高橋メアリージュン 春らしい”ミモザ”イエローの装いで『MIMOSA FESTA(ミモザフェスタ)2019』に登場!

JR川崎駅前の複合商業施設ラ チッタデッラは、今年15周年を迎える“イタリアのひな祭り”『MIMOSA FESTA(ミモザフェスタ)2019』を3月9日(土)、3月10日(日)の2日間限定で開催。

初日の3月9日(土)には、2019年のミューズ(女神)として高橋メアリージュンさんをお迎えし、オープニングセレモニーを行いました。

『MIMOSA FESTA』では毎年、花が似合う素敵な女性をミューズとして迎えております。記念すべき15周年目のミューズは、女優・モデルとして映画やドラマなど、幅広く活躍している高橋メアリージュンさん。株式会社 チッタ エンタテイメント代表取締役社長の美須アレッサンドロにエスコートされ、“ミモザの日”にちなんだミモザイエローのファッションに身を包み登場すると、会場からはその美しさに歓声が起こりました。

そして、「本日出店しているマルシェで、ミモザにパンパスグラスという珍しい花を合わせました。」と大きな花束を美須よりサプライズでプレゼントされると、「お花が大好きなので嬉しいです!」と笑顔で受け取り、「本日は髪にもミモザをあしらい、“ザ・ミューズ”というイメージで、一枚の布がつながっているドレスを選びました。」とご自身のファッションポイントについて教えてくれました。さらに、「イエローって男性は取り入れずらいと思うんですが、パンツやシャツなどポイントとして入れると、爽やかで恰好良さそうにみえますね(笑)」と美須のファッションにコメントしました。

トークセッションでは、美須と本イベントのプロデューサーで「花贈り男子」として活躍する長井ジュン氏と共に「花のある生活」をテーマに様々なトークを繰り広げました。

美須が「ミモザを大切な人に贈る文化をもっと盛り上げたい。バレンタインを追い抜かすほど定着させたい!」と熱い想いを語ると、高橋さんからは「お花を贈られるのって本当に嬉しいです。昔の想い出になるんですが、男性から大きな花束をもらって告白された時、その花束が嬉しくって思わずOKしようかと思っちゃいました(笑)」とお花にまつわるエピソードを披露。

また、長井氏が「ミモザの日にイタリアを訪問した時、ひっきりなしに男性がお花を買いに来ていました。中には社長さんが従業員用に大量にミモザを買ったり、ビジネスマンがお花屋さんに駆け込んできたり、という光景を多く見て感動しました。」と話すと、高橋さんは「日本人ってシャイな方が多くて、本当はお花をあげたいけどプレゼントできないっていう男性は、相手が絶対に喜ぶのでその気持ちを思って贈って欲しいです!」と男性にエールを送りました。

さらに、「母がお花が大好きで、両親揃ってガーデニングしたりもしています。」家族との話も語っていただきました。

トークセッション終了後、会場に来ていたお客様にミモザイエローのバルーンを配布し、高橋メアリージュンさんと一緒に女性の活躍と幸せを願い、一斉に空に放つバルーンリリースを実施しました。青空いっぱいに、みんなで創り上げたミモザの花束はとてもフォトジェニックで、圧巻のセレモニーとなりました。

高橋さんも、このバルーンリリースを体験し、「楽しい!本当に空にミモザの花が咲いているみたいですね。」と満面の笑みでコメント。

美須からは、「来年もMIMOSA FESTAやります!来年も出演します!最後まで楽しんでいってください。」と挨拶。また、長井氏は、「この後も沢山のステージやマルシェで、一日中ミモザフェスタを楽しんでください。」とコメントし、オープニングセレモニーを締めくくりました。

関連リンク

MIMOSA FESTA 2019
http://lacittadella.co.jp/lp/mimosa/

タイトルとURLをコピーしました