米津玄師 平成を締めくくる大偉業達成!「Lemon」が驚異の“300万セールス”を突破!

数々の記録を更新し続ける米津玄師が平成を締めくくる4月にまた新たな偉業を達成した。

2018年各主要ランキングを総なめにした、米津玄師『Lemon』。

2018年3月14日にリリースされたシングルは53万セールスを突破し、2月12日より配信開始したデジタルダウンロードの249万DLと合わせて合計302万、トリプルミリオンセールスを記録した。(2019年4月8付、ビルボードジャパン調べ)

平成生まれのアーティストとしては、「史上初」のトリプルミリオンセールスとなり、ビルボードジャパンが2008年に総合チャート「JAPAN HOT 100」を発表開始して以降、サザンオールスターズ「TSUNAMI」、SMAP「世界に一つだけの花」に次ぐ3作品目のトリプルミリオンセールスとなる。さらに、ビルボードジャパンがダウンロードデータを集計開始した2010年以降にリリースされた作品としては初となるトリプルミリオンセールスを記録。歴代の名曲と並び、平成を締めくくる大偉業の達成となった。

TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろした楽曲「Lemon」は、配信初週で23.6万DLを記録し、各主要配信サイトでデイリーランキング1位獲得・21冠、ウィークリーランキング1位獲得・13冠を達成。2019年1月に、日本レコード協会「史上最速」、オリコンデジタル 「史上初」の200万DL認定を受けた。

今現在YouTubeで公開している『Lemon』MVは3.5億回再生を記録。1億回再生超えの動画数は7作品と日本最多を記録し、総合計再生回数は18億回再生を突破、YouTube公式チャンネル登録者数は350万人に到達と今もなお記録更新中。

また、オフィシャルTwitterのフォロワー数は「200万人」を超え、今まさに日本を代表するアーティストである。

『Lemon』は2018年2月リリース以降1年を通して世代を越え幅広いユーザーから大きな支持を獲得。さらに『第69回NHK紅白歌合戦』でのテレビ初歌唱の大反響を受け、国民的アーティストとして確固たる人気を築いている。

また、CDセールスのみならず、デジタルダウンロード数と合算でのトリプルミリオン達成となり、CDセールス中心であった平成の音楽史に今までにない新たな記録の形を提示する偉業達成となった。

日々、目まぐるしく変わる音楽シーンにおいて「♪今でもあなたはわたしの光」と歌う米津玄師。平成だけでなく、新しくはじまる新時代でも音楽シーンの未来を照らす”わたしたちの光”として、多くの驚きをもたらしてくれるだろう米津玄師のこれからに、注目してもらいたい。

米津玄師

photo by Jiro Konami

■米津玄師 SINGLE「Lemon」商品情報


発売日:2018年3月14日(水)
レモン盤(初回限定):CD+レターセット ¥2,000+税 / SRCL-9745~9746
映像盤(初回限定):CD+DVD ¥1,900+税 / SRCL-9747~9748
通常盤:CD only ¥1,200+税 / SRCL-9749

<Digital>
【iTunes】https://itunes.apple.com/jp/album/id1354291125?at=10lpgB&ct=4547366354904_al&app=itunes
【レコチョク】http://recochoku.com/s0/kenshiyonezu-lemon-disc/
【mora】http://mora.jp/package/43000001/4547366354904/

<収録内容>
-CD-(全形態共通)
1.Lemon
2.クランベリーとパンケーキ
3.Paper Flower

-DVD- (「映像盤(初回限定)」のみに収録)
[ LIVE I 米津玄師 2018 LIVE / Fogbound 2018.01.10 日本武道館]
砂の惑星 / 春雷 / LOSER / ゴーゴー幽霊船 / 爱丽丝 / ピースサイン / 打上花火 /灰色と青(+菅田将暉)
[ Music Video ]
春雷 / 灰色と青(+菅田将暉)

■最新リリース情報
米津玄師 New Single 『Flamingo / TEENAGE RIOT』
発売日:2018年10月31日(水)
フラミンゴ盤(初回限定):CD+おまけDVD+スマホリング ¥1,900+税 / SRCL-9959~9961
ティーンエイジ盤(初回限定):CD+サイコロ ¥1,600+税 / SRCL-9962~9963
<収録内容>
-CD-(全形態共通)
1. Flamingo
2. TEENAGE RIOT
3. ごめんね

■米津玄師 配信サイト
https://smet.lnk.to/flamingo

■米津玄師 公式twitter URL
https://twitter.com/hachi_08

■プロフィール
【米津玄師 ヨネヅケンシ】
ハチ名義でボカロシーンを席巻し、2012年本名の米津玄師としての活動を開始。
その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞受賞した。
2016年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年企画 “やり過ぎ” コラボ、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」公式イメージソング、佐藤健・有村架純らが主演の映画「何者」の主題歌を中田ヤスタカ×米津玄師として初のコラボレーション作品として発表したりと、多岐にわたる才能を披露した。同年9月に発売したシングル「LOSER / ナンバーナイン」はオリコン週間シングルランキング自身最高の2位を記録。

2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テdーマソングとして、ハチ名義の「砂の惑星」を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。また、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌をプロデュースし、「打上花火」DAOKO×米津玄師として発表した。11月には4枚目のアルバム「BOOTLEG」を発表し、オリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。

2018年1月からはTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として「Lemon」を書き下ろし“ミリオン”セールスを記録。「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。日本レコード協会にて「史上最速」の200万DL認定など音楽史に残る記録を残している。8月には「<NHK>2020応援ソング」として、小学生ユニットFoorinがうたう「パプリカ」を発表。10/31には「Flamingo / TEENAGE RIOT」をリリース。表題曲の1つ「Flamingo」Music VideoはYouTube公開から3時間で100万再生突破、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。

「Lemon」は発表後、1年を通してその支持が拡大し続け、2018年各主要年間チャートを総なめにし、MV3.5億再生を突破、配信260万 DLを突破と、年度を象徴する楽曲となった。昨年末には紅白歌合戦に初出場、初のテレビでの歌唱が話題を呼び現在も大きな支持を受けている。

またミュージックビデオ『Lemon』『アイネクライネ』『LOSER』『ピースサイン』『灰色と青(+菅田将暉)』『orion』という新作旧作が立て続けにYouTubeでの再生回数1億を超え、2017年に発表し1億再生突破している『打上花火』含め、7作品が1億越えを達成。公式YouTubeチャンネル登録者数は350万人を突破している。

2019年1月19日より全国で自身初のアリーナツアー 『米津玄師2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』をスタートし17万人以上を熱狂させた。そして3/19には初の海外公演を上海・台北にて敢行し、大きな声援と反響のなか大成功をおさめた。

■オフィシャルHP
http://reissuerecords.net/

タイトルとURLをコピーしました