杉咲花が苦手なダンスシーンに挑戦! 何度も練習を重ねて素晴らしい出来栄えに!

3月14日、女優の杉咲花さんが都内で行われた「クラフトボスTEA ノンシュガー」新商品発表会に登場した。

「クラフトボス」シリーズの新たなラインナップとして、“紅茶飲料”の「クラフトボスTEA ノンシュガー」が3月19日(火)から発売され、その発売に併せて、「クラフトボス」CM シリーズに出演している杉咲花さんと、宇宙人ジョーンズことトミー・リー・ジョーンズさんに加えて、松たか子さんが出演する新TV-CM「新しい風・ロンドン」篇の新TV-CMがオンエアされる。CM楽曲は椎名林檎さんの『人生は夢だらけ』が起用される。

杉咲花さんは紅茶の存在について「飲むとスッキリできると思うので、仕事が始まる前に飲みたくなるような気分をリフレッシュしてもらえる存在です。」とコメント。

このほど「クラフトボスTEA ノンシュガー」が発売されることになり、ひと足先に味わった杉咲花さん。飲んでみた感想として「紅茶独特の苦みとかも無いので飲みやすくてたくさんの人に楽しんでもらえるような飲み物なんじゃないかなと思いました。」と話していた。

新TV-CMの撮影について「今回は出張先のロンドンでプレッシャーを感じて悩んでいる役柄でした。街を歩くシーンで、歩幅も難しくて決まりが多くて、顔の向きや動きを合わせて行くのが難しかったです。(ダンスシーンは)本当にセンスが無いのでどうしようかと思ったんですけど、先生にも何度もダンスを教えていただいて、練習できる時はずっと練習して何とか撮影をすることができました。」と明かしていた。

杉咲花さんのダンスシーンも見られる今回の新TV-CM「新しい風・ロンドン」篇は、クラフトボスCM シリーズの物語をベースに、出張先のロンドンで、何やら仕事上の悩み事を抱え、暗い顔で歩いていた杉咲花さんが、空から傘を差しながら舞い降りてきた、謎の女性(松たか子さん)と遭遇。

松さんから「仕事も飲み物も決めつけなくていい」「好きなようにやっちゃえば」とアドバイスを受けたり、松さんと一緒にダンスを踊ったりしているうちに、杉咲さんの気持ちが楽になって元気を取り戻し、「ティーっス!」と決めゼリフを放つシーンを通じて、「クラフトボスTEA ノンシュガー」の軽やかな飲み心地とすっきりとした味わいを訴求しく内容。

杉咲さんが携帯していた「クラフトボスブラック」を、松さんが魔法で瞬時に「クラフトボスTEA ノンシュガー」に変えてみせる場面が一番の見どころとなっている。

そして、ダンスシーンは撮影前、「そんなに大変ではないと思いますが、ちょっとだけ踊ることになります」と監督に伝えられ、本番ではタイミングがほんの少しズレたり、振付がスムーズにいかなかったりなど、何度も繰り返し踊り、毎回真剣な表情でプレイバックを確認する姿があるも、練習の甲斐もあって、回を追うごとに全体の精度が高まり、最後は監督も「バッチリです!素晴らしい!」と文句なしの出来栄えになったそう。

杉咲さんのダンスシーンも要チェックです。

<杉咲花さん、松たか子さんインタビュー>

――撮影の感想をお聞かせください。

【杉咲さん】:いつもはオフィスで撮影しているので、不思議な気分になりました。踊るシーンもあって、ダンスは苦手なので緊張しましたが、ドキドキしながら新しい経験ができたと思います。

【松さん】:思いも寄らない人物になって、思いも寄らない所から登場し、去っていくという、コマーシャルならではのお話に声を掛けていただいて、とても楽しく撮影できました。

――上司役の堺雅人さんが受けている、恒例の「新しい風」を受けた感想は?

【杉咲さん】:思っていた以上に強い風が来たので、シャキッとして、目が覚めた感じでした(笑)。

――ダンスのシーンはいかがでしたか?

【松さん】:パッとできるとカッコいいですけど、不器用なのでなかなか(笑)。ダンスをやっている人はもう、ただ歩くだけでも違うんですよね。私はできないなりの精一杯だったので、とても自分で自分を見返せないぐらいですが、振付の井出さんはよく知っていて、信頼できる方なので、安心して臨めた感じです。信頼する人がそばにいたのでうれしかったです。こういう機会でもないと、なかなか厳しい状況に置かれることが少ないので、そういう意味ではすごくありがたかったなと思います。

――「ティーっス!」というセリフを言ってみて、どんな気分になりましたか?

