ゑんら、1周年記念単独ライブ-縁-を開催!累計1万枚売れなければ解散を発表。

滝口ひかり、木乃伊みさと、滝口きららの3人組完全セルフプロデュースアイドル「ゑんら」が3/2、渋谷WWW Xにて「1周年記念単独ライブ-縁-」を開催した。

まずは妖怪のアニメーションのオープニングムービーが流れ、メンバーが登場。そしてライブがスタートした。この日は全曲バンドセットで行われた(数曲はアコースティックVer.で披露)。このバンドセットでは、結果として生音が響き渡り、ゑんらの楽曲の良さを際立たせていた。

本編は、グループ始まりからの曲「心中ミッドナイト遊園」からスタート。そこから、強弱をつけた歌声・ダンスが美しい「ゑんらにおまかせよ」、サビのキャッチーな歌詞が特徴の「迷い地縛霊」、3人の力強いハーモニーが会場に響き渡った、シングルとしてもリリースされた楽曲「さよならを教えて」と連続で披露した。
3人の見事なパフォーマンスに観客は酔いしれながら、そして生音に魅了されながら、どんどん熱量が上がっていった。エンジンがかかっていく。

最初のMCで挨拶と自己紹介を行った後、次から新曲2曲を披露すると話した。

まずは、ゑんら初のバラードナンバーを披露した。タイトルは「君がいない」。この曲は木乃伊みさとが作詞を行なった。

ノイズが入った奇抜なサウンドから、ゆっくりとしたピアノが中心のメロディーへと展開していく。そのメロディーに合わせて”君を想う”という気持ちを丁寧に、エモーショナルに歌い上げた。ファンも初のバラードを聴いて、その世界観に浸っていた。

そして次の新曲は「つぼみ」。このナンバーは滝口きららが作詞を行なった。
ポップで軽快なメロディーに合わせて『叫べ』、『笑え』とストレートなメッセージを歌っていく。この曲では白い布の付いた扇子を大きく振り上げ、会場を盛り立てていった。このストレートな楽曲と、特徴のあるダンス、メンバーの笑顔。この曲もまた非常に見応えがある。

MCでバンドメンバーを紹介した後、再び既存曲の披露となった。

「のっぺらぼう」では『幽霊!呪わないで!』と観客と共に歌って踊り、「ONORE」ではサビでタオルを回して会場が一つになっていた。バンドセットでのサウンドが楽曲を更にアシストしていたといのもあり、会場は更にヒートアップしていった。

そして今度はアコースティックVer.で楽曲を披露することになった。

ゑんら独特の世界観に疾走感が混ざった「キミノセイ」、「呪いの飴」を連続で披露。アコースティックVer.だけあって、3人の美しい歌声が際立っていた。その美しい歌声に観客は魅了されていた。

ここで以前から告知されていた、重大発表がされた。

・「さよならを教えて」、「リンネ転生」がカラオケDAM(3/28より)、「KEMURI」、「さよならを教えて」がJOY SOUNDのデンモクに追加(3/2よりスタート)

・初の全国盤流通シングル「妖怪ディスコ」を4月24日リリース、MVの公開
https://youtu.be/3PJhC0bfbZo
・4月24日リリースシングルが7/24までに「妖怪ディスコ」を累計売上枚数1万枚を達成できれば単独ツアー開催、ファイナルは新宿BLAZEでライブ開催、ミッションが達成できなればグループ解散

グループ解散をかけた、体当たりとも言える目標に、観客から驚愕と困惑が混ざった声が上がっていた。そんな観客の反応を見ながら、代表して木乃伊みさとがコメントを残した。

木乃伊みさと「メンバーみんなですごく考えて、1万枚売るというこの目標を掲げました。成功すればツアーを開催、失敗したら解散と掲げていますが、私たちは正直、解散するつもりはないです。なぜなら1万枚売り切るからです。そのためにはご協力が確実に必要になってくると思います。これからグループをもっと大きくしていかなきゃいけない。だから頑張るね。解散するかもしれないというリスクを負ってでも、この決意することができて嬉しいです。ぜひみなさん応援よろしくお願いします。」

