ダンディ坂野&朝日奈央がチーズバーガー作りに挑戦! 日本マクドナルド 2019年春の「クルー体験会」

3月7日、日本マクドナルド 2019年春の「クルー体験会」PRイベントが都内で行われ、ダンディ坂野さんと、朝日奈央さんがマクドナルドクルーのユニフォームを身にまとい登場した。

実はダンディ坂野さんは元マクドナルドクルーだったそうで、ダンディさんは「1993年から約10年間マクドナルドでクルーとして働いていました。最後はスウィング・マネージャーまでタイトルアップし、お笑いの仕事よりも早く出世しました!笑」とコメント。

朝日さんは「芸能界に入っていなかったら、本当にマクドナルドのクルーになりたかったので、今日はクルーのユニフォームを着れて、とても嬉しいです!」と語っていた。

現クルーからの元クルーのダンディさんへ尋ねたいことについて、芸能の仕事とクルーをどう両立していたか聞かれると、ダンディさんは「クルー同士で話をしたり、クルーのイベントに参加したりもできますし、何よりマクドナルドでは、シフトの融通が利くのでとても助かりました。急に仕事が入った時も、他のクルーの子がシフトに入ってくれたり、逆に自分がシフトを変わったりしていました!」と、当時のことを明かしていた。

また、辞めたいと思った時期はあるか?問われると、ダンディさんは「芸人は辞めたいと思ったことがあります(笑) 芸人としてテレビの露出が無かった頃、当時の社員さんに「もっと働いてみないか?」と声もかけられました。マネージャー時代は店舗に若い学生クルーも多く、コミュニケーションをできるだけ取るようにして、クルー間での人間関係の相談などに乗ってあげたりしていましたね。」と、マクドナルドクルーとしての働きやすさを赤裸々に語っていた。

アイドルを辞めたいと思ったことが有るか問われると、朝日さんは「私はアイドル時代、毎日学業とアイドル活動の両立で、通学や通勤に往復4時間ほどかかっていて、毎日旅行に行ってるようで疲れもでたりしたのですが、メンバーやファンの方々に会うことで頑張ろうと思えたので、やっぱり仲間の存在は大きいんじゃないかなと思いますね。」とコメント。

そして、お客様から「スマイル」を求められたとき、どうしていたか質問されると、ダンディさんは「実はマクドナルドの「スマイル」にはお客様の心をハッピーにして、笑顔になってもらうという意味があるんですよね~。時間が経ってしまったので、どうしてたかは忘れてしまいましたが!」と煙に巻いていた。

この日、実際にクルー体験に参加して、ダンディさんは「約15年ぶりにキッチンに入り「チーズバーガー」を作りましたが、明日から店舗で即戦力になれそうです!!」とコメント。

朝日さんは「機能的なキッチンで驚きました!憧れだったマクドナルドのお姉さんになれて幸せです!」とニッコリ。

最後に、ダンディさんは「これから希望を持って頑張ろうとする方が多い時期だと思うので、心にゆとりを持って、スマイルをもって働いて欲しいです。そしてクルーの皆さんにはお客さんに笑顔を届けて欲しいです!」

朝日さんは「学業と両立して、アルバイトを始めようと思っている学生の皆さんには、是非クルー体験会に参加して、クルーとして働く楽しさを感じて欲しいです。」と語っていた。

タイトルとURLをコピーしました