初代“なっちゃん”を務めた田中麗奈が20年前の自分と共演!

スポンサーリンク

サントリーの清涼飲料水の「なっちゃん」が発売20周年を記念し、初代“なっちゃん”の田中麗奈さんが再びイメージキャラクターとなることが発表された。

田中麗奈さんは、当時CM「舞台篇」に出演した際に、初代“なっちゃん”として舞台に立ち、“なっちゃんコール”を観客から浴びるという印象的なCMに出演し、当時を振り返り「ポスター撮影は気合いが入っていて頑張るぞ!という気持ちでいっぱいでした。 ただ、 表情を作るとかそんな事考えられてなくて、 とにかく目を開いてカメラを真っ直ぐ見る!という事しか出来なかったと思います。 最初のCM撮影の前夜、 絵コンテを見て練習をしていたのですが、 胸が高鳴る感覚や、 熱くなる感覚、 強い気持ちのような感情が自分の中に湧いて、 一人でグッときたのを覚えています。」とコメント。

再び、「なっちゃん」のイメージキャラクターとなり、20年前の自分と共演するそうで「発売から20年。 再び起用していただくことになり、 初めは大変驚きました。 ですが、 今も人々に愛され続けている『なっちゃん』に、 またこのような形で関われるのは、 照れくさいですけど大変嬉しく有り難い事だなと思います。 これからも30周年40周年と重ね、 世代を超えて愛され続ける飲み物になっていきますように。 」と、なっちゃん愛溢れるコメント。

尚、今回の広告では頬に「なっちゃん」のシンボルマークを付け、凛とした表情の中にも、 あどけなさが残る20年前の姿で登場。さらにその隣には、清々しい大人の女性へと成長した現在の田中麗奈さんが登場し、20年前の自分と広告で共演するという貴重なビジュアルが見どころとなっている。

また、「なっちゃん」発売20周年ということで、2月12日からリニューアル発売される。

タイトルとURLをコピーしました