アップアップガールズ(2)つんく♂プロデュース三部作第3弾「We are Winner!」を初お披露目!


3月23日、アイドルグループ、アップアップガールズ(2)(以降アプガ(2))が、東京・マイナビBLITZ赤坂でワンマンライブ『アップアップガールズ(2) #アプガ2セカンド #スターティングオーバー』を開催した。本公演では、アプガ(2)新メンバーオーディションに合格した新メンバー、森永新菜、島崎友莉亜、新倉愛海の3名が加わった新体制での初パフォーマンスが行われ、4月2日に発売されるニューシングル、つんく♂サウンドプロデュースの新曲「We are Winner!」と「スターティングオーバー」が初披露された。さらにサプライズで、全国5都市を回るワンマンツアー『アップアップガールズ(2) ライブツアー2019 アオイハル アツイナツ』が6月から7月にかけて開催されることが発表された。

アプガ(2)のライブ前には、妹グループの応援に駆けつけたアップアップガールズ(仮)がスペシャルアクトで登場。「愛愛ファイヤー!!」「FOREVER YOUNG」を披露し、会場の熱を高めた。

多くのファンが詰めかけ満員となった会場に、高萩千夏、吉川茉優、鍛治島彩、橋村理子、中川千尋、佐々木ほのかの既存メンバー6人がステージに登場。高萩の「マイナビBLITZ赤坂、遂に来たぞー! 盛り上がる準備はいいかー!!」の声から、「OVER DRIVE」で勢いたっぷりにライブはスタート。橋村がデザインした華やかな新衣装を着たメンバーは、クールなミディアムチューン「かかって来なさい」、ハードな「エンジェル演じて20年」「っていう初恋のお約束」と立て続けにパフォーマンスし、会場のテンションをグングン上昇させる。

MCコーナーで、いよいよ新メンバー3人がステージに登場。森永新菜、島崎友莉亜、新倉愛海の3人は、自己紹介とこれからの思いを語っていく。森永は「私の人生初めてのステージが、こんな大きいところでいいのか緊張や不安があったんですけど、それを吹き飛ばすくらいの笑顔でがんばります」、島崎は「今、ここに立てているのは、自分ひとりだけの力じゃないとすごく感じています。これからも初心と感謝の気持ちを忘れずがんばっていきます」、新倉は「今日は、自分にとっても、新体制のアプガ(2)としても、スターティングオーバー、ここから始まるんだって気持ちです。これから全力でみなさんの笑顔になれるようなパフォーマンスをお届けします」と笑顔たっぷりで挨拶。そして、新体制となったアプガ(2)は、「ハッピースLOVE♡」を元気いっぱいに歌唱する。メンバー9人での初パフォーマンスは、実にダイナミックで壮観。広いステージを存分に使って歌とダンスを繰り広げ、観客を強烈にヒートアップさせた。

ここから新メンバーは、特技披露をしていく。新倉は連続側転からの開脚着地、島崎はギターの弾き語り、森永は新メンバー3人の紹介ラップという、それぞれ全く違う特技で自身の個性をアピールした。

そして、既存メンバーの6人のソロコーナーが行われる。中川はアプガ(仮)の「君という仮説」、佐々木は、アプガ(2)の「両想いの♡しるし」、橋村は動画アプリmystaのアプガ・チーム対抗バトルで優勝したチームプリンセス(関根梓・アプガ(仮)、橋村、中川)に作られた新曲「今日だけは逢いたくないよ」をグループでの歌唱に先駆け初歌唱。鍛治島は自身のソロ曲「これからも」、高萩はメロン記念日、アプガ(仮)のキラーチューン「お願い魅惑のターゲット」、吉川は彼女がメインボーカルを務める「どしゃぶりのテラス席」をそれぞれ歌唱。先輩でもある既存メンバー6人は、しっかりとしたパフォーマンスでソロでもファンを魅了した。

その後、既存メンバー6人によるセンチメンタルなミッドチューン「スクール・ポーカー・ライフ」からライブはいよいよ後半戦。ロックチューン「ワッチャウッ!!」、激しくワイルドな「ラッタンプイコ」、チアガールテイストのポップソング「Go For Girls!」、クールなアップチューン「二の足Dancing」、明るさ全開のポップナンバー「Sun!×3」と5曲連続で歌唱。観客のボルテージは痛烈に高まった。

