綾瀬はるかが“スキスキ、スキパニ、パ!”と歌うスマイル体操が脳内で繰り返される人が続出中!

3月1日、女優の綾瀬はるかさんが江崎グリコの従業員など総勢約400人と出演している新TV-CM「スキパニスマイル」篇が全国でオンエア開始された。

いつでもどこでも簡単に、笑顔の筋肉を鍛えられるスマイル体操「スキパニスマイル」を女優の綾瀬はるかさんが先生役となり、最高の笑顔を伝授している。

自らがお手本となって、表情が硬い従業員たちに「スキパニスマイル」を指導。

綾瀬はるかさんが、楽しい歌と動きに合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返していくうちに、自然と笑顔の筋肉が鍛えられ、最高
の笑顔になっていくことを表現している。

■撮影エピソード

◇Glicoグループ従業員総勢約400人が参加

大阪、埼玉、千葉、東京と場所を変え、5日間に行われた今回の撮影には、約400人の江崎グリコ従業員とその家族が参加しました。当日は、事前に解説ビデオで「スキパニスマイル」を習得した上で、スーツ、工場のユニフォーム、制服など、各自が普段働いている時の服装で登場。同じ会社に勤務しているとはいえ、職種や肩書き、勤務地、国籍、性別、年齢の垣根を超えて、これだけ多くの従業員が一堂に会する機会はめったになく、しかも綾瀬はるかさんと共演ということで、どの現場も毎回、独特の熱気と興奮に包まれていました。

◇「スキパニスマイル」を世界に広める先生役を好演

大阪・梅田オフィスのエントランスでくるっと振り返って、表情が硬い従業員たちに檄を飛ばすシーンでは、監督から「生徒を叱る先生のような感じで」と指示を受けた綾瀬さん。威厳たっぷりに腕を組みながら、従業員一人ひとりの目を見つめ、「そんな顔をしていたら、あなたのスマイルマッスルは退化してしまうわ…」と奮起を促す言い回しと態度は、まさに厳格な教官といった雰囲気でした。

◇現場を明るくする微笑ましいNGカットに従業員一同ほっこり

本番中、「スキパニスマイル」の動きで綾瀬さんが勢い余って振り上げた手で、自らの頬を思いっきり叩いてしまい、「自分にビンタしちゃいました」と周りの笑いを誘っていました。その後、一人だけ動き出しのタイミングを間違えたシーンでは、振り返った時に目が合った従業員に「あれ?」と、バツが悪そうに照れ笑いを浮かべていた綾瀬さん。完璧なパフォーマンスのOKカットから一転、気さくで飾らない綾瀬さんの人柄がにじみ出るユニークなNGカットには、その場にいた従業員の誰もが癒やされていました。

◇スマイル体操「スキパニスマイル」を実践した従業員たちから次々と飛び出す素敵な笑顔

撮影中、満面の笑みを浮かべたまま、「スキパニ」という言葉を繰り返した綾瀬さんと従業員たち。「スキパニスマイル」を監修したスマイルサイエンス学会の菅原徹先生によると、「ス」「キ」「パ」「ニ」という口の動きを何度も繰り返すことで、笑顔の筋肉が鍛えられていきます。さらに、人はおもしろい動きをすると元気になり、ポジティブになるといわれており、集団であればあるほど、相手の表情や仕草などを無意識に真似する「ミラーリング」も期待されるとのこと。実際、自分たちの姿をモニターで確認していた従業員たちの中から、「最初よりもメッチャ口が動くようになった!」「○○さんのあんな笑顔、今まで見たことないよね!」「最近で一番笑ったかも」などと、早くも「スキパニスマイル」の効果を実感する声が聞こえてきました。

◇映像・振付・音楽界を代表するトップクリエイターが集結

制作チームには、「笑顔」をテーマに掲げる企画に賛同した超一流のクリエイターが参加。世界三大広告賞でグランプリを獲得し、数々のミュージックビデオやTV-CMなどの映像作品の企画・演出に従事する児玉裕一監督をはじめ、Perfumeなどの振付演出家として、世界を舞台に活躍するMIKIKOさんが「スキパニスマイル」の振付を担当し、「水曜日のカンパネラ」のケンモチヒデフミさんが、本CMのテーマソング「スキパニスマイル」の作曲を手掛けました。

■スキパニスマイル効能解説ムービーについて

新CMの完成に合わせて、最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」の効能について、科学的見地から丁寧に解き明かす「スキパニスマイル効能解説ムービー」を制作しました。本動画の解説は、「スキパニスマイル」を監修した菅原徹先生が担当。菅原先生は、早稲田大学で笑顔の研究を行い、笑顔の普及発展を目的に活動するスマイルサイエンス学会の代表理事も務める、笑顔のスペシャリストです。口や手の動きについての解説や、本当に笑顔が鍛えられているかどうかの実験映像によって、最高の笑顔を鍛えるのに最適な「スキパニスマイル」の魅力と効能を科学的に紹介します。

スキパニスマイル効能解説ムービー:
YouTube

◇「スキパニスマイル」は最高のマネジメントツール

菅原先生によれば、近年、スポーツの世界でも日常の練習に笑顔のトレーニングを導入し、試合で結果を残している選手やチームが増加しているのだとか。笑顔のスポーツと言われるチアリーディングでも、笑顔全開で踊る方が、真顔で踊るよりも見た目の印象も結果も断然良いという実験結果があり、笑顔が本人とその周囲にもたらす効果と重要性は、今後ますます高まることが予想されるとのことです。また、ビジネスの世界においても、笑顔は現場のモチベーションを高めるだけでなく、従業員同士の関係性を深める最高のマネジメントツールで、「コストもゼロなので、ぜひとも多くの企業に『スキパニスマイル』を取り入れてほしいと思います」と語っていました。

スポンサーリンク

■綾瀬はるかさんインタビュー

――撮影の感想をお聞かせください。
「江崎社長や従業員の皆さんと一緒にオフィスや工場で、スキパニスマイルをさせていただいたので、みんなの息がぴったり合うとすごく盛り上がって、本当に楽しい撮影でした」

――共演したGlico従業員の印象は?
「皆さんとても明るくて、一生懸命笑顔で歌ってくださるので、私自身も皆さんのキラキラした笑顔からたくさんパワーをもらいました。ありがとうございました」

――「スキパニスマイル」で綾瀬さんが特に気に入っている動きをお聞かせください。
「短い動きを繰り返し撮影しましたが、どれも好きです。その中でも特に、「スキパニ、パ!」というところで、「パッ!」と手を顔の横に上げる動きが気に入っています」

――綾瀬さん自身が笑顔になるために、普段から心掛けていることはありますか?
「友達とごはんを食べていっぱい話したり、好きなものやお菓子を食べたりとか、そういう時間があるだけで笑顔になれますね」

――CMをご覧になる視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
「スキパニスマイル」をすると、本当に楽しくて笑顔になれるので、皆さんもぜひ実践して、最高の笑顔になってください!」

スポンサーリンク

綾瀬はるかさんが“スキスキ、スキパニ、パ!”と「スキパニスマイル」体操をしているシーンが脳内で繰り返される人、続出中だ。

タイトルとURLをコピーしました