【杉咲さん】:「ティーっス!」という言葉を使うことで、相手とフランクな感じで接することができるので、距離が縮まるのかなと思いました。仲良くなれそうな感じがしますね。

【松さん】:楽しかったですよ。普段、なかなか上司の方とかには言えない言葉でしょうし、心の中で気軽に「ティーっス!」と挨拶するというテクニックを、皆さんにもぜひ身に付けていただきたいなと思います。そうすると、普段はちょっと苦手な人でも、大変な時があるんだろうなと優しくなれるかもしれません。私もこれからにこやかに、心の中で「ティーっス!」とつぶやくぐらいの、かる~い付き合い方を探してみたいと思います。

――「好きなようにやっちゃえば?」というセリフがありますが、普段、直感を信じて行動している事はありますでしょうか?

【杉咲さん】:たまに料理をする時があって、この前、レシピに忠実に、大さじ何杯とかやっている姿を母親に見られて、「そんなんじゃなくて、目分量だよ」と言われたんですよ。でも、それだとなかなかおいしく作れる自信がなくて、いつもレシピ通りに進めるんですけど、いつか私も目分量でできる人になりたいと思います。最近は、韓国料理にハマっていて、チャプチェとかトッポギとかを作りました。もちろん、レシピに忠実に(笑)。

【松さん】:直感で選ばないといけない時は、割と直感を頼りにする方かもしれません。10 代の頃、演技のお仕事を続けるために、幼稚園から通っていた学校を変えるべきかどうかと悩んだ時期があったんですけど、ある時電車の中で、もういいや、学校を変わろう、ここで学ぶことは全部学んだと勝手に思い込んで。根拠はまったくなく、直感でしかなかったんですけど、それを信じて、環境を変えた後にデビューできたので、今のお仕事は直感で始まったようなスタートだった気がします。

――「クラフトボスTEA」を飲んだ感想をお聞かせください。

【杉咲さん】:おいしかったです。紅茶独特の苦味が全くなく、本当にスッキリとした味わいがあって、とても飲みやすいなと思いました。朝起きた時や仕事が始まる前とかに飲むと、爽やかな気分で迎えられるような気がします。

【松さん】:すごくおいしかったです。知っている味だけど、どこか新しさがあるというか。紅茶は誰もが知っている飲み物ですが、味も決して裏切ることなく、新しいなと思えたので、きっとこれから飲まれる方も、「おっ!」と思うんじゃないでしょうか。私もすごくお茶が好きなので、ホッとしたい時とか、落ち着きたい時とか、元気になりたい時とか、気分をリフレッシュするのにとても有効な飲み物だと思いました。

<トミー・リー・ジョーンズさんインタビュー>

――ジョーンズさんは普段、どんな時に「TEA」を飲みますか?

いつもはホットで、朝食に飲むことが多いですね。よく働いた後や遊んだ後に紅茶を飲むと、とてもリラックスできていいよ。

――CM の舞台となったロンドンにまつわるエピソードをお聞かせください。

ロンドンに関してはたくさんの印象深い思い出があります。好きなレストランやホテルもあるし、行きつけの仕立て屋もある。妻や娘とテート・モダンやシアターに行ったり、文化に触れることが特に好きですね。妻がハイドパークを自転車で走ることが好きで私も挑戦してみたけど、とにかく人が大勢いて、とても怖い思いをしました。アメリカに戻る時、ロンドンで運転手に僕の自転車を譲ったんですけど、後になって、そのドライバーがハイドパークで自転車を乗っている時、転んで足を折ったそうです。

――間もなく「平成」の時代が終わりますが、新しい時代に向けてメッセージをお願いします。

日本の人たちは平成の時代を振り返ってみて、結構いろんな思い出があると思いますが、それを振り返りながら、次の新しい時代もいい時代になることを願っています。

クラフトボスTEA ノンシュガー TV-CM「新しい風・ロンドン」篇

関連リンク

CRAFT BOSS(クラフトボス) サントリーブランドサイト
https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/

タイトルとURLをコピーしました