日)や「映画 賭ケグルイ」などで注目の若手俳優・宮沢氷魚が、2019年7月スタートの新水曜ドラマ「偽装不倫」で、杏演じる主人公・濱鐘子(はま・しょうこ)が恋に落ちる年下のイケメンカメラマン・伴野丈(ばんの・じょう)役に大抜擢。ミステリアスで"ある秘密"を抱えた重要な役に挑むことが決定した。

本作は「東京タラレバ娘」などで知られる、東村アキコの新作漫画「偽装不倫」の実写化。恋愛らしい恋愛をしたこともないまま、気がつけば「アラサー」「パラサイトシングル」「婚約疲れした派遣社員」などと、不名誉なタグが全身に貼り付いてしまった「おひとり様女子」の鐘子が一人旅の中で出会った年下のイケメン・丈にとっさに既婚者だと嘘をついたことから始まるコメディタッチのラブストーリー。

人気漫画の実写化に大抜擢された宮沢は「え、嘘!そんな大役、本当に僕ですか…?と。正直、最近までドッキリではないかと思っていました」と驚きを隠せない様子。「実は僕自身、ずっと年上の女性と付き合ってみたいと思ってきたので、ドラマの中ですがその夢が叶うのが嬉しいです」と明かし「『偽装不倫』は間違いなく、自分の今後の役者人生を左右する大事な作品。覚悟をもって挑むつもりです」と意気込みを語っている。

ドラマ「コウノドリ」(TBS)で鮮烈に俳優デビューを果たし、翌年上演の舞台「BOAT」で初舞台にして初主演を務めるなど、今、若手俳優の中で最も注目を集める宮沢氷魚。原作者の東村アキコは「宮沢氷魚さんは、私も是非にと激推しした若手俳優さんです。不思議な透明感が必要なキャラだと思いますので、演じられる人は彼しかいないと思います!」と太鼓判を押している。令和時代最初の大ブレイク俳優は宮沢氷魚となるか!?注目を集めそうだ。

次ページに本人コメント有り

タイトルとURLをコピーしました