絢香、ライブツアーに篠原涼子がサプライズ登場!

スポンサーリンク

約3年半振りとなるオリジナル・アルバム『30 y/o』を発売したシンガーソングライターの絢香。

12月16日の大阪城ホールより最新アルバム曲を中心に構成されたツアー『絢香“30 y/o”Tour 2018-2019』が始まり、昨日12月26日には恒例の日本武道館で公演が行われた。

12月26日に日本武道館公演を行うことは今年で5年連続となる絢香。

ピアノ・ギター・パーカッション・チェロという他ではあまり聞かない、絢香の歌声がよりダイレクトに耳に響く、シンプルかつ豪華な編成で全国を回っている本ツアー。

本編では、赤と白のコーディネートの衣装を身にまとい、映画「人魚の眠る家」主題歌のために描き下ろしたという『あいことば』をはじめ、手帳は高橋のイメージソングである『365』、アイダ設計 ZEH住宅『BRAVO ZNEXT』CMソングの「カラフル!!」、自身の代表曲の1つである『にじいろ』『三日月』などアルバム『30 y/o』の収録曲を中心に代表曲も織り交ぜ、全16曲を披露した。

本編終了後、間もなく客席からアンコールが沸き起こり、それに答える形で絢香が再度ステージに現れると、サプライズゲストとして絢香が主題歌『あいことば』を担当した、映画『人魚の眠る家』で第43回報知映画賞主演女優賞を受賞した篠原涼子が花束を持ち「武道館おめでとうございます」とステージに上がった。

絢香とは映画がきっかけとなり、プライベートでもやり取りをするようになったといい、

武道館の多くのお客さんの前でテンションの上がった篠原は「歌っていいですか?」とはしゃぎながらも、主題歌「あいことば」の曲や歌詞が映画を引き立ててくれ、曲を聴きながら、歌詞を感じながら演じたと話し、ライブでの「あいことば」は映画を思い出し、こみ上げながら見ていたと語った。

絢香は駆けつけてくれた篠原に感謝を伝えつつ、

「『人魚の眠る家』に出会えなければ、『あいことば』という曲は生まれなかった。本当に素晴らしい作品です。」と話した。

また、来年2019年3月27日大阪フェスティバルホールでの同ツアー追加公演が発表され、全国22会場28公演を実施する。来年以降も絢香の活動から目が離せない。

スポンサーリンク

絢香

【各種配信】
https://avexjp.lnk.to/30y_o

【Official HP】
http://room-ayaka.jp/

スポンサーリンク

【アルバム情報】

<商品概要>

●発売日:2018年11月14日

●楽曲タイトル:あいことば

●収録作品:5thオリジナル・アルバム『30 y/o』(サーティー・ワイ・オー)

●形態

・2CD+DVD 4,300円(税込み4,644円)

・2CD+Blu-ray 4,600円(税込み4,968円)

・2CD 3,600円(税込み3,888円)

・CD 3,000円(税込み3,240円)

・FC盤 5,800円(税込み6,264円)

■収録内容

Disc-1[CD]

01.カラフル‼︎

02.ネオンライト

03.パマラ

04.センチメント

05.コトノハ

06.Woman

07.ディジー

08.365

09.サクラ

10.あいことば

11.ハートアップ(絢香&三浦大知)

12.Glory(絢香&&KREVA)

Disc-2[CD]

Acoustic Live Tour 2017-2018~3-STAR RAW~ LIVE音源 at Osaka-Jo Hall 201712.16

01 POWER OF MUSIC

02 ありがとうの輪

03 A Song For You

04 The sign

05 アカイソラ

06 サクラ

07 にじいろ

08 beautiful

09 I believe

10 三日月

Disc-3[DVD/Blu-ray]

01 コトノハ MUSIC VIDEO

02 365 MUSIC VIDEO

03 サクラ MUSIC VIDEO

04 あいことば MUSIC VIDEO

05 ハートアップ MUSIC VIDEO

06 Making Video

[ad]
■ ツアー情報

『絢香“30 y/o”Tour 2018-2019』

【日程】

12/16(日) 大阪城ホール(大阪)

12/26(水) 日本武道館(東京)

1/12(土) 金沢歌劇座(石川)

1/14(月・祝) ロームシアター京都(京都)

1/19(土) 鹿児島市民文化ホール第一(鹿児島)

1/20(日) 鹿児島市民文化ホール第一(鹿児島)

1/25(金) 滋賀県立文化産業交流会館イベントホール(滋賀)

1/26(土) 富士市文化会館ロゼシアター大ホール(静岡)

2/3(日) 神戸国際会館こくさいホール(兵庫)

2/10(日) ベイシア文化ホール(群馬県民会館(群馬)

2/11(月・祝) 長岡市立劇場(新潟)

2/16(土) 仙台サンプラザホール(宮城)

2/17(日) 仙台サンプラザホール(宮城)

2/23(土) 周南市文化会館(山口)

2/24(日) 倉敷市民会館(岡山)

3/2(土) けんしん郡山文化センター(福島)

3/9(土) 広島文化学園HBGホール(広島)

3/10(日) レクザムホール(香川県県民ホール(香川)

3/26(火) フェスティバルホール(大阪)

3/27(水) フェスティバルホール(大阪)追加公演

3/30(土) 名古屋国際会議場センチュリーホール(愛知)

3/31(日) 名古屋国際会議場 センチュリーホール(愛知)

4/6(土) 旭川市民文化会館大ホール(北海道)

4/7(日) 札幌文化芸術劇場hitaru (北海道)

4/13(土) 東京国際フォーラムホールA(東京)

4/14(日) 東京国際フォーラムホールA(東京)

4/20(土) 福岡サンパレスホテル&ホール(福岡)

4/21(日) 福岡サンパレスホテル&ホール(福岡)

全席指定:7,500円(税込)

※一部会場立ち見エリアあり:7,000円(税込)

スポンサーリンク

<映画に関して>

© 2018「人魚の眠る家」製作委員会

■タイトル:「人魚の眠る家」

■監  督: 堤 幸彦

■脚  本: 篠﨑絵里子

■原  作: 東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

■出  演: 篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子

■配  給: 松竹

■公  開: 2018年11月16日

■見どころ:

11月16日(金)に公開した映画『人魚の眠る家』。稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の同名小説を、『TRICK』 『明日の記憶』 『天空の蜂』の堤幸彦監督が実写映画化。篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリー。

■映画ストーリー:

愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?

この愛の結末に涙が止まらない― 衝撃と感涙の東野圭吾ミステリー誕生!!

【STORY】

二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。

娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。

娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。

究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、

娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。

それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

タイトルとURLをコピーしました