と涙ながらに語った。

公開されたMVを全員で見た後、実際に「妖怪ディスコ」を披露。パワフルな歌声を出しつつ、タイトルの通り”ディスコ”のようにリズム良く踊っていった。

本編ラストは激しさと楽しさが同居したキラーチューン「アンバランス」を披露し、本編を終えた。

すぐにアンコールがされると、メンバーそれぞれのインタビュー映像が流れた。「一年の活動を通して思うこと」、「これから挑戦したいこと」、「あなたにとってゑんらとは?」というテーマに対して、木乃伊みさとは「強い一年になれた」、「アニソンを歌い、声優などをやってみたい」、滝口きららは「人として成長できた」、「作詞などを積極的にやっていきたい、主演舞台をやりたい」、滝口ひかりは「ミュージカルをやってみたい」、「ゑんらは青春」などと答えた。

その後、メンバーが再登場。1周年記念単独公演のラストは「リンネ転生」を披露した。ビート音が強く、迫力のあるナンバーを3人はパワフルに歌唱していく。そして観客も大きく手を振り、会場はボルテージが最高潮となった。こうして大熱狂を見せたライブは大成功で終了した。

マネジメントのほとんどを自身で行なっている、ゑんら。今後は4/24リリースのシングル「妖怪ディスコ」を持って、各地でイベントを開催していく予定だ。そして3ヶ月で1万枚販売という、ハードルの高いミッションをクリアすることができるのか。”煙の様に変幻自在で枠に囚われないアイドル”のゑんら。その発想と仕掛けはアイドル業界でも稀だ。彼女たちの未来はどうなっていくのか。そしてファンは三位一体以上の団結を作り、解散という危機を回避することができるのか。今後もその展開に期待しよう。

取材・文:石山喜将、ゑんら運営

撮影:菊島明梨

スポンサーリンク

【セットリスト】

1.心中ミッドナイト遊園

2.ゑんらにおまかせよ

3.迷い地縛霊
4.さよならを教えて

5.君がいない(新曲)
6.つぼみ(新曲)
7.のっぺらぼう

8.ONORE
9.キミノセイ(アコースティックVer.)
10.呪いの飴(アコースティックVer.)
11.妖怪ディスコ
12.アンバランス
ーアンコールー
13.リンネ転生

【Music Video】

■【ゑんら】妖怪ディスコ MV
https://youtu.be/3PJhC0bfbZo

【Release】

■初の全国流通シングル「妖怪ディスコ」2019/4/24発売

全タイプ¥1,111円+税

1.妖怪ディスコ Type-A

2.妖怪ディスコ Type-B

3.妖怪ディスコ みさとver

4.妖怪ディスコ ひかりver

5.妖怪ディスコ きららver

※収録内容は後日発表

【Profile】

ゑんら
2018年に結成された女性アイドルグループ。

元dropの滝口ひかりと木乃伊みさと、元KAGUYAのメンバーでソロアイドルとしても活動していた、滝口ひかりの妹、滝口きららの3人でセルフプロデュースによるアイドルユニット。

ユニット名は煙の妖怪である「煙々羅(えんら)」に由来し、煙の様に変幻自在で枠に囚われないアイドルになる様にとの思いが込められている。

2018年は結成約半年で、「TIF」「@JAM」「アイドル横丁」など数多くの大型アイドルフェスに出演。

2019年3月2日には1周年を記念したワンマンライブをWWW Xにて開催。

2019年4月24日に初全国流通盤のリリースが決定した。

【Official Site】

■オフィシャルサイト
https://wyenra.jp/

■オフィシャルTwitter
https://twitter.com/wyenra

タイトルとURLをコピーしました