日本一のアイドルを決めるコンテスト「愛踊祭2019」のアンバサダーがi☆Risに決定!

全国のアイドルが国民的アニメソングをカバーし、日本一のアイドルを決めるコンテスト「愛踊祭(あいどるまつり)2019」のアンバサダー第一弾発表が行われた。今回アンバサダーに決定したのは、声優アイドルユニットのi☆Ris。

3月22日(金)渋谷ストリームホールで開催されるプレイベント「Road To 愛踊祭2019」に、メンバーから山北早紀、茜屋日海夏の2名がMCとして出演することも決定した。

2015年からスタートした「愛踊祭」は、毎年250組以上の参加アイドルがエントリー。課題曲に対して自分たちでオリジナルの振付を行い、歌唱・パフォーマンスを通してアイドルの魅力を全国に広め、競い合う、全国のアイドルたちの頂上決戦。毎回レベルの高いパフォーマンスが披露され、2018年「第60回 輝く!日本レコード大賞」新人賞を受賞した「Chuning Candy」(2017年審査員特別賞)を輩出するなど、アイドルファンはもちろん、各レコード会社からも注目を集めるイベント。

今年で5回目の開催となる「愛踊祭2019」を盛り上げるべく行われるのが、このプレイベント「Road To 愛踊祭2019」。今回、これまで「愛踊祭」にエントリーしたアイドルを対象にアンケートを実施し、“会いたい”という声が多かった、“アイドルが憧れるアイドル”として、アップアップガールズ(仮)、わーすた、Chuning Candy、テーマパークガールがラインナップ。

今回アンバサダーとなったi☆Risの山北、茜屋は、このイベントMCを、さわやか五郎と共に担当。声優としての活動も行っているi☆Risが、アンバサダーとして愛踊祭に新たな風を吹き込む。

このイベント当日には、会場で「愛踊祭2019」最速プレエントリー受付を実施。本エントリーに先駆け、いち早く参加表明できる機会となる。当日エントリーをしたアイドルたちは入場無料。また、エントリーが早いほど、テレビ朝日系音楽番組「musicるTV」で取り上げられる可能性も増えるそうなので、今年の愛踊祭で勝負しようとしているアイドルは、是非このイベントに参加し、会場でエントリーしよう。

チケットは、3月2日(土)12:00より一般販売を開始。同時に、参加アイドルの無料招待エントリー2次受付も開始する。詳細は、Road To 愛踊祭2019オフィシャルサイトをチェックしよう。

スポンサーリンク

【i☆Risコメント】

はじめまして、i☆Risです!

私たちは、メンバー全員が声優をしながらアイドルとしても活動している声優アイドルユニットです。

実は、この愛踊祭を開催当初から密かにチェックしていて、毎年楽しみにしていました。

そして、いつかアンバサダーになりたいと思っていたところ、このようなお話をいただき、願いが叶ってしまいました!

アニメ界とアイドル界の両方に属してる私達には、ぴったりな役割だと思います。どちらの世界も盛り上げたい!

愛踊祭は、毎年熱い想いをもったアイドルの皆さんが全国各地で魅せ合うステキなイベントです。

そんなアイドルの皆さんに私達からもパワーをプレゼントしたいですし、逆に皆さんからもパワーをもらって、まさに愛が踊る祭りにしたいです!

スポンサーリンク

【公演概要】

タイトル:Road To 愛踊祭2019
日時:2019年3月22日(金) 開場17:00 / 開演18:00
会場:渋谷ストリームホール
出演:アップアップガールズ(仮) / わーすた / Chuning Candy / テーマパークガール
MC:山北早紀&茜屋日海夏(i☆Ris)、さわやか五郎
料金:スタンディング 3,000円(税込) / 入場時、別途ドリンク代必要

【チケット一般販売】※一般のお客様はこちらからお申込みください
受付期間:2019年3月2日(土)12:00~3月21日(木・祝)18:00
受付URL:
イープラス:https://eplus.jp/rti/
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/rtidol19/ Pコード:145-361
ローソンチケット:https://l-tike.com/rtidol Lコード:72495

【エントリーアイドル無料招待2次受付】
受付期間:2019年3月2日(土)12:00~3月12日(火)23:59
受付URL:https://idolmatsuri.jp/roadto2019/enq/
※「愛踊祭2019」にエントリーするアイドルのみが対象になります

【Road To 愛踊祭2019オフィシャルサイト】
https://idolmatsuri.jp/roadto2019/

タイトルとURLをコピーしました
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述