竜星涼 ドラマ『都立水商!~令和~』は新しい時代にピッタリの新しい学園モノ!

5月よりスタートする新ドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/TBSドラマイムズ)の制作発表会舞台挨拶イベントが22日に東京にて行われ、主演を務める竜星涼と、共演の松井玲奈、恒松祐理、瀬戸利樹、伊藤萌々香、大原優乃、飯窪春菜、小野寺晃良、バンダリ亜砂也と、メガホンを取った山本透監督が登壇。撮影の様子やストーリー、テーマに対する印象などを語った。

本作の元となった作品は、作家・室積光の小説『都立水商!』。2001年に年に発表され発行部数250万部超を超えた人気作品で、後に漫画、ドラマにもなった。今作は以前の作品から設定を一新、舞台を現在に移し近年の風俗事情などもふんだんに盛り込まれた作品となっている。ストーリーは、日本初の水商売専門教育を行う「東京都立水商業高等学校」、略して「都立水商」に赴任してきた一人の新米教師が、水商売を教えるという使命に戸惑いを見せながらも、生徒に寄り添いつつ困難に立ち向かい、ともに成長していく様を描く。

竜星は、水商の実態を知らないまま赴任する歴史の教師・石綿直樹役、松井は銀座から六本木まで、数々の名店でナンバーワンを獲得してきた元カリスマキャバ嬢で、キャバクラ科実習教師の乾千花役を担当する。キャストにはほかに升毅、濱津隆之、永尾まりや、堀田茜らが名を連ねている。

■「先生」という職業に戸惑いながらも、新鮮な世界に刺激を受けた竜星涼、松井玲奈

初めに、教師役を演じる竜星、松井がその感想をたずねられると、竜星は「(学生役として)制服姿を求められればやるけど、教師役をやらせてもらうのは目標でして」とコメント。これまでも教師役はあったが、以前出演したドラマでは、生徒が全員竜星より年上という変わった設定であったことを振り返りながら、いよいよという気持ちで出演に臨んだことを回想する。

しかし台本を読み進めていくうちに、普通の高校だと思ったら「水商売を教える高校」という事実が判明し「なかなか普通の学校には就職させてもらえないんだなあ、と…」と、一風変わった設定に戸惑った様子。それでも「読み進めていくうちに、そこから学ぶこともたくさんあって、これぞ熱い“学園ドラマ”という内容だったので、そこを若いフレッシュな生徒たちの皆さんと一緒に作り上げていけたかなと思います」と壁を乗り越えた撮影を振り返る。

一方「人前に立ってしゃべるというのは、わりと馴れているほうだと思った」と語る松井だが、あまり教師役をやり馴れていないところもあり「いざ先生となって教壇に立つと、プレッシャーが全然違うのだなと思いました。説明をするセリフも多かったので、毎日日必死に間違えないようにセリフを覚えて行ってました」と、大きな苦労があったことを振り返る。

他方でキャバクラやホストクラブといった、自分にとって非日常的な世界に「自分の知らない世界の中のシステムを知ることができて楽しかったので、緊張感もありつつ楽しみながら授業をしていました」と、新鮮さを感じたようだ。ただ実習シーンなどで出てくる言葉には「ほぼ初めてで、多分これからは言わないかもしれないなという言葉もたくさんあったかと思います」などとコメントし、笑いを誘っていた。

タイトルとURLをコピーしました