陽月華 父親のように引っ張る小日向文世の姿に感銘を受ける

1月10日、映画「かぞくわり」の完成披露試写会が神楽座で行われ主演を務めた陽月華、佃井皆美、木下彩音と塩崎監督が登壇し、美人女優揃いの華やかな空気で舞台挨拶を彩りました。

日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平凡なある家族を通して「今本当に守るべきもの、残すべきもの」を提示する本作は、元宝塚歌劇団宙組のトップ娘役を務め、『駆込み女と駆出し男』、『チア☆ダン』等話題作に出演している陽月華。今回は満を持して映画初主演となる。

さらに『アウトレイジ』シリーズ、『サバイバルファミリー』の小日向文世、『花戦さ』、『聖の青春』の竹下景子の名優達が夫婦役で出演している。

上映前の舞台挨拶では、主演の陽月華、佃井皆美、木下彩音の美人女優 3 名と塩崎祥平監督が登壇。

映画初主演を本作で飾った陽月は、「東京で家族のメンバーで演技について会議をしたんです。みんなである脚本をもっと練り上げていく中で、小日向さんが役柄さながら父親のように私たちを引っ張っていってくれました」と小日向文世が現場での大黒柱であったと語った。

主人公と対立する妹役を熱演した佃井は、「撮影現場は、家の中が多かったんです。だから二人(陽月・木下)ともお話できる時間が多く仲良くなり、撮休日にみんなで奈良の観光に行きました」と現場の和気藹々とした雰囲気を語り、思い出話に花を咲かせた。

TX 系「ウルトラマンルーブ」にレギュラー出演を果たし話題沸騰中の木下は、「自分と性格が全然違うところばかりで不安でしたが、陽月さんと佃井さんのお芝居を間近で見られてとても助けていただきました。」と初々しく語った。

そして自身の監督作が初の全国公開となる塩崎監督は、「奈良の空気と時間は特別なものなんです。この映画で人間のルーツを辿っていくには、奈良という場所がぴったりでした」と本作を笑顔でアピール。大きな拍手に包まれ、華やかな雰囲気の舞台挨拶となった。

映画「かぞくわり」は、1 月 19 日(土)より有楽町スバル座・TOHO シネマズ橿原他全国順次ロードショー

©2018 かぞくわり LLP

©2018 かぞくわり LLP

関連リンク

かぞくわりLLP 公式サイト
https://kazokuwari-llp.com/

タイトルとURLをコピーしました