7人組アイドルグループREADY TO KISS ご当地ダジャレソングで話題のニューシングル「伊達だって」をリリース!

「キスで世界を埋め尽くす」をキャッチフレーズに活動している 7 人組女性アイドルグループREADY TO KISS が 、3月10日(日)お台場ヴィーナスフォート教会広場にてニューシングル「伊達だって」の発売記念イベントを行い、会場には約500人の観衆が集まった。

READY TO KISSは、千葉 咲乃(ちば さきの)、上原歩子(うえはら あゆこ)、清川麗奈(きよかわ れいな)、天羽希純(あまう きすみ)、牧野広実(まきの ひろみ)、佐々木美帆(ささき みほ)、春川桃菜(はるかわ ももな)による7人組アイドルグループ。2018年にはアジアツアーを開催し、日本のみならず香港・タイでも公演を行うなど、国内外で精力的な活動展開をしている。「伊達だって」は3月6日(水)に発売したばかりのニューシングルで、4thシングル「成増になります」、5thシングル「タイに行きタイ」に続くご当地ダジャレソングとして話題を集めている。

イベント冒頭、お笑い芸人のサンドウィッチマン富澤たけし氏にそっくりな風貌でモノマネ芸人のガリベンズ矢野氏が登場。楽曲のタイトルが「伊達だって」ということもあり、観客がざわつき始めるとガリベンズ矢野氏が「本日司会を務めさせていただく、サンドウィッチマンの伊達…ではなく、富澤です」とモノマネを披露し、会場は一気に笑いの渦に包まれた。

その後READY TO KISSライブパートがスタート。甘酸っぱい恋の思い出を歌ったロックチューン「ブルーベリー・ヨーグルト・スムージー」を披露すると、そのまま「呉れない」「絶賛インフルエンザ」とシングル「伊達だって」に収録されている最新楽曲で熱いライブを繰り広げた。

その後改めてガリベンズ矢野氏が登場。READY TO KISSメンバーとのトークパートが始まった。途中、メンバーの千葉から「今日は司会者がくりぃむしちゅーの上田さんだって伺ったんですけど…」と振りが入ると矢野氏は上田晋也氏のモノマネを披露し、そのまま司会を続行。メンバーの特技を紹介しながらツッコミを入れるというコントのような掛け合いが行われた。

続いてクイズコーナーがスタート。タイトルにちなんで「伊達」にまつわるクイズが行われた。宮城県の県庁所在地はどこかというクイズで、メンバーの清川が「盛岡」と答えるなど珍解答も続出。大盛り上がりとなった。

クイズで最下位となってしまった天羽が罰ゲームとしておもちゃの鎧を着用させられ、そのまま最後のライブパートへ突入。表題曲「伊達だって」を披露し、会場の盛り上がりが最高潮となったところでイベントは幕を下ろした。

READY TO KISSは、グループとしては3度目となるマイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブを5月20日(月)に開催することが決定している。チケット情報などの詳細は今後、公式HPやSNS等で順次発表される予定。

プロフィール
■READY TO KISS ※読み:レディートゥーキス
「キスで世界を埋めつくす!」をキャッチフレーズに活動する7人組アイドルグループ。
メジャー移籍第一弾となった3rdシングル「READY TO KISS」はオリコンウィークリーチャート8位を記録。
2018年2月に発売した4thシングル「成増になります」ではグループ初となるオリコンチャート1位を記録する。
続く「タイに行きタイ」も立て続けにヒットを記録し注目度を上げている。
2018年はアジアツアーを成功させ、アジア最大級の日本文化イベント「Japan Expo Thailand」に4年連続で出演するなど海外での活動も積極的に行っている。

READY TO KISS オフィシャルサイト
http://www.ready-to-kiss.jp/

タイトルとURLをコピーしました