キスマイ ラジオ・チャリティ・ミュージックソンでメンバー全員が取材レポート! 萩本欽一、ゆずら番組ゆかりのゲストも参加

目の不自由な方たちが安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置するためのチャリティキャンペーンのスペシャルプログラム24時間生放送 「ニッポン放送ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」が今年も12月24日(月)の正午からスタートした。

今年で44回目を迎える同番組のパーソナリティは、Kis-My-Ft2のメンバー全員が担当。

番組では、『君と僕のありがとう物語~キスマイグッドセブン~』と題してKis-My-Ft2メンバーのそれぞれが目の不自由な方々をとりまく現状へ理解を深めるために行ってきた事前取材を24時間生放送の中でレポートしていく。

番組冒頭ではKis-My-Ft2メンバーが「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」の趣旨を説明、全員で募金の案内電話を受け、募金の方法などリスナーに直接ご案内する場面もあった。

【「君と僕のありがとう物語~キスマイグッドセブン」と題して、メンバー全員が取材レポートを実施!】

「ニッポン放送第44回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」のテーマは『ありがとうは魔法のコトバ』

今回のメイン企画は、Kis-My-Ft2メンバー全員が事前に取材した内容をそれぞれレポートしていく「君と僕のありがとう物語~キスマイグッドセブン」だ。

24日(月)の番組冒頭では、千賀健永が筑波大学附属視覚特別支援学校の音楽の授業に飛び入りし児童たちと交流した模様をレポートした。そして千賀が彼らと交わしたクリスマスの約束は「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」生放送の中で彼らの歌のピアノ伴奏を行う事。この模様は25日(火)のエンディング前に披露される予定となっている。

14時台には、横尾渉が、視覚障がいとバリアフリー、ユニバーサル・デザイン研究の第一人者である慶応大学の中野泰志教授を取材。自身の「視覚障がい体験」もレポートした。16時台には藤ヶ谷大輔が筑波大学視覚特別支援学校の児童とじっくり膝を突き合わせて訊いた学校生活の現状をリスナーに伝えた。また、宮田俊哉は高田馬場にある日本最大の点字図書館を取材、視覚障がい者にとっても読書の楽しみ方を学び、レポートした。

【萩本欽一、ゆずら番組ゆかりのゲストが募金を呼びかけ】

14時台に登場したのは1975年にスタートした「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」の第1回から第11回までのパーソナリティをと担当した萩本欽一。ひとりでも多くのリスナーと話がしたいと、長時間にわたり募金案内の電話を受けた。

15時台には1999年と2011年にパーソナリティを担当した ゆず が募金箱を持って登場。スタジオで『いつか』の生歌を披露した。

そのほか、募金拠点である「さいたま新都心コクーンシティ 愛の泉」から、井上苑子の生ライブも中継された。

Kis-My-Ft2メンバー7人は、目の不自由な方のために音の出る信号機を設置するチャリティを呼びかけるために、スペシャルプログラム24時間生放送「ニッポン放送第44回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を25日(火)正午まで駆け抜ける。

募金の方法など詳細は番組ホームで http://www.1242.com/musicthon2018/

タイトルとURLをコピーしました