アップアップガールズ(2)新メンバー森永新菜、島崎友莉亜、新倉愛海の加入を発表!

アイドルグループ、アップアップガールズ(2)(以降アプガ(2))が、3月3日(日)に東京・AKIBAカルチャーズ劇場にてイベント『アップアップガールズ(2) 新メンバーオーディション途中報告会』を開催した。イベントでは、新メンバーの3人、森永新菜、島崎友莉亜、新倉愛海の加入が発表された。また、3月23日にマイナビBLITZ赤坂で開催するワンマンライブ『アップアップガールズ(2) #アプガ2セカンド #スターティングオーバー 』に、アップアップガールズ(仮)がスペシャルアクトとして出演が決定。そして、4月2日にリリースされるアプガ(2)新体制の両A面シングルのタイトルが「We are Winner! / スターティングオーバー」になることも合わせて発表された。「We are Winner!」はつんく♂サウンドプロデュースの楽曲、「スターティングオーバー」は作詞をNOBE、作曲をmichitomoが担当した楽曲となる。

イベントは、アプガ(2)のライブからスタート。クールさと情熱感が混ざり合う「かかって来なさい」、ポップさ全開の「ハッピースLOVE♡」、パワフルな「ワッチャウ!!」とカラーの違う楽曲でファンとともに熱く盛り上がり、会場のテンションは一気にアップした。

さて、アプガ(2)新メンバーオーディションは、昨年12月22日から募集が開始され、これまでに第一審査、第二審査、第三審査、最終審査が行われてきた。
ステージには、アプガ(2)に加え、司会のさわやか五郎、見届け人として先輩グループのアップアップガールズ(仮)(以降アプガ(仮))のメンバーも登場しイベントは進行していった。
会場の期待感と緊張感が高まる中、本日、イベント内で合格者が発表される事がVTRで発表になると、会場には大歓声があがる。難関を経た合格者が、いよいよこの場で発表となるのだ。
最初の合格者は、神奈川県出身、中学3年生15歳の新倉愛海(ニイクラアミ)。「こんなにたくさんの人に見てもらって緊張してます。でも、メンバーになれたことがほんとにうれしいです。これからがんばらなきゃいけないことはたくさんあるんですけど、精いっぱい突き進んでいこうと思います!」と前向きな今の思いを口にする。
オーディションでの課題曲でもあった「二の足Dancing」を1コーラス歌い上げると、ダンスが得意な彼女は、自己アピールで「アプガ(仮)さんの「愛愛ファイヤー!!」を踊らせていただきます」と語ると、なんとアプガ(仮)のメンバーがステージ前に陣取る。新人にとって過酷な状況ではあったが、そこで新倉はキレッキレのダンスパフォーマンスを披露し先輩を圧倒。アプガ(仮)の関根梓は「私だったら絶対先輩の前で踊れないので、それなのに前のめりに来たからすごい!」と度胸のよさを大評価した。

2番目の合格者は、東京都出身、高校2年生17歳の森永新菜(モリナガニイナ)。「今日は緊張で眠れなかったんですけど、今はすごいアドレナリンリンです!」と、丁寧な口調ながらも自分なりの造語を発し会場を笑いに包む。
自己アピールでは、「本日はアプガ(2)メンバーさんの紹介ラップをしたいです。コール&レスポンスあるので、みなさんも一緒に盛り上がってください!」と声をあげ、アプガ(2)メンバーの特徴を捉えた紹介ラップを披露。ノリノリの彼女のラップに合わせて、アプガ(2)メンバーはダンスで応援。森永は、初の舞台で早くも観客を大ヒートアップさせてしまった。さわやか五郎は「最強新メンバーですね」、アプガ(仮)の古川小夏は「常人のメンタルじゃないですね」と衝撃度を口にする。森咲樹は「アップアップガールズは常人じゃないメンタルが必要なので、ウェルカムです!」と、堂々とやり切った森永の姿勢を称賛した。

そして3番目の合格者は、神奈川県出身、高校1年生16歳の島崎友莉亜(シマザキユリア)。「今、こうしてステージに立たせていただいてお客さんの顔を見て、初めてアプガ(2)のメンバーの一員になれたと実感してすごくうれしいです」と、涙を浮かべながら今の思いを語る。「普段すごい緊張するタイプなんですけど、これからもっと大きなステージに立たせていただくためにも、今日は緊張してません! 楽しめるようにがんばります!」とエモさたっぷりに語った。そんな彼女の姿に、もらい泣きしてしまうアプガ(2)メンバーもちらほら。自己アピールでは、「アプガ(2)さんの「OVER DRIVE」をギターを披露させていただきます。一緒に楽しんでくれたらうれしいです」と語ると、145センチの小柄な身体で透き通るようなボーカルとギターで弾き語り。アプガ(仮)とアプガ(2)のメンバーは、思わず「すごーい!」と声をあげた。島崎は「アプガ(2)は、今の友莉亜の全てです。これから、今まで破れなかった殻を少しずつ破って、できないことがあっても絶対にチャレンジし続けて、ほんもののアップアップガールズになりたいと思ってます。小さい友莉亜ですが、声も大きく存在感も大きくなれるようにがんばります。これから末長くよろしくお願いします!」と思いの丈を口にし、会場から大きな拍手が送られた。

