ピコ太郎の「寿司ソング」が人気再燃

スポンサーリンク

NHK『みんなのうた』2018年6月~7月期の曲として反響を呼んだピコ太郎の寿司ソング『Can you see? I'm SUSHI』。

2019年に入ってから同曲が再放送されており、YouTubeの再生回数が200万再生を突破するなど、人気が再燃している。

この楽曲のテーマは「日本を代表する食文化のお寿司を日本にとどまらず、世界へと発信すること」。

映像自体も海外で受け入れられている日本文化「ゲーム」との掛け算で制作されており、一部の海外ファンでは「PPAPを越えた曲」として認知されている。

再放送で初めてこの楽曲と映像に触れたユーザーからは

「みんなのうたで見てから子どもがすこぶる気に入ってるんだけどピコ太郎さんって才能すごいなこれ」
「みんなのうたで知ってから2歳の娘が大好きです!『イズビー♪イズビー♪(eat me)』と毎日歌ってます(笑)」
「これ見ると意外と英語で魚知らないんだなって痛感する」
「中毒性の塊」

と様々な反応が飛んでいる。

2020年東京オリンピック開催を控え、日本の寿司文化が思わぬ形で外国人にも届きそうだ。

◆NewsPicks Book「ピコ太郎のつくりかた」

タイトルとURLをコピーしました