野村周平 ドラマ『MAGI -天正遣欧少年使節-』のスペインロケは幸せな撮影期間

スポンサーリンク

1月17日(木)、Amazon Prime Video独占配信、4K歴史エンターテインメントドラマ『MAGI -天正遣欧少年使節-』全10話が、世界180以上の国と地域で同時配信スタート。

配信を記念して、同日には東京・スペースFS汐留にて主演の野村周平、共演の森永悠希、緒形敦、佐野岳、そして大村市園田市長登壇のスペシャルイベントが開催された。

劇中衣装で登場したキャスト陣。少年使節・伊藤マンショ役の野村は「この衣装はスペインから実際に送ってもらったものだけれど、サイズ感などが撮影当時とチョイチョイ違う。帽子もサイズ感が小さくて、頭が締め付けられる。だから頭に血が巡らなくて今眠たい」と笑わせつつも「天正少年使節は日本の歴史の中でも特殊な歴史。ただ日本でのエピソードが少ない物語なので、海外の人にも受け入れてもらいやすい歴史ものだと思う」とアピール。役作りに関しては「かなり昔の時代の話なので、当時を知っている人間なんていないし、役作りに関しては調べをして、当時の食事、海の上での生活を勉強して挑んだ感じ」とこだわりを明かした。

少年使節・中浦ジュリアン役の森永は「日本史の教科書でも見開きの半ページくらいの取り扱いで、文献自体もそこまで残っているわけではない。だから資料を探すのも難しいところがあったけれど、その中から想像していく感じだった」と役作り回想。少年使節・千々石ミゲル役の緒形は「戦国時代に船で3年かけて海外に行くという発想自体が凄い話。だから役作りも興味深かった」と興味津々。少年使節に同行するドラード役の佐野は「ヒーロー、殺人犯など特殊な役柄ばかりを演じてきた僕が、ついに日本人以外の役をいただきました。英語はハリー杉山さんに教わり、乗馬は撮影の1か月前から練習していました」と新境地開拓をアピールした。

スペインロケについて野村が「基本的に温かくて、素晴らしい建築物ばかり。教会も日本のとは比べ物にならないくらい綺麗で、教会では自分の愚かさを悔いてきました。スペインではほぼ懺悔の日々だった」と笑わせると、佐野もすかさず「清められて帰ってきたよね」とジョークにノリノリ。撮影期間中は4人でほぼ毎日のように食事をとっていたそうで、佐野が「周平先輩が全部ごちそうしてくれた。…年下なのに」と野村の太っ腹ぶりに頭を下げた。野村は照れ臭そうに「だから東京に帰ったら自分のゴハンも食べられなかった」と自虐ネタで笑いを誘っていた。

また緒形が「スペインは神秘的な世界遺産と街並みが一体化していて、一歩足を踏み入れると新鮮な空気感があった。それは日本では味わえない雰囲気。撮影のモチベーションも上がった」と異国情緒を強調すると、野村も「俺らは景色を見て泣いたからね。『千と千尋の神隠し』の音楽を流したりして。『俺ここで一生暮らせるかも!』と思った。それくらい幸せな撮影期間だった」と全員にとって思い出深い撮影&作品になったようだった。

作家・若桑みどりによる小説「クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国」を連続ドラマ化。戦国時代を舞台に、ローマ法王に会うために日本からヨーロッパに向かった少年使節の8年に渡る旅路を描く。

1月17日(月)より180以上の国と地域で全10話世界同時配信中!

タイトルとURLをコピーしました