9人という大所帯となったアプガ(2)について、今の思いを聞かれたリーダーの高萩千夏は、「今までのアプガ(2)のメンバー6人も個性が強いんですけど、それ以上に個性が強い子たちが入ってくるので、これからのアプガ(2)から目を離せないなと自分でも思いました。これからを楽しみにしててください!」と、新メンバーがグループにいい刺激を与えてくれそうな予感を口にした。

さらにイベントでは、3月3日のひな祭りの日にちなみ、観客にひな祭りの雰囲気を味わってもらうという趣旨で、アプガ(2)の6人のメンバー、新メンバー3人が手作りのオリジナルひな人形を披露。手作りひな人形がなかったアプガ(仮)の分は、代わりにさわやか五郎がアプガ(仮)メンバーをイメージし、急遽作ったユニークなひな人形が披露される場面も見られた。

さて、新体制でのアプガ(2)の最初のライブは、3月23日にマイナビBLITZ赤坂で開催するワンマンライブ『アップアップガールズ(2) #アプガ2セカンド #スターティングオーバー』。アプガ(2)にとって、これまでで最大のビッグマッチとなる。ここでアプガ(2)の鍛治島彩から、アプガ(仮)へのお願いが語られていった。「私たちは、マイナビBLITZ赤坂の単独ライブに向けてたくさんいろんなところでライブをしたりアピールをしてきました。でも、私たちの力不足もあってチケットが苦戦しています。私たちはどうしてもマイナビBLITZ赤坂を満員にしたいんです。赤坂BLITZを経験しているアプガ(仮)姉さんの力を貸していただきたいです」と切実な思いを口にすると、アプガ(仮)の5人のメンバーは相談。そして古川が「私たちも8年やってきて、やっぱり1番の特技はライブ、みなさんと一緒に盛り上がることなんです。なので、当日、私たちが先にライブをしてみんなのステージを盛り上げるってのはどうでしょう」と答えると、アプガ(2)メンバーは驚きと喜びの声をあげる。メンバー全員で「お願いします!!」と改めて嘆願すると、アプガ(仮)は笑顔で快諾。森から、「アップアップガールズは、みんなでアップアップしていくチームからね。みんなはかわいい後輩ですし、一緒にライブを成功させましょう。そしてお互いさらなるステップに行きましょう!」と温かいエールの言葉が送られた。

「がんばります!!」と意気込むアプガ(2)メンバーは、新メンバー発表の記念すべきイベントを明るく締めくくるように、メンバー6人でポジティブなメッセージの詰まったポップチューン「OVER DRIVE」を披露。メンバーと観客は一体となって、会場のテンションを高めた。

最後のMCで、アプガ(2)の橋村理子から、4月2日にリリースされるアプガ(2)新体制のニュー両A面シングルのタイトルが「We are Winner! / スターティングオーバー」であることが告げられた。「「We are Winner!」は、3作連続つんく♂さんサウンドプロデュースの最後の楽曲になります。第3弾にふさわしい、アプガ(2)らしさと新しい私たちをお見せできるような楽曲になってます。そして「スターティングオーバー」は、作詞をNOBEさん、作曲をmichitomoさんがしてくれた楽曲です。こちらは、マイナビBLITZ赤坂のタイトルにもなっている通り、アプガ(2)が新しいスタートを切っていくぞという思いの詰まった曲になっています。どちらも楽しみにしていてください!」と、ニューシングルの内容を語った。
そして、再び新メンバー3人をステージに呼び込み9人揃って観客に挨拶。最後に高萩が、「これから新メンバー3人を加えて、新体制アプガ(2)としてもっと大きく成長していきたいと思ってます。まずは、3月23日のマイナビBLITZ赤坂に向けてメンバー一同やれることにたくさん挑戦していきたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします!」と語ると、観客から大きな拍手が送られる。そして「3月23日、絶対成功させるぞ!!」と声をあげると、会場全体から「イェーイ!!」と大きなシャウトが沸き起こり、メンバーと観客が一致団結してイベントは終了となった。

メンバー9人と大きな変化を遂げるアップアップガールズ(2)。大きな挑戦となるマイナビBLITZ赤坂ワンマンライブ、そしてその先の目標に向かって彼女たちは突き進んでいく。新たな魅力とパワーを秘めたアプガ(2)の、今後の活躍に期待しよう。

タイトルとURLをコピーしました