そして、高萩が「アプガ(2)は結成されて2年が経ちました。この2年でたくさんの人の力や応援があって、やっと目標にしてたマイナビBLITZ赤坂で単独ライブができました。最後に、この曲をみんなで一緒に歌って踊って会場ひとつになりたいです!」と語ると、元気いっぱいにつんく♂が手がけた「全部青春!」を披露。彼女たちは、パワー全開のパフォーマンスを見せてライブ本編は終了。

アンコールは、メンバー9人でステージに戻り、ニューシングルからつんく♂プロデュース三部作の第3弾「We are Winner!」を初お披露目。メンバー9人は、新たな始まり告げる歌詞を爽やかなメロディとともに観客に届け、会場は大きな拍手に包まれた。

MCコーナーで、メンバーがライブの感想を述べていく。鍛治島は「アプガ(2)は第一歩から始まって、今はこんなにたくさんの人が見に来てくださるようになってほんと夢みたいです。私自身は、昔はステージに立つ人生なんて夢にも思ったことなかった人間なんですけど、今こんなにたくさんの人に応援していただけるのがすごくうれしいです。アプガ(2)は、9人体制になってもがんばりたいことがいっぱいあります。みなさん、これからも応援よろしくお願いします!」と思いの丈を語る。吉川は「このマイナビBLITZ赤坂の公演が発表されたときは、正直不安だなと思うこともありました。でも、こんなにもたくさんの方が見に来てくれて、この9人がステージに立てていることがほんとにうれしく思います。今日は、新たなスタートを切る日であり、次の目標に向かってがんばっていく日でもあります。これからも私たちは、みなさんともっともっと楽しいことをしていきたいです。私たちの原動力はいつもみなさんです!」と声を上げた。そしてアプガ(2)は、ニューシングルから新曲「スターティングオーバー」を初披露。ご機嫌なアップチューンを躍動感たっぷりにパフォーマンスし、観客とともに熱く盛り上がった。

ここで、橋村がアプガ(2)のお知らせとして「まず4月2日にニューシングル「We are Winner!/スターティングオーバー」をリリースします。そして、この単独ライブがWIZY(クラウドファンディングサービス)でブルーレイ化することになりました。さらに、新メンバー3人のツイッター解禁、個人SHOWROOMが開設されます」と告げる。続けて橋村が「この映像を見てください」と口にすると、6月から7月にかけて全国5都市を回るワンマンツアー『アップアップガールズ(2) ライブツアー2019 アオイハル アツイナツ』の開催が映像で発表された。サプライズでの9人体制初のライブツアー決定に、加入まもない新メンバー3人は喜びで号泣。初めての地元静岡での凱旋公演が決まった中川は「一生できないと思ってたんですけど、うれしいです」と大号泣。

橋村は「今日、単独ライブから新体制がスタートして楽しみだねってときに、こんな素敵なツアーの発表ができてうれしいです。ツアーを通して、みなさんにいろんなアプガ(2)を知ってもらいたいし、9人でもっともっと上を目指して成長していきたいです。これからも、アプガ(2)から目を離さないでください!」と声を上げると、ハッピーなムードでライブは大団円。

しかし、まだまだ会場の興奮は収まらない。メンバーがステージに飛び出し、高萩が「最後の最後は、この曲で盛り上がっていきましょう!」と口にすると、ダブルアンコールで、アプガ(2)のデビュー曲「二の足Dancing」をメンバー9人で歌唱。強烈に熱い歌とダンスで、観客もマックスのテンション。会場の一体感が最高潮に高まって、ライブはフィニッシュとなった。

念願だったマイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブは、アプガ(2)の最高にポジティブなパワーが感じられるステージとなった。新体制でのニューシングル、ライブツアー決定など今後の話題も盛りだくさん。メンバー9人となったアプガ(2)の、さらなる飛躍を期待しよう。

タイトルとURLをコピーしました