活弁シネマ倶楽部『真っ赤な星』カンヌで注目を浴びた若手監督・井樫彩の内面を探る!

スポンサーリンク

左から月永理絵、井樫彩監督
12月11日(火)21時から、“映画を語る”WEB番組「活弁シネマ倶楽部」第3回放送が行われた。本番組は、“映画を語る”楽しさを提供し、映画ファン必見の“コア情報”満載の番組でありながら、映画業界を新たな側面から盛り上げていこうという番組である。第3回となる今回の紹介作品は、注目株の若手監督、井樫彩(いがし・あや)監督(22)の初長編作品『真っ赤な星』。

本作は小松未来、桜井ユキが出演し、14 歳の少女と 27 歳女性のラブストーリーを描いている。英レインダンス映画祭BEST INTERNATIONAL FEATURE部門の最優秀作品にノミネートされた。MCには、映画ライターの月永理絵氏を迎えて、井樫監督の意外な内面に迫っている。

井樫監督の前作にあたる中編作品『溶ける』は、カンヌ国際映画祭がシネフォンダシオンに選ばれ、日本の若手監督の作品がカンヌ国際映画祭に選ばれたことは、多くの映画関係者から注目を集めていた。そして、今回番組内で紹介されている『真っ赤な星』は、小さい頃から漫画や小説を作成していても、長編を作ることが出来ない性格だったという井樫監督にとって、自身初となる長編作品。

岩井俊二監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』をきっかけに書かれた脚本は、監督自身が子供の頃に体験した看護師とのエピソードと、大人になって感じた“他者との繋がれなさ”という感覚を合わせた物語になっている。完成した映画は、主演の小松未来、桜井ユキの好演によって、観るものの感情を揺さぶる作品となっている。

作品内で、感情を爆発させるシーンがあり、実際の撮影現場では、カットがかかった直後に役者が倒れ込むこともあったことについて、月永氏から“監督として迷って(台本を)変えたりとかは考えたのか”と聞かれ、桜井ユキに対して「あなたの全部を私(この映画)にください」と自分の想いを伝えていたことを話し、倒れ込むほどすべてを差し出してくれた役者への愛情を吐露、そこまで追い込んだのは映画のため、そして女優への愛ゆえだったと話した。

また、最近好きな映画を聞かれた際に、シアーシャ・ローナン主演の「レディ・バード」を挙げ、MCの月永氏に“女の子が主人公の映画が好き”かを聞かれると、「それ、この期に及んで今気づいたかも(笑)」と井樫監督自身も意識していなかった部分が引き出された瞬間をみることが出来た。

作品の内容について話が及ぶと、映画の中のキャラクターが非常に追い込まれ苦しんでおり、あまりにも救いがない、という感想が多いのではないか?と聞かれると、実際そういう意見は多いとしつつも、「この映画は色んな解釈が自由にできる、余白の部分が多い。受け取り方も多様」と答えた。

映画のラストにも言及し、映画が一元的なものではなく、受け取り手によって、異なる感情を生むことを「面白いですね」と語った。

井樫彩監督

撮影現場での様子についても意外な一面がさらけ出されており、井樫監督は撮影時には普段とは異なり、怒鳴ることもあったと語った。現場ではお互い本気だから、ぶつかり合うのは仕方がないものだと自身の考えを示した。才能ある若手監督の“本音トーク”が聞けるのは、WEB番組の面白みでもある。

MCの月永氏から、”22歳”“最年少”“女性監督”といった冠で評価をされてしまうことに対するプレッシャーはあるのかと問われた井樫監督は、「プレッシャーはないけど、すごく嫌」と素直に答えた。映画監督はあくまで裏方の仕事であり、映画の裏側は関係なく作品を見てほしいと語る井樫監督には、1人の映画監督としての姿を垣間見ることができた。

井樫監督が出演した「活弁シネマ倶楽部」は、様々な切り口で、様々な人が“映画を語る”ことで、映画の新たな楽しさを発信するトーク番組。番組タイトルにもなっている「活動弁士」は、映画の上映中、映画を自由闊達に語り、表現し、解説をすることを生業とする人たちである。本番組では、活動弁士の精神をそのまま受け継ぎ、映画に関わる様々な人をゲストに迎え、制作陣の想いや映画の知られざる一面など、様々な角度から映画を掘り下げていく。

現在は、WEB配信での特別番組という扱いだが、今後も定期的に配信されるという。WEB番組であるため、今後は生配信の可能性もあるとのことだ。映画好きにとっては、必見の番組になる予感。

スポンサーリンク

■活弁シネマ倶楽部■

YouTube: https://youtu.be/zp1lh3889v8
FRESH LIVE:https://freshlive.tv/katsuben_cinema/254300
「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:https://twitter.com/katsuben_cinema

スポンサーリンク

■『真っ赤な星』■
2018年12月1日(土)より、テアトル新宿ほか全国公開
出演者:小松未来 桜井ユキ
毎熊克哉 大原由暉 小林竜樹 西山真来 菊沢将憲 湯舟すぴか 大重わたる(夜ふかしの会) PANTA 中田クルミ(声の出演)
脚本・監督: 井樫彩
撮影:萩原脩
照明:仁藤咲
録音・整音:柳田耕佑
衣装:藤山晃子
ヘアメイク:藤原玲子

公式HP:http://makkanahoshi.com/

あらすじ
片田舎の病院に怪我をして入院した 14 歳の陽(小松未来)。彼女はいつも優しく接してくれていた看護師の弥生(桜井ユキ)に対 し、特別な感情を抱き始めていた。だが退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。1年後、陽は買い物の帰り道で偶然弥生と再会する。そこにいたのは、過去の優しい面影はなく、男たちに身体を売ることで生計 を立てている弥生だった。再会後、学校にも家にも居場所がない陽は、吸い寄せられるように弥生に近づく。一方、弥生には誰に も言えない悲しい過去があった。満たされない現実を冷めた目で見つめ、互いに孤独を抱えるふたりは、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を始めていく——。

タイトルとURLをコピーしました