NGT48 チーム NIII「誇りの丘」、チーム G「逆上がり」が千秋楽

48グループ アイドル ニュース ライブアイドル

©AKS

●早川NGT48劇場⽀配⼈挨拶(各公演前・⼀部抜粋)

2015 年の結成以来、温かい応援・ご声援をたまわりました、ファンの皆様、新潟県の皆様におきましては、今回の件、およびその後の運営の対応の不備により、信頼を⼤きく裏切る形となりましたことを、⼼よりお詫び申し上げます。⼤変申し訳ございませんでした。

今回の件の発⽣の原因でもありました、運営体制の不備、セキュリティの不備、メンバーとのコミュニケーション不⾜などの改善につきましては、⽇々取り組んでおり、NGT48 が皆様からもう⼀度愛される存在になれるように、引き続き向き合って参りますので、どうか⾒守っていただけますと幸いです。

そして、このような急な形で、チーム公演の千秋楽を⾏いますことをあらためて深くお詫び申し上げます。

私は⽀配⼈に就任してから、チームとして活動するメンバーを⾒る機会が今までありませんでしたが、今回の千秋楽に向けて、チームとして楽しそうにしているメンバーを⾒て、チームの良さを改めて感じました。でも今は、チームとしての活動よりも、皆様に⼼から応援していただける NGT48 になるために、やらなければいけないことがたくさんあると思います。それには多くの時間が必要だと考えております。その第⼀歩としてチーム制度をやめ、「NGT48 ⼀期⽣」と「NGT48 研究⽣」として、気持ちを新たに、再スタートに向けた準備を整えたいと考えております。

チーム NIII、チーム G を応援してくださった皆様や、チーム NIII、チーム G のことが⼤好きで、⼤切に思っていたメンバーには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、どうかご理解の程よろしくお願い申し上げます。私はまだ、劇場⽀配⼈として未熟なことは痛感しておりますが、メンバー、スタッフとともに、⼀歩づつ前に進んでいけたらと思っておりますので、温かい⽬で⾒守っていただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました