瀧川ありさ、新曲「わがまま」初披露で大盛況ワンマンライブ!3/6(水)シングル発売決定!

スポンサーリンク

9月より12月初旬まで、全国各地を舞台に計22本行ったソロアコースティックツアー「2nd recital live tour 2018"breath of mine"」。その成果を糧に、12月に大阪と東京を舞台にバンドを従えて行ったワンマンツアー「瀧川ありさ 2nd recital live tour 2018 "breath of mine”-BAND FINAL-」。

12月24日(月・祝)のクリスマスイブに代官山LOOPでファイナルを迎えた。

場内を埋め尽くしたファンたちの放つ熱気がゆっくりと沸き立つ場内。

優しいピアノの音色に導かれ響きだした、伸びのある歌声。ライブは、アニメ「終物語」のEDテーマの『さよならのゆくえ』から幕を開けた。瀧川ありさの呼びかけへ応えるように熱い手拍子を舞台上へ返す満員の観客たち。

誰もが沸き上がる想いを舞台の上へぶつけていた。

MCでは、「クリスマスは楽しい思い出がなくて、、、わたしの人生の中、一番心に残るクリスマスイブになると思います」と語りファンと過ごせるクリスマスイブに幸せを感じていた。

ライブ後半では、デビュー曲であり、アニメ「七つの大罪」のED曲に起用された『Season』アニメ「七つの大罪 聖戦の予兆」のEDテーマ『色褪せない瞳』など立て続けに披露され、勢い良く駆ける演奏・熱唱する瀧川の歌声にフロアー中から右手が突き上げられ、熱い手拍子も飛び出し、大きな盛り上がりをみせていた。

全17曲披露されたこの日、一番の盛り上がりをみせたのが、アンコール1曲目だった。

1月11日(金)よりMBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム枠”にて放送開始のアニメ「ドメスティックな彼女」EDテーマに決定している新曲『わがまま』が初披露されたのだ。瀧川ありさ曰く「いろんな人の視点や感情が交錯する」『わがまま』は、ジワジワと溜め込んだ感情を、サビで真っ直ぐに解き放つナンバー。

初披露とあって、会場一番の盛り上がりをみせつつも、ファンたちもしっかりと曲を聴き取ろうとしていた。

この新曲「わがまま」は、3月6日(水)にシングルとして発売が決定したことも伝えられ、大きな歓声があがっていた。

2019年、この歌がアニメ作品とどのようにシンクロしていくのか楽しみだ。

瀧川ありさ 瀧川ありさ

スポンサーリンク

―セットリスト―

『さよならのゆくえ』
『ONE FOR YOU』
『FRIENDS』
『日々モノクローム』
『anything』
『snow train』
『レイニーブルー』(徳永英明カバー曲)
『ハナウタ』
『花束』
『Season』
『色褪せない瞳』
『Journey』
『Gentle rain』
『銀河鉄道の降り方』
『night light』
-ENCORE-
『わがまま』(新曲)
-W ENCORE-
『Goodbye,I love you』

タイトルとURLをコピーしました